SSイレブン事件 平成26年3月18日(火)

SSイレブン事件 平成26年3月18日(火)


久しぶりの競輪ブログ。
そして、おそらく最後の競輪ブログ。

………

情報に疎いので、今頃その判定を聞きました。

【事件概要】

セブンイレブン事件ではありません。

平成25年に、競輪得点上位の選手が集まって独自に「競輪選手会」を立ち上げようとした。
独自の選手会であっても、これまでと同じ「競輪開催」は可能だから、と。
(目的は「不明」だが、ケイリン競技力向上のためとも訴えられている。このへんがグレーゾーンであり、一般的な争点。)
しかし、これは既存の選手会に対しての独立運動であり「謀反」でもある。
結果的には、謀反を中止したけれど、その独立運動に対する処罰が、先日発表された

★★★

佐久間理事長は「公営競技者として公正なレースをできない可能性を生んだという紊乱(びんらん)行為が処罰の理由」と説明し「(23選手は)この処分を重く受け止めて反省してもらいたい。お客様ならびに関係者の皆様にはお騒がせしましたことを改めておわび申し上げます」と語った。

 2月にG1全日本選抜で優勝し、年末のグランプリ出場権を得ている村上博幸について佐久間理事長は「開催委員会で判断されることなので何かを言うことはできない」とした。そして「制裁を受けて戻ってきた選手には温かい声援を送っていただきたい」と競輪ファンに向けてメッセージも発した。

▽処分内容
【1年間の競輪出場の自粛休場の勧告】長塚智広、武田豊樹、村上義弘
【8か月間の競輪出場の自粛休場の勧告】新田祐大、平原康多
【6か月間の競輪出場の自粛休場の勧告】佐藤友和、伏見俊昭、佐藤慎太郎、成田和也、山崎芳仁、渡辺一成、小野大介、古川功二、鈴木謙太郎、牛山貴広、稲村成浩、稲村好将、岡田征陽、豊岡哲生、川村晃司、稲垣裕之、村上博幸、藤木裕


★★★

「年末に半年の処分明けで復帰したばかりの武田が、また1年間の休場になる。」


武田のことをあまり好きではない私でさえ、そう思う。
茨城県民はどう思う?


細かいことは一般人の私には知る由もないが、
彼らだって、「良くなれ」と思って考えたことではないのでしょうか。

仮に「悪くなれ」と思ってとった行為だとしても、、、

処分が重いとか軽いとかではなく、


  「これじゃ競輪が成り立たないよ」



得点上位23人が半年不在になる。

WCCF的に言えば、5月以降のG1と、年末のGPが、一気に「全白大会」になるってこと。

野球ファン的にいえば、「2軍の試合」。
サッカーファン的に言えば、キラ選手使用禁止。マンUから、ファンペルシー、ルーニー、デヘア、そのほか抜き。
相撲なら横綱大関が欠場。
(残っている人には申し訳ないけど、「例え」ですので。)



主催者の内部事情なんて、ファンはどうでもいいよ。

「競輪」という開催がおもしろいか、どうか。
F1よりも、記念。
記念よりも、G1がおもしろいのは間違いない。

G1の決勝に得点110点がひとりもいない、とか、どうするの?



………


とりあえず、5月から「一人ストライキ」だね。

競輪を買わない、行かない、見ない。

いつまで?

「彼らが制裁を終えて戻ってきたら温かい声援をお願いします」

さて、1年後に「競輪ブログ」が復活するかどうか。



仕事上、ある競輪開催に「冠レース」を企画していたけれど、残念だけどそれも中止。




唯一の例外:

もしも市田が鬼の居ぬ間のG1で決勝に進出したら、車券を買いに行こう。

すごく自分勝手な例外だね。



………


(私自身の個人的なことはどうでもいい。)


この制裁は、競輪界が自分の首をしめることだと思うよ。


くどいけど、「武田をそれほど好きでもない」私が、「武田のいないG1なんて面白くない」と感じるのだから、、

武田を好きな人たちは、どう思ってる?
もどってくるまで、行儀よく待ってるの?


あっという間にファンが離れていくのでは。


次に廃止されるのは、取手ですか?向日町ですか?それとも、いわき平?

それとも、競輪そのもの?


今、選手を目指している若い人たちがかわいそうだ。
[PR]

by akogarehotel | 2014-03-19 06:11 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 最後の競輪ブログ その2 平成... 初心者目線のヒルクライム練習の... >>