前橋オールスター競輪 平成24年9月13日(木)

前橋オールスター競輪 平成24年9月13日(木)


本当は、平日なので普通に仕事のはずだったのだが、、
午後二時に約束していた仕事相手が、先方の都合で午前中にやってきた。非常に申し訳なさそうに、約束の時間が早まったことを詫びていたが、、、

仕方ないなぁ、もう、。


ということで、想定外の自由時間。
じゃぁ、当然、「カレーを食べに行く」。



オールスター競輪(前橋) G1
9月13日から17日

前橋市の今年最大の税収イベント。
この売り上げ次第で、利根川に橋がもう1本ふえるかどうか。

f0131183_18214355.jpg

さすがにG1なので場内は混んでいる。でも、昔はもっと混んでいた。
平日なのに、こいつら何してんの、というオレも同類。


初日6R予選
f0131183_1822467.jpg

⑨①④ ③⑦ ⑤② ⑧ ⑥

完全に「地元接待」のレース番組。
「地元」後閑を勝たせたい。後閑が喜ぶけど、それ以上にお客が喜ぶ。
お客が喜べば売り上げが上がる。
ドームにいる客は、当然のようにほとんどが後閑の車券を買う。
その車券が当たれば、次のレースに勝ち分を含めて突っ込む。
これが、場外だとそうはいかない。目的のレースだけ当たればそれで終わり。
番組屋さんは、常に、競輪場に来ている人が買う車券が当たるような番組を作る。これ常識。
(ま、その常識にあえて逆行しちゃうから、、、、)

ついでに、④番車の人選も絶妙。
ラインの3番手に群馬県民を並べて、これで完全に地元ライン。
ところが、金子以外の群馬県民を並べようとすると、、、

血をみることになるんだよね、、、

「後閑さんは東京でしょ?ここは地元じゃないでしょ?」なんていいながら、後閑をどかそうとする群馬県民が多数いるから。○藤とか○村兄弟とか。
その点、金子なら安心。唯一の緩衝材だ。


もちろん、表面上、後閑は東京所属(京王閣とかいう田舎町)だが、そんなこと誰も認めない。群馬県民全員が口をそろえて「後閑は群馬県民」と。だって、あの顔で「都民」はないでしょ。
でも、後閑が群馬から東京へ転居した理由は、そういえば、、、
「子供の教育問題のため」
てことは、ユリアの所属支部のため?
群馬には所属させたくなかったのか。やはり、転居の理由は、、、そういうこと?


結果は、、、
⑨池田「後閑さんの顔と地元の声援が怖かったので逃げました」
という展開で、余裕の①④。ドームにいるほぼ全員が当たり車券を手にしている。

でも、⑤阿竹の下手な突っ込みで⑨池田は落車棄権。すまない。


そんな大事な「地元接待」レースは、地元のサラリーマンが昼休みに車券を買いやすいようにと、午後1時15分に発走する。

しかし。私の仕事時間は…
ドームに着いた時には、車券が売り切れてました。。。




8R(予選)
f0131183_18223029.jpg

直前の青森記念で絶好調をアピールしたシャア新田(自称)。
このメンバーなら負けない。

3連単:②→⑨→全
なんて車券を買ってみた。3連単を買うことはあまりないんだけど。

結果は、バック5番手から、「3倍速い」捲り炸裂。
しかし、その捲りに⑨ハルトモが付いていけず、、、、

勝った新田よりも、ハルトモに対して「熱い声援」が飛んでいたことは、いうまでもない。
いや、もちろんオレも「声をかけて」おきました。もちろん。○ねっ!



9R(予選)
f0131183_18225123.jpg

市田登場。1番車。
考えるまでもなく、市田の裏表全通り、500円ずつ(計8000円)。
市田が前橋に来たら、必ず買う原則、鉄則、法則。

だけど、買ってから、よくよく眺めたら、、、一番人気だね、これ。

結果は、、
市田が番手でオシゴトしまくり。赤旗審議になるくらいにお掃除して、川村の逃げ切り。市田は危なく2着。
そこまでがんばらなくていいのに、、人が良すぎるよ。

配当は650円。。。。
応援車券で儲かった記憶って、、、、あるの?

 去年の市田の大万車券があるじゃないか!



最終11R(ドリーム)
仕方ないよ、先日、脇本に写真を撮らせてもらったのだから、「応援車券」にならざるをえない。
f0131183_18232657.jpg

中野浩一が、脇本が逃げて義弘が勝つ、と断言しているにも関わらず、
脇本から裏表全通り300円。
(市田よりは応援レベルが低い。)

結果は、世界の中野様の言うとおり。
いや、俺もそう思ったんだけどさあ、、、、



初日の時点で、すでに超高額なカレーになってしまった。。。。
[PR]

by akogarehotel | 2012-09-14 18:23 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 秋葉でWCCF日記 平成24年... WCCFキャンペーン日記継続中... >>