前橋競輪日記 e-shinbunカップ その2 平成24年11月7日(水)

前橋競輪日記 e-shinbunカップ その2 平成24年11月7日(水)


こんな記事を発見。↓
f0131183_18192623.jpg


私がかねがね「群馬で一番うまいカレー(日本では2番目)」と訴えていたことに、共感してくれた人がいたみたい。
うれしい。

とすると、今日もカレーを食べに行こう。
ということで、前橋競輪。


さすがに仕事なので、A級のレースには間に合いません。
というか、折角の冠レースを平日にするのはもったいない。週末にやればもっとお客が入るのに。ま、記念などの日程とぶつかるからだろうけど…

でも、平日のおかげでオレは来れる。週末なら来れない。ま、いっか。


………

通常、「準決勝」ってものは波風が立たないはずだが、、、
今日は、3つとも波が立った。めずらしい。


9R 市田の準決勝

市田は「調子が悪い」というコメントとは裏腹に、連日先行してバックを取っている。偉いとしかいいようがない。
そして今日も残り1周半から先行。

        ←④森田⑦⑨
     ①渡辺
 ←⑤市田   ③北野    ←②小林⑧小林⑥
-----------------------

まずはホームで④森田(北海道)を①渡辺が余裕でブロック。

そして最終バックでは、次の敵②小林大介(群馬)をもう一度、①渡辺がブロック。
ところが、、、


        ←②小林⑧小林⑥
     ①渡辺


 ←⑤市田   ③北野たけし    
-----------------------

ブロックしすぎて、フェンスぎりぎり。①渡辺②小林ともに大きく失速。



結果は、ド恵まれた③北野が1着、⑤市田が2着、ふくらみを避けた⑥が3着。
③→⑤で8000円
③→⑤→⑥は48万円?!

場内は騒然。
そりゃそうだ。

①渡辺のせいで、地元②小林が消えた。地元民は怒る。
さらに、
①渡辺のせいで、大本命の5-1、1-5が消えた。車券を買った人間が怒る。

まさに、場内一丸となって渡辺(福井79期)に怒声。罵声。
稀に見る(聞く)大歓声だ。

隣にいたオッチャンが「これじゃ競輪にならないよ」と言っていた。
一瞬、同意しかけたが、、、

番手の選手が捲りに来た選手をブロックするからこそ競輪。
その結果、共倒れってのはあまり想定しずらいけど、、

うちの父親が、こんな車券をよく買ってました。
「番手の選手がブロックした隙に、3番手が突っ込むんだよ」
といって、3番手-先行 の組み合わせを。
そんな車券が当たったところなんて見たことなかったけど、、今日まで。

これこそ競輪?
「悲しいけど、これ『競輪』なのよね」


①渡辺は当然失格になった。
お客に対する、せめてもの意思表示として、これを失格にしなければ、暴動が起きる。審判の意見なんか関係ない。


③北野たけし(石川)のコメント
「もしも前が小嶋さんなら、おれも同じことをしているかも」
はげしく同意。


ま、俺的には、市田全通り車券が当たったのでOK。グヘヘ。





10R 中川の準決勝

俺が買うと来ない中川。買わないと来る中川。
今日は買った。中川-岩見の1点にン千円。
そしたら、見事に…

中川はバケモノのような強さで圧勝。
しかし、岩見がちぎれた………

中川の強さは大好きなのに、車券で一度も喜んだ覚えがない。相性最悪。



11R 地元民の準決勝

地元木暮のための準決勝。
と思ったら、三ツ石が逃げて金田(大阪)が恵まれて万車券。

よかった。市田のラインが長くなった。


渡辺がいないのは残念だけど、さて明日は決勝戦。
[PR]

by akogarehotel | 2012-11-08 18:19 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 前橋競輪日記 その3 平成24... 前橋競輪 e-sihnbunカ... >>