自転車な一日。年内最終の前橋競輪  平成25年12月27日(金)

自転車な一日。年内最終の前橋競輪  平成25年12月27日(金)


12月26日(木)昼 赤城県道・畜産試験場
12月27日(金)朝 赤城県道・鳥居

そろそろ「世間的には」寒くなってきた。特に今日は、夜中に雨が降ったらしく道路が濡れている。朝練はAM5:30スタート。路面が凍っていても不思議ではないので、「下りは」ゆっくり走る。
上りは本気で走る。
だから、往路(上り)は30分。復路(下り)は40分。

世間的には寒いのだろうけど、自転車的には帰宅すると汗ビッショリ。
気持ちいい汗。

続けられるところまで続けてみよう。

………


昼。
たまたま時間があいた。
朝練したから昼練する必要もない。

たまたま前橋競輪が開催中だ。
今年の開催の最終日。
久しぶりにカレーを食べに行こう。


ずいぶん時間があるので、7,8,9レースを観戦できる。
せっかくなので新聞を買って入場。
新聞代500円
入場料無料
かつカレー大盛950円


【7R】
大畑(埼)は今日まで、9着、9着。
連日先行できずに外に浮いて失速している。
でも本当は力のある選手だ。そう信じたい。
で、大畑の番手の武藤(埼)から買ってみた。
ギャンブルレーサー的には「むとうカスン」と呼ばれている選手だ。
唯一の不安は、武藤が補充出走ってこと。補充選手は1位になっちゃいけないという無言の圧力。

結果は、
先行できれば大畑は強い。しっかりと2着に残った。
武藤カスンは、しっかりと番手の仕事をして、しっかりと4着に沈んだ。。。

とりあえず、現時点でカレーの値段が「3倍」。



【8R】
A級の決勝戦。
f0131183_12323445.jpg


1三木(群馬)
2泉(福島)
3小泉(静岡)
5金子(栃木)

元気な若手の戦い。実力は5金子が一歩抜けているが、ヤンググランプリのような細切れ戦だから、誰が勝ってもおかしくない。
ちなみに、小泉ってのは、以前は東北(岩手?宮城?)だった選手。練習のためでしょうか、登録地を静岡に変更した。新聞をみたときに、
「静岡の小泉って誰?」と。

本命は、準決勝を7番手から3車併走の大外捲りで勝った2泉。
相手は金子で「仕方ない」。前回の静岡でもいい走りをしている。

で、結果は、5番手から捲りきり、金子の追走をわずかに交わして泉が1着。

なんと車単2-5で、1150円もついた。

無料カレー決定。


f0131183_12325690.jpg

A級の優勝なので表彰式があった。
賞品として「ころトン」のぬいぐるみがプレゼント。

ころとんとは、くまもんの真似をして、前橋市が公認した「ゆるキャラ」。
豚肉をイメージしている。
写真の中央におおきな丸いかたまりが写ってますね。
そんなぬいぐるみが賞品だなんて、、、、。
申し訳ない。前橋市民を代表して謝ります。


【9R】
f0131183_12331599.jpg

1レオナも気になるが、
2守谷(岡山)-8戸田(岡山)-5橋本強(愛媛)
のラインが魅力的。
去年だったか、西武園オフのときの「強い守谷」がまだ記憶に残っている。

守谷のギアは4.50。番手につけた後輩戸田の点数を確保するために徹底先行するんじゃないか、と噂されている。
後輩のために、先輩が徹底先行?
ないことはないが、、そんな報道をされる後輩がかわいそう。

だって、「先輩に点数を稼がせてもらうような選手」って言われたくないでしょ?
ということで(?)このラインの3番手「橋本強」から買う。
名前が強そうでしょ?というネタは以前にも書いた記憶がある、、、

5橋本から2車複などあれこれ。

で、結果は、
先行争いのおかげもあり、守谷の捲り炸裂。
そして4コーナーから3番手橋本が差し込んで、
5橋本-2守谷

おいおい、当てちゃったよ。
500バンクなら3番手の車券もありえるけど、
33バンクで、「3番手-先行」の車券だよ。いったいいくらつくの?

とドキドキが止まらなかったが、、、

あっさり止まった。

2車複 2-5 810円
2車単 5-2 2000円くらい

ナニコレ?
前橋のお客さんは、車券のプロばっかりですか?

もちろん、当たったのにマイナス。


でも、トータルで、カレー代金を差し引いても、5000円のお小遣いを頂きました。
前橋でプラスになったのは夏の記念以来だ。

「また来年も来てくださいね」
と言われてるみたいだね。たったの5000円で。


この5000円は明日(28日)からの立川へ寄付。
市田が登場するからね。
一躍有名人になった新田も。
[PR]

by akogarehotel | 2013-12-28 12:33 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< WCCF日記 平成25年12月29日 ヒルクライマー(高千穂遙 小学... >>