初心者目線のヒルクライム-ママチャリ練の成果 平成26年1月22日(水)

初心者目線のヒルクライム-ママチャリ練 平成26年1月22日(水)

f0131183_1832241.jpg


ちょっと、ちょっと、ちょっと!

すごいんですけど!


………

ママチャリクロスで鳥居まで往復して、何がどうなるんだろう、
と思っていたのだが、、、


最後にロードバイクに乗ったのは、去年の12月17日。
その後、ロードを封印し、あえてママチャリクロス(トップギア2.8固定、ダイナモライト常時点灯)に乗って、

★鳥居:往復24km、上細井から鳥居は平均4.5%
★畜産試験場:往復28km、鳥居から畜産試験場は平均5.5%

のどっちかを毎日乗り込んだ。
サドルを目一杯高くして、周囲から見れば「ヘンな人」と思われそうだが、
何を目的としてではなく、「とりあえず、やってみようか」的な気持ちで始めたのだが、、。

………

火曜日。1月21日。午後から休日。
久々にロードに乗った。1ヶ月ぶり。
そしたら、そしたら、、

めちゃくちゃ軽い!

え、これでトップ?
アウターのトップ(ギア4.18)を軽く感じる??

ママチャリの2.8と、ロードの4.18が同じ感覚ということにも驚くが、
(タイヤの細さとか、乗車姿勢とか、ビンディングペダルとか、自転車そのものの重量とか、のおかげ)

街中走行ならアウタートップだけでいいじゃん、これ?

いや、街中だけじゃない。
そのまま、いつもの場所まで上ってみた。


畜産試験場へ。
アウタートップで上ってこれた。
決してラクラクというわけではないけれど、
3ヶ月前に初めて赤城山に登ったときは、すでにこの辺りからファイナルロー(ギア1.8)でヒコヒコ言ってたのに。あの頃からすれば、随分な進歩だ。
ママチャリ練のおかげで、太ももが育ったのだろう。

高千穂さんの小説「グランプリ」のなかに、
『競輪選手はギア3.00のピストで山登りをする』
と書いてある。
お?これならおれも「世界の山ちゃん」に並べるか?とか小学生の妄想がふくらむ。

でも、なんだか、ワクワクしてきた。
山ちゃんはおいといて、これなら塩沢峠を「行けるのか?!」

まずは、明日、天空・大谷へ挑戦してみよう。

その前に、大ギアで上れたご褒美。
午後4時。ちょっと遅い昼食。
f0131183_1834762.jpg



………

そして、水曜日、22日。
「午前中の仕事」が2時に終わったので、早速出発。
1ヶ月ぶりの観音山へ。

★熱海 2.8km 平均5.7% 一部10%超あり
★大谷 500m 平均16% 一部20%超あり
★天空 760m 平均13% 一部25%超あり
「観音山コース」へリンク
「観音山激坂コース」へリンク

まずは熱海をトップ(4.18)で!

なんて思ったが、さすがに無理だった。やはり自分は普通民。
アウター6速(3.33)に落として、なんとか上りきった。
これでも小説「グランプリ」的には十分なわけだけど、まあ、「熱海コース」を山と呼べるのか、ということが争点でしょうか。

太ももが育ったから?「踏む」ことが自然にできるようになったので、
その効果で、
・引き足の意識が高くなった
・とくに、ダンシングのときに引き足を意識するようになった
・しかし、あまり意識して引きすぎるとビンディングがはずれる
・さらに、「引く」と「踏む」の中間で「回す」意識が少しできるようになった気がするが、気のせい?
・ダンシングのときに「以前よりもわずかに」上半身が安定するようになった気がするが、気のせいではないと思う
・その結果、和尚ダンシングとまではいかないが、少なくとも「棒立ちダンシング」ではなくなった
・で、腹筋を使うダンシングになったけど、これでいいの?

熱海のあとは激坂地帯へ。
久しぶりに「ちょっとした緊張感」を味わいながら。

大谷はインナー4速(1.84)
天空はインナー3速(1.67)
ともに、前回よりも1速アップ。
やっと上れた、という感じだけど、1ヶ月前は、それぞれ3速と2速で「やっと上れた」のだから、まぁ許そう。


それにしても観音山は赤城とは大違い。とても静か。車が通らない。
練習中は「おれ専用」。
ツツガムシがいるかも?という不安はあるが、冬なら問題なし。
自宅から40分かかるのが唯一の問題点。
往復も練習のうちですが、そんなに暇がないんだよなぁ。


ということで、午後5時!
遅い昼食。
f0131183_184754.jpg





………

赤城ヒルクライムのときにしか赤城山に来ない人のために。
この界隈が、どれだけ強風地帯であるかを示す写真↓
f0131183_1843049.jpg

これが無風状態での写真。

竹林が見えますね。
ひねくれた竹林が。
ねじまがった竹林が。
根性なしの、、、、
繰り返しますが、無風状態でも傾いてます。

このあたりは、冬はほぼ毎日「強風」。
でも、ヒルクライムが開催される秋は、風が弱いから安心してください。

でも竹林は、一年中しょげてますが。


………

しかし、最近、どうしても排気ガスが気になる。
自転車に乗ることが「健康的」かどうか著しく不安になる。
白川の迂回路には産廃処理地があるし、。

根本的に、、赤城県道で練習するのはそろそろ卒業したほうがいいだろう。

とはいえ、聖地「三夜沢」はちょっと遠いので、、、、。
現在、周辺の別ルートを捜索中。
[PR]

by akogarehotel | 2014-01-23 18:04 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線の三本ローラーの乗り... 12-13WCCF日記 全白リ... >>