赤城山ヒルクライムに関する小さなお話 平成26年6月1日(日)

赤城山ヒルクライムに関する小さなお話 平成26年6月1日(日)



その前に、、


たとえば、

若手の徹底先行が引っ張る地元4人のライン。
その番手の選手が、
 「後ろがどうなってるか確認できなかった」
て、どういうこと?

最終ホームで、
4人(あるいは3人)が出切れば、早目の番手捲りで2番手と3番手の選手でゴール前勝負でいい。
もしも3番手が他ラインに取られていたら、、
番手の人間は、先行との車間をあけてギリギリまで捲りを我慢して、いわゆる「自分だけ届く」捲り追い込みをすればいい。

それを、、、「後ろを確認できてなかった」と言いながら、早めの番手捲り。
結果的に、3番手に入った他ラインに差されてる。。。
どんだけ舞い上がってたんでしょうか。

こういう奴にこそ「熱い声援」を送らねばいけない。
「タヒね」でもいいんじゃない?


問題なのは、これが記念の決勝てことだね。
どこまで低レベルの争いですか?

浅井選手の脚の違いだけが目立ったレースでした。あんな不利な位置からよく3着まで届いた。でも武田なら差しきってただろうけど。


そんな私は、トゥザワールドとともに撃沈。。。。

(競輪に対してはファン目線なので厳しく)


★★★

(一方、こちらはロードバイクなので初心者目線)


「石川、田村、矢口、手島」
これ何でしょうか?

群馬県所属の競輪選手?てことは、小学生でも答えられる。
さらに?

手島選手 1時間13分55秒
石川選手 1時間17分20秒
矢口選手 1時間29分57秒
田村選手 1時間30分58秒

去年の赤城ヒルクライムのタイムです。

競輪選手がこんなに参加してたの?!みな、盛り上げてくれますね。
(むしろ、シャア新田の名前は見つからなかった。)
で、注目はもちろんそのタイム。


引き足やスタミナ配分をまったく理解していない私が、去年の10月にヘロヘロで登ったときが、、自己測定で1時間30分だった。
これって、測定を間違った???
まさか競輪選手と同レベルで走れたわけないし。。。

間違いなんて想像もしていないから、今年の目標タイムもエントリータイムも、恥ずかしいくらいにビッグマウスになってしまった…


…(小さな声で)実は、1時間くらい切れるんじゃね?くらいに、おぼろげに考えてたりしたんです、、、、、すまない


つい先日の榛名ヒルクライム(ハルヒル)を優勝したのは群馬県の高校生。
石井くん。ちなみに、お父さんは元競輪選手。現在は多種多職とともに、「イシケンさん」という有名なブロガーさんです。
その石井くんの去年の赤城のタイムは、
   1時間01分53秒

ハルヒル優勝者でも1時間を切ることはできなかった。
去年の赤城で1時間を切った選手は、5人だか、6人だかしかいない。それくらい高嶺の花のタイムなんだね。

ということで、さすがに「1時間」なんて言葉は、聞くほうも冗談として受け止めてくれるとして、、、、。
じゃぁ、エントリータイムは?


………

タイム比較 「今年の車坂」→「去年の赤城」

塚○さん 46分31秒 → 1時間01分55秒
野○さん 49分09秒 → 1時間04分19秒
小○さん 51分12秒 → 1時間08分18秒
丸○さん 55分07秒 → 1時間10分22秒
小○さん 55分14秒 → 1時間19分10秒
私    55分20秒 →    ???

ヒルクライム2戦めでやっとペースってものが分かりかけた車坂の私。
ロードに乗り始めてまだ1年もたっていない車坂の私。
ジャイアントの10万円の完成車に乗る車坂の私。
輪行アウェイで初コースだった車坂の私。

あと4ヵ月後の「ホーム」赤城で、新車に乗れば…?

1時間15分とかで、エントリーしちゃったんだけど…汗

これで1時間半も切れなかったりしたら、、、
「ただの金持ち」「DURA-ACEの無駄遣い」
恥ずかしすぎる。


ボソッと、、

「がんばって練習しよう。」


………


でも、1時間15分で走れば、競輪選手に勝てちゃうってことでしょ?
(競輪選手がレーサー(ピスト)で参加してた可能性がありますね。でも、それで1時間13分は間違いなくバケモノ。)

というより、もっと驚くことは、、

競輪選手と同じレースを走れるの?
巨人の1軍選手と練習試合をするようなことだよ。すごすぎない?
こんなすごいことが、さらっと行われてる。
コース設定では非常に文句の多い赤城ヒルクライムだけど、開催そのものは本当に素晴らしいイベントです。


ちなみに、前述の「石井親子」。お父さんの石井さんは69期だそうです。私と同年齢なんですけど。。。。走らないのですか?



そういえば、yagitaさんのタイムも見つけましたよ。
私の去年の自己測定が「計測ミス」じゃなければ、
「yagitaさん、もっとペダルを回してください!」
[PR]

by akogarehotel | 2014-06-02 12:45 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 上毛電鉄 平成26年6月3日(火) 1213WCCF日記 全白アド... >>