WCCF:久しぶりにワールドトロフィー 平成24年8月23日(木)

久しぶりにワールドトロフィー 平成24年8月23日(木)


一宮オフのために再稼動したビアトリが、そこそこ調子がよく、
秋葉原でたまたまチャントロを獲ったのでワールドトロフィーを遊んでみた。

ビアトリ中心の全白アルゼンチンBCG
年俸16億、不滅の才能
4-3-3
f0131183_1655690.jpg


この配置だとビアトリのウイングはさすがに無理があるので、基本的に右と中央突破しかなくなる。左サイドを使いたいときには、ペロッティをもう少し上(できればFW位置)まで上げて、マキシロドリゲスを下げる。

ただ、クリカカ片攻は左(エインセペロッティ)側からの攻撃が多いので、、ま、だいたいマキシにお任せ!のこの4-3-3に落ち着く。

でも、ペロッティって、意外とスッゴイんです。ロナウジーニョのような右片攻の相手のときには威力抜群。

………

で、何ヶ月ぶりだろう?というWTだったのだが(3ヶ月はプレイしていないはず。)。。。


最初の相手が、
クリカカトーレスネスタプジョルカシージャスヲタ…

ネットのとおり、WTはほぼクリカカ確定なんだね。思わず笑ってしまった。
試合は、0-0で後半が終わるころ、Gロドリゲスがファウル。
たかがファウル。でもクリカカ。。

ハーフウェイラインがすぐそこに見えている位置からのFKが、GK正面なのに、、、キーパー取れない。無回転?

0-1で敗北。
クリカカが流行する理由は、片攻以外にこのFKもあるんだろうね。


その後、数戦、

0-1 ●WT 上記クリカカ
1-0 ○WT メッシロナウジーニョカリッソの片攻
1-1 ▲WT チャールトンと誰かの激移動片攻+列車
2-1 ○WT インテル5R
2-0 ○RL(店内対人) ロナウジーニョメッシ、リアルフォメ
1-0 ○WT パロンボ?とかよく知らないLEばかりのリアルフォメ。ごめん。

唯一のPK戦は、敵カリッソが3連続セーブ。
なんじゃ、こりゃ?
カリッソが高騰するはずだよ、これじゃ。

なんて結果だけど、意外と守ってる。
クリカカのサイド突破や、(マンフレさんのを含めて)キラFWの中央突破をなぜか止められるようになった。
理由は、六角形の大きさか、KPバイタルエリアブロックか、サムエルとGロドリゲスの個人技か、

あるいは、単なる、日頃の行いか…

最後のが正解だったりして。


攻撃はいつもどおり、ビアトリへパスが通れば得点。
ほぼすべての得点がビアトリ。イグアインとマキシが1点ずつくらい。

で、悩みが1つ。

対人戦では
「スーパーサブはスーパーサブとして使わないとお話にならない」

当たり前のようなことだが、、、本当に当たり前?
うちのチームでいえば、0708イグアイン白。
スタメンで使ったら普通の優良白。
でもスーパーサブで使えば、両足ドリブルを駆使して、対人戦で2人抜きなんて当たり前。劇的優良白。
でも、これおかしい。

監督はオレ。で、イグアインはスタメンて決めてるのに、あたかも、セガさんが、「イグアインはサブで使うように取り決めされています」
と言われている感じ?
お前は監督に口出しするオーナー?

うちには、すでにビジャルバという素晴らしい優良FWスーパーサブがいるのに、、、。
かなり納得がいかないけど、「セガの指示通りに」WTではイグアインをサブで使うことにした。かわりに、ベルスキ(CK、FKのスペシャリスト)がスタメン。
でも、納得いかない…
CKになった瞬間に、サブのベルスキを入れてKP発動、という得点パターンが使えなくなった。

納得いかない。


(ただ、個人的には、全白には補正的に「スーパーサブ」の恩恵が大きいように感じる。他人のスーパーサブよりも、常に全白である自分のスーパーサブのほうがいつも恐ろしい動きをするから。まぁ、しばらくはお上の指示に従っておこう。)



☆次バージョンで連携が「ほぼ無視」になると、、、
スーパーサブの選手を選び放題で、全白補正でパスが通りやすくなれば、意外と楽しいのかもしれない。
アルゼンチンとブラジルが排出されない、というのは致命的だけど。

ちなみに、ファンペルシーがキラになるかどうかは、もうどうでもいいや。
シュチェスニー、アルテタ、ジェルビーニョという楽しみなカードもあるんだけど、、、、現アーセナルの状況を見ると、なんとも、、、、。
ベンゲルの顔のしわが、一層増えている気がする。

パクチュヨンがカード化されたら戦争になる?
[PR]

by akogarehotel | 2012-08-24 16:11 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 引き続きワールドトロフィー、W... 「スイミングクラブ」と「水泳部... >>