麦草峠(八ヶ岳)-すずらん峠ヒルクライム その4 平成25年10月8日(火)

麦草峠(八ヶ岳)-すずらん峠ヒルクライム その4 平成25年10月8日(火)


鹿の撮影に未練を感じながら、次の峠へ向かう。


スズラン峠
蓼科村(標高1380m)~蓼科山登山口(1750m)
距離8kmで標高差400m。平均5%。
メインディッシュのあとに、ちょうどいいデザート的な峠。
f0131183_15281281.jpg


廃墟の町、蓼科を通り抜け山道に入る。
峠道というには直線が多い。
f0131183_15282943.jpg


ある程度上ると、相変わらず素晴らしい景色。経済状況とは関係ない。
f0131183_15284311.jpg


気分よく走っていると、
ふと、道端に 「女の…水」 という文字を発見。

一度は通りすぎたが、なんだか気になって戻ってみた。
f0131183_1529493.jpg

「女の神氷水」
読み方が分からないが、湧き水らしい。
でも、「女の…水」??
「神」ってのが、もしもキリストなら、「聖」じゃないの?
と、どこかの誰かさんなら、ビールが3杯は飲めるネタだ。

放射能事件以来、湧き水なんてものには触らないようにしているが、このエリアならまあ許す。
誰も見ていないから、頭から浴びてみた。驚いた。

しょっぱい!

ってのは、女神の水がしょっぱいのではなく、、、

自分の顔じゅうに塩が析出しているようだ、それを洗い流した水がしょっぱく感じる。
どれだけ、汗をかいているんだ?
今さらながら驚いた。

汗をかいたぶんの水分を女神の氷水で補給。さらに体も冷えて、疲れが吹き飛んだ。さすが、女神。

なんてことばかりしている「ノロノロヒルクライム」なんだよなぁ。。。


氷水からしばらく進むと、「女の神展望台」。
この路線がビーナスラインと言われているくらいだから、「女神」ってのが地元意識なんでしょうね。
f0131183_15293460.jpg


さっき上ってきた麦草峠方面、
f0131183_15294675.jpg


展望台から頂上までは、1本の直線。
それが、長いのなんのって、東京競馬場以上。推定800m。
上りきったところが、すずらん峠。

f0131183_1530375.jpg

蓼科村(たてしな)から立科町(たてしな)へ入った。
ややこしすぎ。

………


スズラン峠の先は、白樺湖畔のスキー場地帯。

震災以来、我が家にとってスキーといえば、白樺エリア。
私が万座で訓練されたように、うちの子供はここ白樺エリアでスキーを鍛えられている。

f0131183_15302635.jpg

しらかばリゾートスキー場。
もっとも平ら。幼稚園生向け。ぎゃーぎゃーうるさい子供たちに、ボーゲンができるようたたきこむ。スキーの先生を尊敬してしまう。

f0131183_15304318.jpg

しらかば2in1スキー場。
うまくなった人はこっち。おいしいこぶ斜面が真正面にある。

f0131183_1531197.jpg

しらかば高原スキー場
もっとも大きいスキー場。
うちの幼稚園児がゴンドラに乗れないので、まだ滑ったことがない。
冬は、スキー場内に大きなカバが登場する。しら「カバ」だから。


f0131183_1532331.jpg

白樺リゾート 池の平ホテル
私が大絶賛のホテル。リンク
昭和のスキー宿がつぶれずに残っていることが偉い。
屋根の白鳥を見ると、志村けんを思い出す。


今年の成人式日。大雪のため車が動けなくなり、ここで1泊追加を余儀なくされた思い出。リンク。
あのとき上れなかった坂がこれ。
f0131183_1532212.jpg

チェーンなしのスタッドレスタイヤでは、この坂が上れなかった。
写真ではわかりにくいが、余裕で15%くらいある。今日の峠の中で一番急勾配かも。


と、観光旅行気分で写真ばかり撮りながらいるが、実は予定の時間を大幅にオーバーしている。
早く佐久駅に戻らないといけない。早く走ろう。

f0131183_15323793.jpg

とか言いながら、しらかば高原スキー場の目の前で、看板に誘われて入店。
ハンバーガーがおいしそうだったので、、、つい。
f0131183_15324878.jpg

1200円もするハンバーガー。
もちろん、ナイフとフォークで食べる。うまい、以外の言葉がない。


さて、食べ終わったのが、午後3時15分。
しらかば高原スキー場の目の前にいる。
佐久平駅の4時45分の新幹線に乗りたい。

あれ、もう時間がないじゃん!とあわててスタート。
冬に車で来たときでも、スキー場から佐久インターまで1時間以上かかるのに。。。。


しらかばエリアから麓(立科町役場)までは下り坂。平均時速40km以上。
しかし、撮影ポイントははずせない。
f0131183_1533745.jpg

どんなに急いでいても、撮影ポイントははずせない。


麓の立科町役場に下りた時刻が、午後3時45分。
ここから佐久駅までは、「すぐ近く」だったはず、、、、、
、、、と思ったら、、
「佐久 22km」
の表示。
そんなに遠いの?やばい、急がなきゃ。
(地元的には、望月経由なら近かったのにね、と。)
トラックがガンガン通る国道を、ひたすら佐久に向かう。ところどころ、路肩が狭いところがあるし、さらにはトンネルまである!
トンネルの中は、排気ガスで口がムサムサするし、、、


でも、新幹線の時刻に向かって、本日一番のもがき。
アップダウンの市街地20km。
麦草峠以上にがんばった。

(でも、途中の浅間山の撮影も忘れない)
f0131183_15334057.jpg

信号待ちやトンネル内の歩きを含めて、平均時速30km以上。
最後はヘトヘトになりながら、佐久駅構内にたどり着いた。


通常なら20分かかる輪行バック収納を、約7分で片付け、
駅の階段を駆け上がって、切符を買って、、

ホームに着いたのが4時42分。ギリセーフ。

峠を上ったとき以上の達成感。


もちろん、輪行の恩恵。
f0131183_15335678.jpg

電車で飲むビールって、なんでこんなにうまいのだろう。


4時45分 佐久平発。
高崎で乗り換えて、
5時30分 新前橋着。

さて、お風呂の掃除をしなきゃ。


佐久平―清水町 20㎞
麦草峠 22㎞ 標高差1400m
麦草―蓼科 17km
スズラン峠 8㎞ 標高差400m
白樺湖周辺 標高差200m
白樺湖―佐久平 40km

合計 115km
f0131183_1540816.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2013-10-11 15:35 | 本気のサイクリング | Comments(3)  

Commented by NGT at 2013-10-11 19:33 x
はじめまして。

私も今週末ほぼ同じルートを走る予定なので、とても参考になりました^^
スズラン峠~白樺湖で未舗装路が2kmくらいあると聞いたのですが、ロードレーサーに乗ったままでも問題なく通過できましたか?
いきなりのコメントで恐縮ですが工事区間のことがずっと気になっていまして・・・
もしよかったら教えていただけると有難いです。
Commented by akogarehotel at 2013-10-12 07:13
こんにちは、

コメントありがとうございます。

(長くなりそうだったので、詳細はブログ形式にしてしまいました。)

麦草峠付近も含めて、
私が通った全ルートで未舗装の区間はありませんでした。

白樺湖から白樺高原スキー場への道が、絶賛舗装工事中(片側交互通行)だったので、そこが「未舗装」だったのでしょうか。現在は大丈夫です。
ただし、スズラン峠から白樺高原スキー場方向は工事のため通行止めです。

麦草峠の上りの工事も、迂回路を進めば問題ありません。
本線よりもやや勾配がきついと推測されますが、「舗装が良くはない」といっても、苦になるほどではないと思います。

麦草峠の下り(茅野市方面へ)の舗装が、スピードを出すにはやや不安かな、という具合でした。

週末は混雑するかもしれません。
お気をつけて楽しんできてください。
鹿を見つけたら、報告をお待ちしています。
Commented by NGT at 2013-10-12 07:54 x
詳細な情報をありがとうございます。
ブログ形式にまでしてくださって恐縮です。

スズラン峠から女神湖方面へ抜ける道が工事中なんですね。
白樺湖方面へ変更したいと思います。
麦草峠の工事の件もブログを拝見するまで全く知らなかったので、事前に分かってよかったです。
大分混雑しそうですが充分気を付けて楽しんでいきたいと思います。
ご丁寧にありがとうございました^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 白樺湖周辺工事状況(平成25年... 麦草峠(八ヶ岳)-すずらん峠ヒ... >>