ヒルクライム イン 高崎? 平成25年8月21日(水)

ヒルクライム イン 高崎? 平成25年8月21日(水)


…高崎には山がない チエコは言った


ハルナという山がある?
榛名山が高崎?そんなふうに思う群馬県民はいない。
榛名は渋川(伊香保)、または榛名町(旧)、あるいは北群馬郡。
稲村ガ崎を湘南なんて言わないよ、と同じ。


あれこれと検索した結果、やはり「碓氷峠旧道はヌルい」という結論。あんなもの「坂」ではない。
(ただし、交通量・舗装状態は素晴らしいので、ダウンヒルは快適。)
もっと坂らしい坂を上りたい。
赤城旧道のような坂を上りたい。

という思いから、さらに調べてみた。
そして、多野郡の『塩沢峠』という答にたどり着いた。
群馬県と埼玉県の県境。JALの墜落したオスタカに向かい山道が続いている。いくつもの峠があるうちのひとつ。
ブログの写真を見る限り、かなりの激坂らしい。
これは上りたい。よだれが出そう。おいしそう。

ただし、中途半端な状態では上れるわけがない。
ある程度の練習をしないといけない。
そのために練習地が欲しい。練習用の「坂」が欲しい。


ということで、高崎前橋に「坂」を探してみた。
条件は、
・自宅から10km。(練習時間は1時間しか取れない。)
・勾配。(赤城旧道レベル)
そして最重要項目
・放射能が痛くないところ



で、冒頭の「高崎に山があるか?」となる。
(高崎山がある。なんてのは、本家に失礼だからネタにもならない。高崎山は大分県。”高崎”という単語は大分のほうが有名かも。)

で、高崎に山がある?あるじゃないか!

「観音山(かんのんやま)」
f0131183_131256.jpg

f0131183_1313331.jpg

群馬県民なら誰もが知る有名な「高崎白衣観音」。
明治時代に単なる金持ちが建てたという、由緒のかけらもない観音像だが、周辺には遊園地や公園ができたり、つぶれたり、高崎市民の憩いの地となったり、暴走族の周回コースとなったり、ラブホテル街になったり、、、、
その観音像が建つ周辺は、市街地を見渡すことができる「山」になっている。

高崎市街地や新幹線の車窓からも観音像や「観音山」の山並みが見える。
新幹線では東京から新潟長野方面に向かうと左側の車窓。藤岡あたりから山並みが見え、高崎駅が近づくと観音像が見える。
ただし、「山」といっても標高200m前後。市街地の標高が100m前後だから、あまり期待はできない。

この日は、3時間かけて「観音山」周辺を「サイクリング」。
地図とペンを片手に、「坂」を求めてさまよってみた。
そしたら、意外と「おいしい坂」があるじゃないか!と。

………

高崎観音山坂路コース

↓とりあえず3時間で回れた場所だけ記載。後日、周辺をもっと探索しないといけない。
f0131183_132392.jpg


★Aコース
観音山入り口から観音像までのメインコース。
2km
標高差120m
短いながらも走りがいのある坂がつづく。3周くらい往復してみたら十分にへこたれると思う。

観音山入り口。ここがスタート地点。
f0131183_1323022.jpg

自宅からちょうど10km。ちなみに高崎駅からは、1.5kmと激近。
すぐそばに群馬県で一番「どうでもいい」高校がある。どうでもいい。総理大臣を数名輩出したらしいが、総理大臣って偉いのか?
(本気にしないでください。早稲田大学って、日本で一番稲作が得意なんでしょ?と同レベルですから。)

こんな坂や、あんな坂。悲しいくらいに交通量が少ない。
f0131183_13317100.jpg

f0131183_1334359.jpg

f0131183_134378.jpg


f0131183_1325555.jpg

「コロニー染料園線」という路線名。大丈夫です、ザクは攻めて来ない。


★Bコース
4.5km
のぼりとくだりのある連絡コース。
ただし、どちらから走っても、油断のできないのぼりが出現する。ギアチェンジの練習用。
周辺には障害児・障害者施設が存在するが、人通りがほとんどない。

もしも歩行者を見かけたら、自転車はスピード注意。
f0131183_1344535.jpg


昔の施設の廃墟。
f0131183_135641.jpg


★Cコース
別名「熱海コース」
標高差160m
2.8kmの一人前の坂。これだよ、これ。探していたのは!
距離がやや不満だが、練習なんだから我慢しろ。
1つ1つの坂は、十分に赤城旧道レベル。
地元の農作業車両以外に通るものはない。俺専用。

わかりにくいスタート地点。
「熱海」の看板を追いかけろ。
f0131183_1361629.jpg

このコースは「18禁」
f0131183_1364350.jpg

f0131183_137787.jpg

f0131183_1372346.jpg


一番の激しい坂は「熱海」の前。

激しいのなんのって、(汗、汗)
何が激しいって、(汗、汗)
f0131183_1375363.jpg

f0131183_1381631.jpg

カーブ1つで2階の屋上に届くくらいだから、いわゆる立体駐車場レベル。

そして「熱海」に到着。
f0131183_1383899.jpg

でもここはゴールではない。
ここから、もう少し上って広い道に出るまで坂は続く。あと1km弱。

ゴール地点からの眺望。
観音様の背中が見える。高崎市街が見渡せる。
f0131183_1385917.jpg



なかなか楽しい坂でした。こんな近場に、こんな坂があるなんて。
そして、最も考えさせられたのが、、

いまどき「熱海」は、ないだろ。

………

街探検となりつつある「サイクリング」
ちょっとだけ、高崎市をご紹介。

高崎が全国に誇る市庁舎。全国の市庁舎の中で、日本一豪華だという噂。
f0131183_139275.jpg

私が以前、勤務していた建物も映ってますね。
ちなみに、そこに勤務していたころに住んでいた場所。
f0131183_1394670.jpg

観音山Aコースのスタート地点脇にあるコンビニの3階。
現在は「入居者募集中」。
コンビニの上って、すごく便利でした、当たり前だけど。
ちなみに、当時の月収は夫婦合わせて40万足らず。夫婦合わせて?



………

ついでに、地元ということで1枚。
f0131183_1310459.jpg


前橋育英高校。
僕の自宅から徒歩5分。
ゲーセン「マトリクス」から徒歩3分。
利根川サイクリングロードに出るときには、育英高校の正門前から塀沿いにコースへ出る。

あまり評判のよろしくないかもしれないような、そうでもないような高校でしたけど、
今回、一躍有名になりましたね。ついでに評判も激変。

僕自身、高校野球なんて少しも興味なく(連日連戦という時点で実力勝負ではないから)、県からどこの高校が出場するかすらも知らなかったニワカ前橋市民ですけど、
今回ばかりは新聞が楽しみになるくらいだから。

ついでに、監督親子のキャプテンは前橋東(あずま)中学校出身だそうです。
僕も、妹も、甥も、みねさんも、そして、野球部といえば潔君も卒業生。
すごいね。
だからニワカ育英ファン。
[PR]

by akogarehotel | 2013-08-22 13:10 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線のパンク修理(タイヤ... 松戸記念競輪(市田復活) 平成... >>