WCCFバージョンアップ 平成25年5月16日(木)

WCCFバージョンアップ 平成25年5月16日(木)



初日。
ロケテの評判は最悪だったが、どうなのだろう?
さすがに自分で体験してみないとわからない。
昼休みに500円だけ。4クレ。


第一印象。
①チャベスが弱体化。
②パラシオが強くなった。
 →パラで共通なのではなく、選手個人で変化されてる。

③シュートの成功率が低下
 これまでなら当然成功していたはずのエリア内からの絶妙シュートが、ことごとく外れる。成功するのは3本に1本くらい。
ビアトリでさえも、はずしまくる。なにこれ。

このゲームの数少ない「操作できる部分」を劣化させたら、本当に単なる「カードゲー」になる。
カードショップに金を出して、カードを並べて腕組みしてるだけのゲームになる。
シュート成功率をはずしたり、GKの挙動を不審にさせるセガの意図不明。

ちなみに、
今日、WTで対戦した敵は、クリカカベタベタチーム。
そのクリロナがエリア内でフリーのシュートをはずした。
敵は100試合消化した全冠チーム。クリロナが成長途中のはずがない。
それで外すのだから、全選手共通の事件なんだろうね、これ。


④試合がわかる?
WTで前半で、1-2になった。
で、後半は一転して、中盤のボールの奪い合いだけ。敵味方ともシュートゼロ。
GKの飛び出しすら必要なく、右手がヒマ。。。
もしかして、2-1になる試合と決まってたの?というくらいに何もする必要がなかった…

そもそも、シュート成功率が低いから、ほとんどの試合が1-0だけど。


「選手個性のグラフィックが追加された」
という評判だけど、あのチョコチョコ歩きがバージョンアップの目玉?
棒立ちはしなくなったけど、DFがわざと敵FWをよける。
強奪が減ったとはいえ、まだまだ存在するし。。。


………

リアルサッカーの話をしよう。

エインセ、ロナウジーニョ、パト、フレッジ、クリス、デニウソン、ガーゴ、ゼロベルト、、
現在、アルゼンチンとブラジルのリーグで活躍する「現役選手」。

最近、見かけないと思ったら、、、
みなさん、まだまだ元気なんですね。特にロナウジーニョも。

だから、テレビが見たい。
ブラジルやアルゼンチンリーグの放送が見たい。
コパアメリカ、リベルタドーレスが見たい。
現時点では火曜日の「FOOT」(スカパー。MC倉敷さん)だけ?
[PR]

by akogarehotel | 2013-05-16 18:28 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 「絆」を感じた日 平成25年5... フットボリスタ主義 木村浩嗣 ... >>