スノーピーク キャンプフィールド 平成26年6月15日(日)

スノーピーク キャンプフィールド 平成26年6月15日(日)


f0131183_1844991.jpg

今週末もキャンプです…
今年二回目です。


f0131183_1851140.jpg

テント・シュラフなどのキャンプ用品を製作販売する会社の「スノーピーク」が直営するキャンプ場。
新潟県三条市にある。とてつもなく巨大。

三条といえば、あの弥彦競輪場から電車で1本。交通至便。
新幹線の燕三条駅からも、高速道三条燕インターからも近いので、首都圏からのお客さんがそこそこ押しかけます。

といっても、、かなり遠いんだけどね。

前橋から3時間弱。
東京からなら4時間半くらい?
みんな、キャンプが好きだねぇ。理解不能。
豪華なセンター棟です。キャンプ業界の景気はいいようです。
f0131183_185332.jpg

至れり尽くせりというわけではありません。
が、
こんなところに来る人たちは(私を含めて)キャンプ上級者が多いですからね。
不便を不便とも感じないでしょう。
少なくとも、ラクをしたいなら軽井沢スィートグラスのほうがいいね。

ちなみに、テントといえばスノーピーク以外にも「コールマン」社が有名ですが、コールマン社製のテントはほとんど見かけませんでした。
そりゃ、阪神のユニフォームを着て、東京ドームのライトスタンドで応援するようなものですからね。(って、そんな人が、ごくまれにいますが。)



キャンプサイトは広大で何もない大草原。
東京ドームの何倍かはわからないけど、グリーンドームの100倍くらいはありそう(単純に縦10倍、横10倍)。山や谷もあり、芝生をそりで滑って遊べる。
子供たちは、あちこち駆け回ったり、、、
f0131183_1874752.jpg

f0131183_1881728.jpg

寝転がったり、、
f0131183_188431.jpg



自分的には、
「自転車でならアルプスも登てるが、歩くのは200mだってイヤ」
という自転車脳。
そんな人がこんなキャンプ場で楽しめるわけがないね。
子供のために、料理を作って、テントを張って、寝袋を用意して、
子供のために、着替えさせて、寝かせて、、、
子供のために、朝から片付けして、テントを撤収して、、、



楽しくないわけではないんだけど…


ワールドカップの日本戦すら見ることができない。
競輪なんて論外な一泊二日でした。
[PR]

by akogarehotel | 2014-06-16 18:08 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 初心者目線の赤城トライアル 平... 自転車目線の解剖学講義-ハムス... >>