つづけてWCCF日記 「おっちゃん」のこと 平成25年2月6日(水)

つづけてWCCF日記 「おっちゃん」のこと 平成25年2月6日(水)


ゲーセンで自分よりも年上の人間を見かけることは非常にめずらしい。
が、うちのWCCFでは、その貴重な年上の先輩がいる。

50歳は間違いなく越えている「おっちゃん」。
年上は年上どうし、私と仲良く話をしてくれるのだが、、


0405頃から始めたらしい。
昔のことをよく知っている。
しかし、新しいことを覚えるのはかなり苦手のようだ。
(うちの仕事上のお客さんには、同じような人が多数いらっしゃる。)

「この選手使えるよね」
と言って、0607頃のカードをいくつか見せてくれるが、、、

毎回同じカードだったりする。
…その話はもう聞きましたよ、
とも言えずに、毎回、ちゃんとうなずいてあげる。俺って、職業病?

そのおっちゃんが、年末に、こんなことを言っていた。

「健診でひっかかったので、胸の精密検査をしないといけない。」

肺がんの疑いがあるらしい。

で、その後、しばらく姿を見かけなかったのだが、、、



先日の火曜日。
朝9時55分。
ゲーセンの開店時間の5分前。

まだ鍵がかかっている自動ドアの前で、寒そうに震えているおっちゃんを発見(^^)

気合、入りすぎ。(おれもね。)

検査のことを聞いてみると、、

「精密検査は異常なし。
 医者ってのはさぁ、何でもかんでも検査をしたがるんだよね。
 ま、それが仕事だから仕方ないけどさ。」

と言うおっちゃんは、私の仕事を知らない。
ある日、私に尋ねてきた。

「ところで、あんたは、平日の昼間っからいつもいるけど、仕事は何してるの?」

もちろん、スルーパス発動。
あまり、仕事のことを他人に話すのはよくない。よくない。


さらに、そのおっちゃんが、、、

先日、私がプレゼントしたキラシウバ、キラピケ、白トーレス(おっちゃんは、おっちゃんのくせしてスペイン系)のお礼として、缶コーヒーとカードを1枚くれた。

それが、、

(^^;

0607スケロット

「このカード、すっごく使えるから、あげるよ。もってないでしょ?」

いや、スケロットなんて、私はもちろん何度も使ってて、
で、おっちゃんは私のサテを横からながめて、

「スケロットって、いいよね」

と、2人で何度もうなずきあってたのに…


だいたい、50を越すと、近時記憶が衰えてくるものです。

ちなみに、

0607 スケロット
ボカ アルゼンチン

間違いなく、「超」のつく優良白カード。
白FWとして十分な能力があるだけでなく、

ほぼ全てのカードと連携線が付く。
キャプテンシーあり。
スーパーサブあり。
KPラインブレイクはまだまだ効果的。

今、流行の「2.0ロケテ」で非パワー系のFWは弱体化しているらしいけど、、、
そんなものすぐにシステム変更されちゃうでしょ?一時的なもんだよ。


ということで、
スケロットは5枚ほど所有しています。
誰にもあげません。

……

ちなみに、リアルの話。

スケロットは、選手としてボカからアメリカへ移籍した。
その後、昨年からアルゼンチンのラシンというチームの監督に就任。
一時はアルゼンチンリーグの首位に立ったが、。

いつか、ボカの監督になるとも噂があるが、、、どうだろ?

ライバルが多すぎる。
[PR]

by akogarehotel | 2013-02-07 20:32 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< WCCF日記 ゲストプレイを活... 久しぶりにWCCF日記 ゲスト... >>