引き続き自転車日記 平成25年6月9日(日)

引き続き自転車日記 平成25年6月9日(日)


長男が「11月の持久走大会で順位を上げたい」というので、数日前から、
毎朝一緒に自転車練習をしている。
ランニングではなく、自転車。アスファルトの上を小学生にランニングさせたら、体を壊すだけで何もいいことはない。でも自転車なら安心。自転車最高。
とはいえ、所詮は小学生低学年なので、せいぜい5km程度の自転車練習。

しかし、今日は日曜日。
今日は遠くまで行ってみよう!と。

朝10時に自宅を出発して、利根川サイクリングロードを北上。
適当に北上して、疲れたところで帰ってこよう、という計画。

この日は快晴。梅雨なのに快晴。
でもって、気温は30度。しかし、自転車で風を受けながら走るから、あまり暑さを感じない。自転車最高。

長男は、少しも疲れる様子をみせず、
私「まだ大丈夫?」

長男「もちろん!」と即答。

私「お父さんのすぐ後を走りなさい。そうすれば、風を受けないから、ラクだから。」

長男「風があるほうが涼しいから、いい。」
f0131183_1833937.jpg


そうですか、そうですか。では番手をいただきます。


途中、グリーンドームが見える。
f0131183_1835783.jpg

照明がついている。本日絶賛開催中。
でも行けない。我慢がまん。自転車…
ちなみに、全行程を通じて最もきつい坂は、このグリーンドームの対岸部分。
まるで、「ドームのバンクの雰囲気を味わえ」とも言わんばかりに。



あっという間に最初のチェックポイントへ到着。
上毛大橋の下の乗馬場。自宅から8km地点。
先日、夕方来たときには分からなかったが、意外と広い。
引退した競走馬がいるが、エサをあげてもいいという。長男は大喜び。休憩しながら馬と遊ぶ。
ウマでかい。↓
f0131183_1841832.jpg


馬に乗りたい、とぐずる長男をせかして、さらに北上。
競馬よりも競輪。自転車最高。
あっという間に、吉岡温泉。自宅から10km。
個人的にはここまでが最長距離。これより北上したことはない。
しかし、長男が「全然疲れない。もっと行こう!」という。


さらに北上する。
左に榛名山。夕方とは違う景色。
f0131183_1843750.jpg


右に赤城山。
f0131183_185255.jpg



自宅から14km。渋川市民プール。
親子とも体力はまだまだ大丈夫。しかし、タイムリミット。昼食までに自宅へ帰らないといけない。母親に怒られる。
「えーーー、まだまだー」という長男をなだめる。

「じゃぁ、ちょっと公園で遊んで行こう」と長男。
プールの隣のバカデカイ芝生広場で、追いかけっこ。。
さんざん自転車に乗ってきたのに、
炎天下なのに、

子供は元気だ。


ところで、ここに到達するまでに、いくつものグランドを通り過ぎた。
いくつもの団体が、サッカーや野球やソフトボールをがんばっているが、

気温30度の炎天下で日陰がない。

↑これくらいは、自己責任の想定内なんだろうけど、、
やらされてる子供達はかわいそうだなぁ、、と。
子供達というか、高校生も社会人もいたけど、、、。
自転車最高。

というか、彼らがかわいそうなのは、日差しではなくて、砂埃。

砂埃=放射性物質
という概念はないのかなぁ?
もう忘れ去られたのかなぁ。でも半減期は32年。

砂埃のグランドで野球とソフトボールをやってるのって、どうなんだろう。
自転車最高。


………

芝生広場で、軽く追いかけっこをしたら、、
Uターンして自宅へ向かう。
帰り道は、川沿いに南下。平均的には下り坂。
吉岡温泉でちょっと休憩してからは、一気に10kmを走りきる。

景色を見ていれば、あっという間についてしまうので、子供でも苦しくないらしい。
自転車最高。

しかし、景色に気を取られ、なんでもない直線で落車してる長男。
おい。どんくさすぎる。。。誘導員にハウスするレベル。
自転車注意。

………

往復28km。休憩時間と追いかけっこを含めて合計3時間。
楽しい「旅行」でした。
もちろん、「次はもっと遠くへ行こう」と。


ま、自分自身には少しも「トレーニング」になってないですけど。
小学生の足に付き合うくらいでは準備運動にもならない天狗。
たった数時間だけど、かゆいくらいに日焼けした。
[PR]

by akogarehotel | 2013-06-10 18:04 | 子育てられ | Comments(4)  

Commented by 小マンフレ at 2013-06-14 12:42 x
お子さんとのトレーニングうらやましいですね。
うちの子は自転車に乗れないんで、早く乗れるようにしてやらないと。
ちなみに競輪場で自転車の乗り方を選手が教えてくれるイベントがあるそうな・・・。
選手にうまく教わって先行できる選手に・・・w
Commented by akogarehotel at 2013-06-15 17:57
マンフレさん 

どうも。ま、選手が教え方がうまいとは限りませんからね。
というよりも、子供についてくる親を目当てとした企画ですよね。
もちろん、僕ならウキウキして参加します。

子供用に、ペダルのない自転車があります。バランス感覚を養うのに最適です。
が、やはり、乗れるようになるには、数回落車しないと。。体で覚えろ、と。

Commented by ザビエ at 2013-06-16 23:58 x
私も学生時代サッカーをやっていましたが、炎天下でも冬でも同じ様に辛かったですねw
もう体を動かしたくけれども、無い気力を振り絞って、体を動かしていたので。
私はこれからは当分WCCFはやらないかもという感じですが、30オーバーになった時の本田とか香川とか長友とかのカードは是非欲しいですねw
あとはその時は主力とか若手とか。
長友のスキルの「維新の鼓動」みたいなスキルは、ある意味子供っぽいですが、かなりツボなのでw
Commented by akogarehotel at 2013-06-19 09:02
地面を走るスポーツをする人たちを本当に尊敬します。
自分は、水泳だったから。
水泳は疲れたら、浮いていればいいけど、フィールドでは寝てるわけにはいかないですよね。

30歳を越えても、長友あたりはまだまだ元気だったりして。
競輪選手のトップは30歳以降のほうが多いですから。
名前
URL
削除用パスワード

<< WCCF???日記 平成25年... 街道練習日記 平成25年6月7... >>