初心者目線の赤城ヒルクライム「こっち」編(その1) 平成25年8月7日(水)

初心者目線の赤城ヒルクライム「こっち」編(その1) 平成25年8月7日(水)


先日の榛名から中3日。
時間ができたので、また「山登り」に行こう。


群馬には、競輪の冠にもなっている「上毛三山」という名山がある。
僕が言ってるのではなく、世間がそう言っているのだが、

赤城、榛名、妙義の3つ。

谷川岳は?草津白根は?浅間は?
ま、大人の事情らしい。

どちらにしろ、素晴らしい山に囲まれた群馬県だから、
素晴らしい「山岳コース」があるわけだ。


………

で、これもよく知られていることだが、

「前橋」と「高崎」は仲が悪い。

「慶応」と「早稲田」と比べては申し訳ない?どっちに?
ま、このへんも大人の事情らしいが、

赤城山は前橋

榛名は高崎

と、一応、決まっているらしい。
何が「決まっている」かは不詳不明。


ならば、前橋市民の私は赤城山に上らないといけないわけだが、、、、

初登頂には榛名を選択した。
なぜなら、道が安全だから。
自宅から榛名(自衛隊・伊香保経由)へ上る道のほとんどが、舗装も道幅も安全だ。
帰り道も、利根川サイクリングロードを経由すれば、真っ暗でも帰って来れる。

一方、赤城へ上るためには、最低でも前橋の市街地を通過しないといけない。
ほぼすべての道が交通量が多く走りにくい。
帰り道も一般道ばかりで、暗くなってからは楽しく走れない。

でも、マウント赤城ヒルクライムなんていうレースが開催されるし、
前橋市民として、「一度はレースに出てみたいなぁ」くらいに思っていたわけで、


今日は、赤城へ向けて出発!

ところが、、、思いがけない事態発生。


………

「日常の合間に自転車」

これが座右の銘。
てことで、水曜日の午後、午前中の仕事を終えてから、山登りへ出発。
帰り道のことを考えて、早々と午後2時半に出発した。
(前回の榛名は午後4時の出発)
気温が35℃だったりするが、しっかりと水分と糖分を準備して、
ま、なんとか行けるんじゃない?と、ややなめきり。


で、不測の事態。いい意味での不測かもしれないが、

この日、沖縄から子供のいとこ2人が来ている。
彼らは「群馬って暑いよね」が口癖の、那覇市民だが、
その従妹たちと、うちの子供たちで、今日は「群馬フラワーパーク」に遊びに行っているんだそうだ。

群馬フラワーパークは赤城山の入り口。
ただし、本道(赤城県道:Mt赤城の正式コース)からは東へ10数㎞離れている。

ま、でも、せっかく近くにいるのなら、ちょっと顔を出していこう。
ということで、

フラワーパーク経由 赤城行き

に決定。

f0131183_22345659.jpg

赤線が赤城県道(Mt赤城ヒルクライムの正コース)
黄色が「群馬フラワーパーク」

………


で、「軽く寄っていく」つもりで向かったフラワーパークだけど、、

遠いのね、、

というか、

意外と上るのね、、、

20㎞なんて距離はたいしたことないが、
ほぼすべてが上り坂なんだね。知らなかった。同じ前橋市内に、こんなに山道があるとは知らなかった。
(帰り道の下りで、ペダルを踏まずに普通に時速45㎞出たので、そこそこだったみたい。)

ちょこっと疲れながら、約1時間で群馬フラワーパークに到着。
距離はちょうど20㎞。標高は、グリーン牧場よりもちょっと低いくらい。
気温35度なので、汗びっしょり。

………

フラワーパークは、広大な敷地の中に子供の遊び場や遊具が多数。
で、その広大な敷地、そして、広大な丘陵(要するに登り坂)を、ビンディングシューズをカチカチならしながら、子供たちを探す。
10分ほど坂を上ったり降りたりして、ようやく発見。
この暑さなのに、彼らも走り回っている。お互い、頭が悪いのか?!

「あれ、お父さん、来たの?!」
「自転車で来たの?すごーーーいい!」

この言葉を聴けただけで十分。
ここに来たのが体力エネルギー的には大きなマイナスであるけれど、家庭連携的には大きくプラスであると信じている。

子供を競輪選手にするつもりはないが
(もちろん、なれるものなら成ってほしい、が、絶対に無理。同世代で100人の中に入るのは絶対に無理。)
100㎞くらいなら気軽に自転車で走れるくらいにはなってほしい。3㎞くらいなら、散歩よりも気軽に泳げるようになってほしい。
そうでもないと、大震災からは逃げられないから。
(ただ、それができただけでは、助かるのは自分ひとり。他人を助けようと思ったら、やっぱり水球が必修科目。)

「お父さん、こっちの山がおもしろいよ。」
「こっちのトンネルに来て!」
と、汗びっしょりで本当はちょっと座って休みたいのだが、
子供に引っ張られて、喜んで公園内を走り回る。
でも、ビンディングシューズで。

楽しい夏休みでした。
終わり。

あれ?

その2へつづく
[PR]

by akogarehotel | 2013-08-07 22:34 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線の赤城ヒルクライム「... 初心者目線のハルナヒルクライム... >>