初心者目線の朝練ローラーと外練ローラー 平成26年3月13日(木)

初心者目線の朝練ローラーと外練ローラー 平成26年3月13日(木)


通常は職場の室内でローラーに乗っているが、
先日、何も考えずに、朝、自宅の庭でローラーに乗ってみた。
そして、初心者には知らないことがたくさんあることに驚いた。


その1:朝練では体が動かない!

そりゃ、朝から体が動くわけないよ、と「一般人」は考える。
しかし、大学時代の水泳部の練習はほとんどが朝練だった。朝6時半から9時まで泳ぐ。数分の準備運動で体がほぐれるから、朝だからといって不調を感じたことはなかった。

ところが、
自転車(ロードバイク)には極端な柔軟性が必要らしい。ほぐれていない体では、「全然、乗れてない」。
昼間なら、5速でケイデンス120(時速45km)くらいは余裕で回せるのだが、
朝だと、ケイデンス110(時速40km)でも無理っぽい。
思いっきり回しても体がブレるだけで、全然速度が上がらない。
数分回しても、体がほぐれていかない。
風邪でもひいているのかな、と思ったが、
同じ日の昼間に回してみたら、いつもどおりに走れたので違うらしい。


とすると、、、、、

ヒルクライムのレースは、朝早くスタートすることが多い。
スタート地点も山間のことが多いから、気温が低い。
スタート前に、かなり体をほぐさないといけない。スタートの数時間前には起きている必要があるし、いっそのこと、朝風呂でもいいんじゃないか?とも思う。たぶん、中途半端なストレッチ体操では全然足りない。




その2:外ローラーは、つらいよ。

風が吹くと守るものがない。

落ち着いて考えれば当然。
平地を普通に走っていれば、どんな横風でもバランスを保つことはできる。
しかし、ローラーの上でそれは無理。
関東平野の空っ風の中で、ローラーに乗るには暴風設備が必要だ。
砂埃も吸い込むし、外でローラーに乗るってのは、あまりオススメではないようだ。


………

ちょっとした気の迷いで、外に出してみたローラー。
明日からは、しっかりと室内専用にします。
汗が落ちても大丈夫だから、なんて考えは浅はかでした。
[PR]

by akogarehotel | 2014-03-14 17:43 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線のヒルクライム練習の... 赤城山ヒルクライム用練習コース... >>