車坂峠ヒルクライム (その1)…レースに関係ない佐久小諸旅行記 平成26年5月10日(土)

車坂峠ヒルクライム (その1)…レースに関係ない佐久小諸旅行記 平成26年5月10日(土)


恋も二度目なら♪

ヒルクライム参加も二度目なら、
随分と手慣れたものです。今回は、こんな格好で参加。
f0131183_13585025.jpg

輪行。
やはり、「自転車に乗るためにガソリンを燃やす」というのはかなり抵抗があります。


土曜の午後、仕事が終わってから2時半に新前橋駅。
新幹線とローカル線(しなの鉄道)を乗り継いで、午後4時に小諸駅に到着。
f0131183_1359753.jpg

しなの鉄道は、昔は「信越本線」といわれ、特急が何本も通っていた地方の中心路線。しかし、新幹線の開通とともに第三セクター(半分公営)に格下げされ、すっかりローカルなイメージになってしまった。1時間に1本前後の運行量。

宿は小諸駅前の「小諸ロイヤルホテル」
f0131183_13592344.jpg

何がロイヤル(王国風)なのでしょう?
奮発して1泊9000円のダブルルームにしてみましたが、、、。
ま、規模が小さくて古いという以外には不満はなかった。部屋は清潔で、職員さんも対応がいいし、気軽に荷物を預かってもらえるし、。
ただ、今回のようなイベントがない限り、経営は非常に困難でしょう。来年まで残っているだろうか…

ヒルクライムの前日受付は午後五時まで。
宿に荷物を預けて、急いで受付会場の「信州青少年の家」へ。
f0131183_13594334.jpg

駅からタクシーで2000円。山をかなり登ったところにある。もちろん、ロードで来てもいいんだけど、午後5時までに間に合うか?ついでに、前日に自転車に無理をさせたくもなかったので、、、

f0131183_1402671.jpg

その青少年の家からの見晴らし。ここはスタート地点とほぼ同じ標高。
ちょっと、スタート地点が高すぎないか?
せっかくの「田舎町」(失礼)なんだから、もうちょっと下からスタートしてもいいのに、と思う。前橋なんて、無駄に危険に「下」からスタートさせてるんだから。

受付手続きは2分で終了。タクシーでホテルへ戻る。自転車で来ればよかったな…

………

午後5時。
宿に到着して、本日の業務終了。あとは何をしよう?

考えるまでもなく決まってるけどね。

今回は輪行のため、荷物は限定して少なくしてきた。
WCCFカードもデッキケース1つぶんしか持って来てない。1つぶんしか。
f0131183_1404456.jpg


小諸にはゲーセンはない。
ゲーセンどころかコンビニさえも駅から500mのところに1軒あるだけ。
もちろん、それが小諸のいいところ。
約10km離れた佐久まで行けばなんでもある。

明日のレースのために、今日は自転車に乗らないことに決めている。
佐久までは「小海線」で行く。

★★★

JR小海線
小諸-佐久平-小淵沢(こぶちざわ)
f0131183_141696.jpg
 
f0131183_1412015.jpg


 小諸から佐久までは市街地。佐久からは千曲川に沿って八ヶ岳東面へ。そのまま南下し、清里などを通り中央本線の小淵沢で終点。

乗り鉄的には非常に価値のある路線。
「JR路線の標高最高地点を走る」
国道標高第二位の八ヶ岳。JRはめでたく第一位だ。
(国道標高第一位は草津・志賀高原。さすがに電車は走ってないからね。)
さらに、近年は、いち早くハイブリッド電車を導入したことでも有名。
最近は「八ヶ岳高原線」なんて呼ばれているが、やはり小海線の名前を残して欲しい。

そんな有名路線に今まで一度も乗ったことがないなんて、恥ずかしくて口外できない。せっかくだから、ちょっとだけ乗ってみた。
小諸から佐久平まで。

佐久平までなので、気の利いた風景写真もないが、、、浅間山は常に大きくそびえてます。
地元の人にとっては、何がそんなに特別なの?という感じでしょうか。
前橋市民にとっての赤城山みたいなもんですかね。


………


小諸から15分で佐久平駅。
駅から約1kmの距離を、クリートをカチカチいわせながら歩いて、20分。
途中、吉野家で夕食を食べながら、ゲーセンに到着。

WCCFが撤去されてないかと心配だったが、、、
f0131183_1414960.jpg

大丈夫、外からセンモニが見える。
って、、、珍しい設置の仕方のゲーセンだね。

f0131183_142413.jpg

1000円10クレ。
バーアプ直前だけど、先客2人。ま、クリカカメシルニプジョな人ですけどね。そういう意味でも、一人モードの導入は非常に大きな価値がある。

一人モードで育成しながら、WTを1戦だけ。まぐれ勝ち。
細かい内容は後日。
簡単に、
SSS アドリアーノ、レコバ、チアゴモッタ、マリガ
SS シセ、ケール、白テリー、キャラガー
S ビアトリ、シュマイケル、リーセ
A ブルキッチ
B スミス

絆、ポップン、ユビートなど一通り遊んでいたら、電車に乗り遅れた。
佐久発20:00の次は、21:15。
明日のために夜更かしはできないので、タクシーで小諸へ。
小諸のタクシー業界には随分と貢献した一日。
[PR]

by akogarehotel | 2014-05-12 14:02 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

Commented by コシュ at 2014-05-13 11:02 x
続き楽しみです。
ガソリン燃やすの嫌と言いつつタクシー乗り放題はつっこまないところ?
Commented by akogarehotel at 2014-05-14 06:01
コシュ、ありがとう。

地方経済を活性化させるというのが私の任務。

続きってのは、WCCFの続き?
(全白立ち上げ25戦無敗でICC、というチームがあります。)

コシュが欲しいって言ってたのは、バレンシアの白DFだったよね?
まだ引けてないです。

名前
URL
削除用パスワード

<< 車坂峠ヒルクライム (その... 初心者目線のサイクリングジャー... >>