オッズ(小学館)、オッズGP(双葉社 石渡治) 平成25年12月2日(月)

オッズ、オッズGP(石渡治) 平成25年12月2日(月)

「この本を読め」


いまさらです。
恥ずかしながら、今さら読み、今さら感動しました。
全巻を大人買いした。マンガなんて買ったのは何年ぶり?
f0131183_18215812.jpg

f0131183_18221385.jpg


ロードバイクが好きで、競輪を知っている人にピッタリ。
あるいは、
ロードバイクが好きで、競輪を少しだけ知っている人にピッタリ。
あるいは、
ロードバイクが好きで、競輪を全然知らない人にピッタリ。

ん?



主人公の辻堂リンタロウは、高校時代はロードバイク選手。
高校卒業とともに競輪に転向し、成長していくドラマ。
涙なくては読みきれない、、、?そんな感動スポーツ友情マンガ。

作者の石渡治は『BB』や『火の玉ボーイ』で知られるスポーツ的漫画家?
自身もロードバイクに乗り、赤城山ヒルクライムにも参加したことがある「自転車バカ」だそうだ。
作者がそれだけ自転車が大好きな様子が、マンガのなかにもあふれている。
だから、同じような「自転車バカ」読者にはたまらない。


たとえば、
辻堂のライバルの藤沢が、年末グランプリ開催のA級決勝戦で辻堂のレースを見おわったら、急に帰ってしまった。
その後のS級決勝戦とグランプリを見ずに帰ってしまった。
その理由は、、?
f0131183_18223378.jpg

そうなんです。
「本当」の競輪を見ると、自転車に乗りたくてたまらなくなるんです。


または、
作中の辻堂のことば。
f0131183_18225020.jpg

あるあるある!
1000%同意だよね。


競輪を全く知らない人でも、分かりやすく解説がついているので大丈夫。

というか、、、
作者さんは、連載当初は競輪を全く知らなかったんでしょ?
それが、取材を重ねるうちに、もんんんんのすごく詳しくなってる。
オレより知ってるんじゃない?!

まわりに素晴らしい協力者がいるんでしょうね。
作中にも登場する選手の方々とかがね。

その登場人物について。
架空の人物は、苗字が「地名」になっている。
辻堂、藤沢、寒川、秋谷と。

じゃぁ、「長津田選手」は?
長津田は地名だから架空の人物かと思ったら、、、モデルは長塚だよね?
って、「長津田」を地名と認識する日本人のほうが少ないものね。

そのほか、後閑らしき人物が要所要所に登場するので笑ってしまう。
作中では「五漢」という名前だが、群馬には「後閑」という地名があるから、そのまま使ってしまえばよかったのに。


作者さんが競輪初心者であるゆえの、でも全く気にならないくらいのミスはいくつかある。
例えば、初日特選に出た選手が翌日の準決勝でヨーロッパとか。
でも、本当に、そんなことは全く気にならない。
それくらい、ストーリーに引き込まれてしまっているから。

ただ、
ちょっとだけ言わせてもらうと、

…番手を美化しすぎてない?


『聖書』によると、
番手:番手捲りのタイミングを見計らっている
3番手:流れ込み重視。

ま、聖書『ギャンブルレーサー』が「客目線」で書かれているのに対し、
こちらは(おそらく)「選手目線」だから。
それも、練習が大好きで仕方ない選手目線。
だから、
自転車が大好きで仕方ない「ロードバイクばか」は、この本を読まなければならない。

そして、競輪場へ行こう。



追記:
作中に「体幹」とか「腰をたてる」という言葉が出てくる。
石渡さんもエンゾ信者でしょうか、それとも、たまたま?
[PR]

by akogarehotel | 2013-12-02 18:22 | この本を読め | Comments(3)  

Commented by ザビエ at 2013-12-02 22:32 x
もはや完全にロードバイクブログとなってますねw
私も自転車(ママチャリ)は結構乗ってます。
歩きだとじれったいし、車だと見落としがちな風景を見られるのが好きです。
Commented by akogarehotel at 2013-12-05 08:50
そうなんです。
歩きだとじれったい、車だと景色が見えない。

自転車がちょうどいいですよね。

「ヒルクライム練」をして思いましたが、日ごろからのママチャリでも十分に練習になります。ギアが軽くできるロードバイクよりも、重たいまま頑張って乗るママチャリのほうが、練習密度が高いかも。

で、
一応は、12月12日を気にしてたりもします。
ボカなどをやってみようかな、と思ったり思わなかったり。
Commented by ザビエ at 2013-12-05 19:16 x
私も同時期ぐらいにWCCFやめて、中田のパルマだけ残して、全部カード捨てましたw
一時期は脳汁出る程面白いと思ったもんですが、後半は惰性になってきたし、限界も見えたので。

人によって散歩とか車の方が好きだったりするんでしょうが、自転車は私にとって丁度いいですね。
運動の事はあまり考えていなくて、単純な遊びとして乗ってますw
名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線のヒルクライムトレー... 観音山トレーニング 「大谷」 ... >>