【1】中軽井沢 中軽井沢駅-峰の茶屋(長野県)

ヒルクライムコースガイド
(最終更新 平成25年9月27日)

【1】中軽井沢
中軽井沢駅-峰の茶屋(長野県)
距離10km 標高差540m

f0131183_18161330.jpg

軽井沢から浅間山へ向かう一人前の峠道。
距離はやや短いが、後半部分は14%。
観光地のために、車とともに人間にも注意。

①勾配、コース
スタートから「星の温泉」までは軽井沢市街地。勾配は非常に緩い。道幅は狭くないが、人通りが多い。路肩も狭くはないが、木の枝や石ころがあることがある。
星の温泉を通過すると、生い茂る木立の中を急な坂がつづく。勾配表示14%あり。前半は舗装が悪いところもあり、道幅も狭いところが数ヶ所。
その後、登坂車線が出現し、道幅も広く、舗装も良好になる。勾配表示は10~11%。
残り1km強の地点で峠は終了。峰の茶屋まで下り含みになる。
激坂区間は5~6km。


②交通量
休日の混雑は想像を絶する。ハイシーズンには上から下まで渋滞することもある。しかし、基本的に坂を下る方向に(中軽井沢駅方面へ)渋滞するので、ヒルクライムには影響が少ないかもしれない。が、星の温泉界隈は、午前11時を越えると多数の歩行者が繰り出すので注意。星の温泉の駐車場は左車線、つまりヒルクライム側にある。
平日も昼間はそこそこ混雑するが、ロードバイクに影響するほどではない。
ただし、トラックは平日に多くなる。大型バスはいつでも。


③コンビニ 自動販売機
セブンイレブン:スタートしてすぐ。左側。星の温泉の手前。
レンタサイクルの多い地域なので盗難に注意。

前半の西武鉄道バス基地までは自販機あり。後半は峰の茶屋までなし。峰の茶屋には多種常備。


④食堂、施設
ハルニレテラス:林の中にコテージ風の飲食店やショップが多数。いわゆる「おしゃれ」な一帯だが、通路を歩くだけならサイクリングジャージでも問題なし。テイクアウトしてベンチに座るなら文句は言われない。店によっては、中で食べても大丈夫そうなところもあるかも、ないかも。慢性的に駐車場欠乏状態なので、お客が入ってこれない。そのため、エリア内は意外と空いていると感じるかも。物価は軽井沢値段。トイレ利用可。

トンボの湯:星野温泉の看板を右に入った左奥にある日帰り入浴場。タオルはレンタル可能。受付の人は服装をチェックしないが、他のお客さんに対して?

峰の茶屋:外見は茶屋だが、店内は落ち着いた雰囲気。茶屋というよりは喫茶店。常識的にはサイクリングジャージでは近づきがたいが、、もしかしてお店側がすでに了承済なのかもしれない。有名なチェックポイントだから。ソフトクリームなら外で食べられる。


⑤季節、気温、服装
 地球温暖化のために、避暑地としての軽井沢は終わった。8月は下界よりは気温が低いものの、30℃近くなる。真夏の昼間は熱中症の危険あり、挑戦すべきではない。
 冬はもちろん寒くなる。峰の茶屋近くにはスキー場があるのでウインターシーズンには雪が降る。とはいえ、全体的に、走れる季節は長い。


⑥駐車場
 下部の星野温泉界隈はもともと駐車場欠乏地域。ゴールの峰の茶屋には「浅間山散策用」の駐車場があるが、現実的には利用できない。自走か輪行しかないが、どうしてもとなると浅間鬼押し出し園か。軽井沢アウトレットの駐車場はアテにしないほうがいい。シーズン外の平日ならなんとか?


⑦最寄り駅
 しなの鉄道の中軽井沢駅、またはJR軽井沢駅(長野新幹線)。


⑧景色
 晴れれば、激坂地帯から浅間山を一望できる。

⑨ソフトクリーム情報
 峰の茶屋にて販売。
 ハルニレテラスでも売ってますが、登る前に食べる?


⑩放射線情報
ゴールの峰の茶屋周辺だけが3万ベクレル/㎡
(チェルノブイリの立ち入り禁止区域は3万ベクレル/㎡以上)



参考記事へリンク
平成25年9月17日
平成25年9月24日

コースガイド目次へ
f0131183_8255934.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2013-09-30 18:17 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 【2】北軽井沢 羽根尾(群馬県... 群馬県選手権(水球) 平成25... >>