リゾナーレ八ヶ岳(夏休み、その4) 平成26年7月29日(火)

リゾナーレ八ヶ岳(夏休み、その4) 平成26年7月29日(火)


ビールがおいしい夏休み3日目のお話。


今回の夏休みは4日間。
キャンプ場で2泊を過ごした。最終日くらいはゆっくりと贅沢しよう。
ということで3泊めは「リゾナーレ八ヶ岳」へ。
f0131183_13555310.jpg

f0131183_13561112.jpg

「りぞなーれ家は、よいところですな」

ここに来るのは、もう4回目になるかな。
最初の頃は中国人のような対応をするアルバイトの方々がいてびっくりしたけど、この数年で、だんだんと進化してきた。
沖縄などとは、比べるのも失礼なくらいに、苦痛に感じるものが全くない、本当のリゾートになりつつあると思う。
しかも、飛行機を使わずに自転車で来れるんだから、長期休暇に行く場所として、ほぼ一択だ。
[リゾナーレ八ヶ岳]
たとえば、
ロードバイクの置き場をフロントで尋ねたら、『邪魔にならなければどこに置いてもいい。ホテル玄関でもいい、客室内でもいい』と即答。
普通レベルのホテルだと「しばらくお待ちください」と言われて、そのまま20分くらい待たされたりするのだが、、、、
ツールド八ヶ岳や八ヶ岳グランフォンドなど、自転車イベントの存在のおかげでしょうか。優しい対応です。
(でも、さすがにホテル玄関に置くわけにはいかないから、建物のすみっこの方に置いておきました。)


子供用の屋外イベントは盛りだくさん。
来るたびにチャレンジするのは「空中散歩」。木の上を、張り巡らせたワイヤーを伝って渡り歩き、最後に地上へ滑降してくる。このほかに乗馬、MTB、大波が出る室内プールなどもある。
ホテル内にはカブトムシも飛んでくる。
f0131183_13563442.jpg



うちの子供のお目当ては、ものづくりコーナーの「オーブン粘土」。
『プレモ』という粘土を使い、オーブンで焼くと、簡単に人形が作れる。そんなこと自宅ででもできるのだが、ここには神様のような先生がいる。
その先生が教えてくれると、なんでも完璧にできあがる。
『お父さんじゃ、だめなんだよ』と。

前回まではひたすらポケモンを作り続けていた長男だが、今回はもちろん…

つくりかけ、その1、これが何になる?
f0131183_13565120.jpg


つくりかけ、その2、これが何になる?
f0131183_1357942.jpg


さて、できあがり。
f0131183_13573154.jpg

妖怪ウォッチ×5。
1つは私の作品。
1つは長女(幼稚園)の作品。
残りの3つが長男(小学生)の作品。
え?みんな同じ?


………


そんなリゾナーレは、僕だけではなく、多くの方々から大絶賛なのだが、
こんな本をみかけた。

『子供にさせたい20のこと』(どこかの誰か著)

その20のうちの1つが「リゾナーレ八ヶ岳で過ごす」だそうです。
うーーん、そこまで?
リゾナーレはよいところだけど、そればかりじゃ単なる「どら息子」を育てるだけに思うけどね。「20のこと」の残りも海外の島で過ごすとか、、まぁ、そういう意見もあるんだろうね、というゲーセンブログみたいな内容の本でした。

ちなみに、私が本心から「子供にさせたいこと」は、たったひとつ。

・自分で計画してサハラ砂漠へ行くこと

その理由は、やった人にしかわかりません。
5日間の休暇と20万円があれば可能です。
サハラ砂漠に行ったことがあれば、少なくとも、4WDで浅瀬を走って、オレスゲーパパスゲーなんてことは絶対にやらない。川が汚れるから、という以外にも理由がありすぎる。そのうえ、川の中洲にテントを張るなんて…
[PR]

by akogarehotel | 2014-08-02 13:57 | ホテル日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 小淵沢~佐久、帰り道(夏休み、... 八ヶ岳(小淵沢)界隈の子供の遊... >>