初心者目線のハルナヒルクライム‐ずるいバージョン(その1) 平成25年8月3日(土)

初心者目線のハルナヒルクライム‐ずるいバージョン(その1) 平成25年8月3日(土)


はっきり言って、なめてました、私。

仕事が終わってから、ちょっと気が向いたから榛名でも行ってみるか、って。
でも、仕事と日常をこなしながら自転車に乗る、というのが大前提なので、そのことはOK。


………

土曜日の仕事。
午後1時に終わった。

しかし、先日の落車の傷がまだ治らない。
右胸のに、そこそこ強い痛みがある。咳やくしゃみをすると激痛になる。鼻をかむこともできない。
自己診断では「捻挫」のつもりだったけど、骨折かも?
心もとないので整形外科に行ってみた。

餅は餅屋。

レントゲンを撮ってもらったが、
「骨折はないね。湿布でもしておけば治るよ。」
と、あっさり。
ま、よかった。

ということで、気分も晴れて、山登りへ出発。


と、その前に、ヒマラヤにズゴックで登ってきた。
1万円札を両替しないといけなかったので。

でも、これが余計だったかもしれない。
おかげで、出発は午後4時。



今日の目的地は榛名湖。
グリーン牧場のちょっと上。

f0131183_2317012.jpg

赤矢印が先日行ったグリーン牧場。
青矢印が榛名湖。ちょっと上。
ママチャリでグリーン牧場に行ったのだから、ロードなら榛名湖くらい簡単でしょ?と。


………

途中までは前回と同じコース。

前橋市内は元総社から前橋西高校を抜けて、榛東村の自衛隊駐屯地まで直線。

その途中。前橋の市街地を抜けたところで、コンビニで休憩。
自宅を出るときにのどがかわいていたのだが、何も飲まずに出てきてしまったため。
ジュースを1本購入。

さらに、何気なく、、、、
本当に何気なく、、、、

商品棚のM&M(チョコ)が目についた。こんなの買ったら、カバンの中で溶けそうだな、と思ったが、、


エンゾさんの「ジロ ディ 箱根」には、うるさいくらいにハンガーノックのことが書いてある。


私は、もちろん、ヒルクライムは超初心者、というか、本日初挑戦なわけだ。
しかし、
「ハンガーノックくらい、水球の練習で何度か経験している。あんなの、前兆を感じたときに飴でもなめれば全然OK。ついでに言うと、本業でも糖尿病の低血糖なんかをうるさいくらいに指導している立場だし。」
と、完全になめきり状態。

でも、なんだか「エンゾ本」の影響で、、M&M(100円)を購入。

さらに、ジュースを半分だけ飲んで、、
残りは重たいから捨てていこうと思った。
もちろん、なめきり大王の私は、ボトルホルダーは空っぽで、
「のどがかわけば、自動販売機があるよ」と。

でも、なんだか「エンゾ本」の影響で、半分だけ残ったジュースをボトルホルダーに入れておいた。


まさに、ロールプレイングゲームのように、この2つの選択がその後の結果を左右した。
まさに、エンゾさんのおかげだ。


エンゾさんのおかげは、実はもう一つ。

家を出発するときに、
「防寒具を持って行くか、それとも、雨具を持って行くか」
非常に悩んだ。
カバンが小さいから、どちらか一つしか持って行けない。

毎日のように夕立があるから、やはり雨具か?
雨具は競輪御用達の逸品。展示の時に選手が着用するもので、ロードでも支障がない。
先日の前橋記念で1500円で購入。

悩んだ結果、、、エンゾ本を参考にして、、、、(結果は後半へ。)



………


自衛隊駐屯地まではラクラク。
さすが、ロードだ。

ま、フロントギアをインナーにするのに、かなり手間取ったが、、、
(それほど初心者。というか、インナーにしたのは、購入後初めて。だから、なかなか入ってくれなかった。)

インナーにすると、驚くほど軽く坂を上れる。



自衛隊から先は、前回とは違う道を選択。
グリーン牧場方面ではなく、榛東村役場から水沢へ抜ける県道153号。

繰り返すが、私は今回の山登りを完全になめている。
その理由の一つは、

伊香保なんて庭みたいなもんだ、
とは言わないが、

数えてないけど、おそらく100回くらいは伊香保界隈に来たことがある。冗談ではなく。もちろん、前回のグリーン牧場以外はすべてガソリン自動車だが。
だから、どこの道が急で、どこの道が狭いか、そこそこ熟知している。


で、今回は、榛名湖目標なので、ちょっと坂がきついが、近道である水沢観音経由の県道153号。
水沢へのメインストリート(前橋から)ではなく、榛東村(自衛隊)から向かう裏道。

実際、車がほとんど通らなかった。
初心者の私にはちょうどいい坂なので、今後、「坂道もがき」にはちょうどいい道だと思う。


しかし、裏道から水沢へ出ると、水沢観音前は「激坂」。
ファイナルローで、ひぃひぃ言いながらクリアした。


f0131183_2344447.jpg

水沢観音を登り切ったところからの眺望。
対面に赤城山と渋川の市街地が見える。うーん、満足(^^)

と、まだまだ呑気に、写真スポットを探したりしている。
この後の苦労も知らずに。


………


水沢から数km上ると、伊香保温泉。
一応、有名な石段を撮影。
f0131183_2345474.jpg



「有名」というのが悲しいくらいに、さびれている。。。
夕方だから?
現在、午後5時半。



さて、ここから「あとちょっと」上れば、ゴールの榛名湖だ。

水沢の坂で、ちょっとエネルギーを使っちゃったけど、まだまだ大丈夫。
それよりも、一番の問題は、、、”お尻が痛い”
どうやら、坂道なのでフォームがめちゃくちゃなようだ。それが原因と思われる。


ま、「あとちょっと」だから、と、
ボトルホルダーに残っていたジュースを飲み干して、スタートした。

ま、ガソリン自動車で来ると、「あとちょっと」なんだけどね。



………



で、「なめすぎた」ことを、ガッツリと後悔させられた。

坂はきついし、
全然「あとちょっと」じゃないし、、、

坂は、ファイナルローでも、止まりそうなくらい。
ということで、スタンディングをしようと思ったら、、、できない!

スタンディングができないほど初心者?
その通り。
スピードが出てないから?よくわからないけど、膝裏の疲労で、スタンディングではペダル1回転で限界。
すぐに着席。

着席したら、もちろん、止まりそう。。。

さすがにきついな、山登り。

で、いったいどこまで続くんだろう。
カーブを一つ曲がるのもやっとの思い。
1つ曲がったら、そろそろゴールか?と馬鹿げた期待を持ちながら上り、
カーブを曲がって、その先のカーブを見て、ドカッと疲れがのしかかってくる。
その繰り返し。


で、そろそろ、アクシデント発生。

のどが渇いた。。。。
え、もう?
さっき、数分前に伊香保で飲んだばっかりじゃん。
でも、腕を見れば、汗がダラダラ。
これなら、のどがかわいて当たり前。

残念だけど、水はもうない。というか、伊香保で水分を補給しておいただけでも大正解だった。
あれがなければ、絶対に無理だった。

こんな山道に自動販売機なとあるわけなく、なんとか我慢しながら、上り続けたが、



次は、、

なんだか、お腹がすいてない?
のどの渇きにまぎれて、なんだか違和感が、、、、
これって、もしかして?

もちろん、平らな場所を見つけて停車。
両足のビンディングを外して、速攻でM&M。
袋の半分を「一気食べ」。

こんなに簡単に低血糖になるの?
山をなめちゃいけない。
何気なくM&Mを買ってて、本当によかった。たかが100円の買い物のおかげで、リタイアというか、
もしかして「命拾い」したのかも?



ガードレールに座りながら休憩したら、少しだけ回復。
さすが、M&M。
さすが、エンゾ本。


その後、もう1回だけM&M休憩。
あとは、「気合いだ、気合いだぁ」と。
せっかく、ここまで来たら引き返すわけにはいかない。
「あとちょっと」のはずだから。。。。。。

(帰宅して、地図で確認したら、、なんと、、、
 伊香保-榛名湖間は、10.9㎞もあるとか。。。)


ま、そういうわけで、よくがんばった。
M&Mと、飲み残しのジュースのおかげだよ。


無事に?峠の最高地点に到着。
f0131183_06844.jpg

自宅を出てから、2時間10分。

エンゾさんも、初めて箱根に上ったときは、へろへろ状態だったのだから、
本の後を追いかけましょう。



で、ゴールしたんだから、もう終わり?
じゃないのが、山登り。

(後半へ続く)
[PR]

by akogarehotel | 2013-08-04 00:06 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線のハルナヒルクライム... ブセナ岬 海中展望塔 平成25... >>