たまには医療ブログ  「ショック」 平成24年5月31日 その1

たまには医療ブログ  「ショック」 平成24年5月


たまにはブログ本来の目的である「宣伝」に使ってみる。

日本中が宇都宮記念競輪初日で盛り上がっていた先週の土曜日。26日。
私は、いつもどおりに熱血熱中、勤務中。
そして、もう受付締切時間という昼の12時半頃、一人のお客さんが来た。

「昨日の朝から、なんだか調子悪い。立っていられない。冷や汗が出る。我慢できなくなったので、今日来た。」
という50代男性。

第一印象では、「ふざけるな。」
昨日から調子悪い人が、今頃ノコノコと。うちはギリギリ営業中だけど、世間一般の病院は、土曜日は休診。なんで昨日来なかったの?
と、どなって帰そうとも思ったが…

宇都宮競輪は、先日のブログのとおり、あまりそそられないし、、、
後閑が出るのも最終レースだから、まぁ、時間はあるし、、、
ゲーセンも今の時間帯は混雑してるから、、、

ちょっとマジメに仕事しよう、と。
そもそも、この人はよく来てくれるお客さんで、今までに一度も時間外に来たことはない(一回でも時間外に来れば、私が執念深く記憶している。)。


で、診察室に座ってもらったが、、、

「フラフラして座ってられない」

精神疾患ではよくあることだが、
この人は今までそんな印象は少しもない。で、さっさと横になってもらって、アレコレあれこれ。約5分。

血圧 80/-mmHg
血糖 160、心電図 V2でST上昇凹、SaO2 99%、HR 72/min
眼瞼結膜 貧血あり
既往歴 十二指腸潰瘍(内服中)、コレステロール(内服中)
飲酒 毎日

【問題】疑わしい疾患を二つ答えなさい。
…国家試験で出そうな問題だ。


ということで、救急車を呼んで、一緒に総合病院へ直行。
救急車は、その途中、僕の自宅の近くを通る。うちの子供がいたら手を振ろうかな、なんて思いながら窓を眺めてると、5分程度で病院へ到着。

今日の当直(土曜日は休診なので昼も「当直」)は、心臓内科と消化器外科の先生。
運がいい。限りなく運がいい。

【解答】
◎ 出血性潰瘍
○ 心筋梗塞
△ その両方



仮に、今日、病院を受診せずに家で寝ていたら、間違いなく命はない。
受診したとしても、点滴して帰宅していたら、、やばいことには間違いない。
ギリギリ受付時間に間に合ったのは、運がいい。

当直の先生がそれぞれの専門であることも運がいい。プライドにかけて治療してくれる。
だいたい、当直の時に「専門以外」のお客さんが来ると限りなくテンションが下がる。「専門」が来れば、その逆。いつも以上に一生懸命が期待できる。



ということで、この日の勤務終了は午後3時。
さすがに、この時間だとグリーンドームを遠く感じる。


【ショック】(医)
血圧が下がって生命に危険がある状態。
「いつもの血圧」との差で判断。いつも血圧が80台の人が、70台に下がっても全然問題ない。
ファンデルサール3枚だよ、とかいうショックとは、もちろん違う。
カガワで1枚パックだよ、というのは、どこか似ている。
脇本の番手でハコサン!?は、まさに大ショック。
[PR]

by akogarehotel | 2012-05-31 18:15 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 西武園記念競輪  平成24年6... 山本真矢引退レース 平成24年... >>