【3】草津街道 大津-草津温泉(群馬県)

ヒルクライムコースガイド
(最終更新 平成25年9月27日)

【3】草津街道
大津-草津温泉(群馬県)
距離10km 標高差600m
f0131183_18254875.jpg

f0131183_4404733.jpg

草津温泉までの玄関道。
電車客もマイカー客も自転車も、草津へ行くときの本道。

①勾配、コース
前半部分は平均6%の数字どおり、緩めの坂がつづく。時折10%くらい?と感じる坂がある。中間地点のコンビニの手前に一部、道が狭くなり坂がキツい区間がある。(平成25年9月現在、道路工事中)
中間地点のコンビニから角度が一変。10%以上の坂が約1kmつづく。登坂車線あり、走りやすい。
この坂を上りきると頂上部分。残り2km弱は下り坂。
なので、標高差は600mよりやや多い。

道路の舗装は良好。ただし、小枝や小石が多い。自然満喫。
途中に、「現在の標高○○m」という表示がある。やさしい配慮。


②交通量
観光地だけど軽井沢ほどではない。
草津に日帰りする人は少ないから、上り坂の混雑は土曜日。下り坂の混雑は日曜日。
日曜日の上り坂は、それほど混雑しない。それほど。

残念ながら大型バスは多い。
トラックは平日に少々。この路線そのものの工事のため。

ゴールの草津温泉の交差点は、「温泉街」ではないから人通りは少ない。
その手前の下り坂にある「道の駅」周辺に人通りが多い。特に高齢者。


③コンビニ 自動販売機
スタート(大津)、中間地点、ゴール(草津温泉)にセブンイレブン。まさにコンビニエンス。ゴールのセブンイレブンはローディ高密度。
自動販売機も道中あちこちにあり。


④食堂、施設
スタート直後、道路の両側に「自家製そば店」が数軒。
頂上付近(約8km地点)に、道路の両側に「道の駅」あり。
本家ちちやのおんせんまんじゅうは、ゴールセブンイレブンの向かい側。

ゴールの交差点を右に曲がれば草津温泉街。
温泉街まで行けばいろいろな店があるが、全国の温泉街と同様に、道は狭く歩行者が多く、わざわざ出かけるほどでは…
市営の日帰り入浴場あり。とても広い。


⑤季節、気温、服装
温暖化以前は豪雪地域のひとつ。大津からタイヤチェーンが必要だった。現在は、そこまで雪が降ることはないが、冬は寒い。
秋の紅葉シーズン以降は防寒具が必要。


⑥駐車場
長野原バイパスにあるドライブイン「浅間酒造」の駐車場は広いが、一応利用者用。上記「道の駅」の駐車場は平日なら当てにできる。


⑦最寄り駅
最も近い群馬大津駅(JR吾妻線)よりは、長野原草津口駅を利用するほうが一般的。緑の窓口、コインロッカー、キヨスクがある。群馬大津は無人駅。
ただし、吾妻線全線でスイカなどのカードは全て利用不可能。


⑧景色
前方に白根山を見ながら登る。絶景というほどではない。写真なら、草津から白根に登りながら撮ればいい。


⑨ソフトクリーム情報
道の駅にあるかもしれないが、確認してません。


⑩放射線情報
道の駅からゴールのセブンイレブン周辺までが、3万ベクレル/㎡以上。
(チェルノブイリの立ち入り禁止区域は3万ベクレル/㎡以上)

ちなみに、草津温泉街一帯が3万ベクレル/㎡以上。



参考記事へリンク
平成25年9月17日
平成25年9月24日
コースガイド目次へ
[PR]

by akogarehotel | 2013-09-30 18:25 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 【4】渋峠(群馬) 草津温泉-渋峠 【2】北軽井沢 羽根尾(群馬県... >>