観音山(高崎)ヒルクライム  平成25年10月4日(金)

観音山(高崎)ヒルクライム  平成25年10月4日(金)


10月3日(水)のこと。

f0131183_128397.jpg

f0131183_12181986.jpg


パンクしたけど、、せっかくここまで来て帰るのはもったいない。
チューブ交換したあとに、観音山の探索を開始。


★★★

Jコース(キャンプ場コース)
2.4km 標高差110m 平均5%

連絡コースBからキャンプ場へ向かう道。
キャンプ場は市営のため、充実した道路が作られている。さすが高崎市。
勾配は普通。最後に「ちょっとした」坂がある。

f0131183_129237.jpg

入り口。非常に見つけにくい。

f0131183_12101253.jpg

f0131183_12103322.jpg

普通の勾配の坂。木が生い茂り、夏は涼しい、、、、ことはないか。

f0131183_1292217.jpg

最後の「ちょっとした」坂。この坂だけのために、Jコースはある。

f0131183_1294648.jpg

ゴールの目印。
舗装が良好なので帰り道にどうぞ。


★★★


Iコース(大谷コース激坂)

500m、標高差80m 平均16%

たった500mだけど、平均16%という激坂。
コースのほとんどが直線。だからこそ、この勾配。カーブのアウトに逃げることを許さず。一度でも着地したら再乗は不可能。
たった500mだけど、気合を入れずには挑戦できない坂。

今日は、写真を撮るので、まずは下り。
しかし、恐くて自転車に乗ったままでは下れません。ブレーキが壊れそう。
自転車を押して歩くと、クリートが滑って恐い。
それが平均16%の坂。
たぶん、最高点(最後の直線)は20%を余裕で越えてるはず。


スタート地点
f0131183_1211153.jpg

f0131183_1212060.jpg

ちょっとわかりずらい。製作所が目印。
ただし、このへんの道ならどこを通っても、結局は坂の上にたどり着く。

f0131183_12113445.jpg

ほんの数十m走っただけで、この位置。


f0131183_12122920.jpg

f0131183_12134691.jpg

こんなのが続く。
時折、自動車とすれ違う。

f0131183_1213325.jpg

f0131183_12132495.jpg

直線が多い。

f0131183_12141181.jpg

最後の直線。
後へひっくり返りそう。

f0131183_12143148.jpg

ゴールは「大谷入口」の看板。


★★★


ダイエット中なので遠慮しようかと思ったけど、
パンク修理した自分へのごほうび。
f0131183_12145585.jpg

大谷ゴールから2分で長坂牧場。これは食べないわけにはいかない。


前橋方面への帰り道は、
少林山から高崎環状線を通ると、走りやすい道が続く。
高崎環状線は片側2車線のバイパスだけど、カーブの外側、つまり高崎から前橋方向は、車線と路肩が広く設定されている。
うれしい新発見。



観音山コースガイドへリンク
ヒルクライムコースガイド目次へリンク
[PR]

by akogarehotel | 2013-10-05 12:14 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< またまたスウィートグラス北軽井... クイックショットの限界? 平成... >>