ギロッポン 平成26年6月29日(日)その2

ギロッポン 平成26年6月29日(日)その2


その2は、競馬とWCCFのお話。

この週末はこんなところへ行ってきました。
f0131183_19291096.jpg

東京タワーを撮影している時点で、田舎者ってことがばれちゃうけど、
(新宿区民だったころでさえ、東京タワーなんてめったに見えなかったけど)

その撮影場所で後ろを振り返ると、、、
f0131183_19293336.jpg

六本木ヒルズです。
こっち側を撮影しているのを見られるほうが恥ずかしいね。


………

土曜日は、馬券友達の飲み会で六本木へ。
六本木なんて10年ぶり。新馬のように、あちこちキョロキョロしちゃいます。

毎年、有馬記念と宝塚記念の前日に、昔の職場の友達数人で集まっている。20年近く続いている集まりだが、私が参加するのは約3年ぶり。

幹事は、私が新卒時の職場のY先輩。
Y先輩は競馬が死ぬほど大好きで、
私が新卒のときには、後楽園まで何度も馬券を買いに行かされ、
今は社台の会員で、あのブエナビスタで大儲けし、その後、なんと、、
 「中央競馬会の個人馬主」
になったと!

ドラマ「やまとなでしこ」で宣伝されて、一躍有名になった肩書き。
世の中に金持ちがどんだけいようとも、中央競馬の馬主さまにはかなわない。ただ単に、金を持っているだけじゃなくて、

金をムダにしてもかまわない

そんな人たち。そんな異常な人たち。
そんな人が幹事の飲み会なので、場所はグランドハイアット。
六本木ヒルズに隣接しているホテルなのに、六本木駅方面からは案内板が1つもない。ヒルズとの間に非常にわかりにくい通用門みたいな連絡通路があるのみ。気軽に近づけないようになっている。
そのグランドハイアットの、客室用のエレベーターを上がった6階にある個室の和食。
f0131183_19295638.jpg

まさに馬主さん御用達。昼はランチが2500円だそうです。
部屋の外には(ホテルの中庭)こんな旗が↓
f0131183_19301442.jpg

こういうのを本当の「水商売」っていうんだろうね。
恥ずかしいので、かき氷の値段を聞けませんでした。


会合の目的は、翌日の宝塚記念の馬券の相談。
みんなで「G1ひとつあたり3000円」を投資し、その回収額合計を宝塚記念にドカンと投資する。
私の回収額は1万円弱だが、Y先輩が10万馬券を当てたりしているので、今期の回収額合計は30万円(会員6人)。

そのうち10万円は今夜パーッと消えるので、
残りの20万円が明日の馬券。その買い目を決める飲み会なのだが、、、

まずは乾杯。そして飲む。
まずは飲む。そして高級和食。そして飲む…
そして高級日本酒。そして飲む…

もう飲めません。。。

『そろそろ馬券を決める?』
『適当でいいんじゃない?』
『よくわかんないから三着は全部でいいかな?』

毎年、こんな感じ。
20万円ぶんの馬券の相談を、酔っ払い数人で5分で決定。その場でネットで購入。間違えずに買うことが最大の問題だったりする。


われわれはJRAにとって、いいお客さんであることには間違いない。
でも、JRAはどこかの自転車団体と違って、ファン重視だから。

Y先輩 『なんか競輪が大変なことになってるんでしょ?』

私が詳細を説明すると、

Y先輩 『ふーん』

セレブの人には、どうでもいいことみたいです。


………

解散後、
六本木にはゲーセンがないから、一人で秋葉原へ移動。
松屋で牛丼を食べてから、レジャーランドへ。東京レジャーランドは1000円6クレ。いまどきありえない最高値。それでも客がいるのはAM1時まで営業中だからだが、、、12時半で追加クレジット禁止。都内はルール(風営法)が厳しい。

「U-80」というどうしょもなく弱いチームを立ち上げた。
つらいかも…

秋葉原のビジネスホテルにたどり着いたのは、レジャーランド閉店後。
当然、ブラジル対チリ を観戦。寝ながら観戦。

そのまま、日付は日曜日。6月29日。
朝6時の新幹線で宇都宮へ。
ホテルの滞在時間は何時間?

宇都宮から日光線で鹿沼という町へ。
昨日から、ここでキャンプをしている家族を迎えに来た。

ご存知のとおり、雨の週末。
そこまでしてキャンプするか?




宝塚記念??

そんなのどうでもいい…
[PR]

by akogarehotel | 2014-06-30 19:29 | あちこち旅行記 | Comments(1)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2014-07-01 20:35 x
お騒がせしましたが、リンクの出し方が分かりました。
で、有無を言わせずにここをリンクしましたので、私んとこもリンクしてちょ。
名前
URL
削除用パスワード

<< パソコン修理中 平成26年7月1日 12-13WCCF日記 フラン... >>