まとめて日記 その2 子供とプールな日常 平成24年12月9日から16日

まとめて日記 その2 子供とプールな日常 平成24年12月9日から16日



子供の日記、ようするに親バカ日記。

長男の強い希望で、ついにドラム教室に通うようになった。
個人的には、ピアノ教室なんて時間のムダ。自分が本当に好きなモノに通うべき、という考えのもと。
妻的には、ピアノ第一主義。ピアノに通うなら、ドラムも許す。
ということで、ピアノとドラムの両方。

そんなに濃い音楽遺伝子を持ってるとは思わないんだけど、、、、


【ドラム教室の先生が教えてくれたドラムの基本】
一番左にあるシンバルは右手で叩く。
それ以外のものは左手で叩く。
当然、両手が交差するが、右手が上、左手が下で交差する。
(ふーん、オレはドラムマニアでは、右手が下だけど。)

ペダルはつま先で踏む。
(ふーーん、そうか、今までかかとで踏んでたよ。)

と、私自身のためになっている。



………

長男がスイミングスクール(テルサ)で泳いでいる時間に、付き添いの親が隣のプールで泳いでもよい。これは素晴らしいサービス。
ということで、毎週、親子で水泳教室。

子供の隣のコースで、肩身を狭くしながら1500m泳いだら、、、

後日、お客さんから、『先生を見かけましたよ』と。

よかった、なるべく水しぶきを立てないように、静かに泳いでおいて。
本気で泳ぐと、隣のコースまで波が押し寄せていくから。



………


軽井沢プリンススキー場
(とりあえす、シーズン1日め。)

16日の日曜日。
伊香保温泉で普通に目を覚まし、
朝食を食べて、家に帰って、
家族を連れて軽井沢へ。
急ぐこともなく、普通に運転して、10時半にスキー場に到着。
便利だ。
f0131183_18263046.jpg


絶好のスキー日和。
去年から、長男がスキーに覚醒して、一人でも勝手に滑ってくれる。
見てて恥ずかしいくらいのボーゲンだけど、最初は「楽しみ」を感じてくれればそれでいい。
一方、長女はさすがに幼稚園児。手取り足取り。
「HOOKEASY」という器具をスキーの後部につけて、後から大人がストックで操作する。
どんな急斜面でも、大人の操作が完璧なら、子供は滑り降りてこられる素晴らしい道具。
本当に、まずは「楽しみ」を感じてくれ。


軽井沢プリンスはもちろん人工雪。
近くの軽井沢スノーパークが「ノロウイルスのため閉鎖」(??)とのことで、ちょっと混雑してた。
スキー場が混むなんて、めずらしいね。
[PR]

by akogarehotel | 2012-12-17 18:26 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< まとめて日記 その3 WCCF... まとめて日記 その1 アカデミ... >>