クレヨンしんちゃん ばかうまB級グルメサバイバル 平成25年5月3日(金)

この映画を見ろ 平成25年5月3日(金)


「映画クレヨンしんちゃん ばかうまB級グルメサバイバル」


今年これまでに見た映画は、

 プリキュア
 ドラえもん
 はなかっぱ

そして、今回のクレヨンしんちゃん。

さらに今後の予定は、
 ポケモン
 プリキュア(なんと年内に2作め公開)

完全な親子モード。


………
 

今回の連休はめずらしく自宅待機。

で、映画クレヨン。(リンク


一言で「素晴らしい」


子供のアニメだと思ってバカにしてはいけない。
というかそもそも「子供のアニメ」をバカにしてはいけない。

画面上のキャラクターが「子供用」なだけであって、映画が訴えていることは、ある意味「大人用」。
だから、ポケモンもプリキュアも、もちろん「おもしろかった」。


ストーリー:
春日部で開催されている「B級グルメカーニバル」が「A級グルメ軍団」に乗っ取られた。彼らは、「不衛生、マナー悪い、手抜き、単純な味付、そんなB級グルメなど存在してはいけない」と、ある意味正しいことを訴えている。が、もちろん、悪役。
A級グルメ軍団に、「健さんの焼きそば」を食べさせれば、彼らの気持ちも変わるかも、、。
ということで、焼きそばの材料となる「秘伝のソース」を運ぶミッションを引き受けたのが、春日部防衛隊。。。
さて、どうなる。


で、この「健さん」というのが、
吉田兼好→→上杉謙信→→松平健
と続いて、現在の健さんがその50代目なんだそうだ。当人が聞くと怒りそうな、大人にしか分からないネタだ。


子供たちの冒険なんて、そんなのを題材にした映画が昔あったね。アローンアゲインだっけ?
そのコピーともいえなくもなくもなくも。。。


笑いあり、感動あり、涙あり、また笑いあり、またまた笑いあり、、、
あっという間の1時間半。
幼稚園児でもゴネることなく、映画に熱中していた。



………


クレヨンしんちゃんの素晴らしさは音楽にもある。

映画の主題歌は、「世界の終わり」(本来はローマ字表記)の「RPG」(アールピージーと発音)。
このグループについては、あの小林克也が大絶賛。
眠り姫」も、心に訴えかける歌だが、、

雰囲気が「会いたい」に似ている。。


………


ドキューン、グワーン、ドッカーンなんていう、どこかの国のハリウッド映画に比べたら、
やはり「日本のアニメ」は世界に自慢できるものだと痛感した。

CG全盛期となり、アクション映画はもはや衰退するだけ。いまだに実写で奮闘するジャッキーチェンだけは偉い。

(断っておくけど、私自身はアニヲタなんかでは決してない。今まで見たことのあるのは、せいぜい、カリオストロとラピュタと、千と千尋と、初代ガンダムくらいだ。)



マジメに大人の話をすると、、

「のぼうの城」が見てみたかった。
成田流言を主人公にするなんて、信長的にはありえない話だから、非常に興味があった。
主流(信長秀吉明智)以外が取り上げられるってのも、いいことだしね。
DVDになるまで我慢。
[PR]

by akogarehotel | 2013-05-04 15:15 | この本を読め | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< いつもの日記、その前に 平成2... WCCFと松戸競輪と、そして冨... >>