いつの間にかにキャンプ日記 平成26年9月7日(日)

いつの間にかにキャンプ日記 平成26年9月7日(日)


この週末は、キャンプ場に泊まって、翌日ヒルクライムという予定だったが、
嬬恋ヒルクライムが土砂崩れのために中止。
北軽井沢のキャンプ場には影響はなく、キャンプだけが予定通りに。


f0131183_12444658.jpg

北軽井沢スウィートグラス

もはや何度目なのか uncountable:数えられない = たくさん。
いつもいつも、本当に混雑しています。
暑さが一段落した(というか夜になると極端に冷える)ので、真夏よりもさらに混雑している。
f0131183_1244412.jpg

f0131183_12442582.jpg

テレビ番組で取り上げられたのがいいのか、悪いのか。
キャンプ場の定員は決まってますからね。


今回は、ハンターテントに宿泊。
f0131183_1245726.jpg

すでに設置されているテントと、屋根つきBBQ施設。
テントを設営する手間が省けるというよりも、非常に強固で大きなテントが「売り」。テントの中には、土間とベットスペースが区別され、さらに薪ストーブとテーブルまでもが設置されている。
規模的には、テントというよりは小屋だ。

この日は、夜から雨になったので、屋根つきBBQが非常に重宝した。さらに、夜中には15℃前後まで一気に冷えたので、あわてて薪ストーブを始動させた。
前橋では30℃になる日なのに、さすが軽井沢。雨の夜はかなり冷え込む。そんな状況でも、不満が1つも発生しないハンターテントはかなり強力な要塞だ。
欠点といえば、唯一、布のカビのような水のようなニオイが、わずかに気になるくらい。


【トウモロコシのおいしい焼き方】
①そのへんの直売所で、皮のついたままのものを買う。
②BBQ台の端っこの、なるべく弱火の場所で、皮のまま焼く。
③皮がまんべんなく薄茶色に焦げ目がつくまで、転がしながら焼く。約30分。
④できあがり。そのままかじってもよし、輪切りにしてもよし。トウモロコシそのものには焦げ色がついていなくともかまわない。

おいしさの最大の理由は①だったりしますね。


翌朝には雨がやみ、いつもどおりにトランポリン。
f0131183_12452991.jpg

2月の大雪で崩壊した屋根つきトランポリンが復活していた。これなら雨でも問題ない。

その後は、森の中のアスレチックで「宝探し」など、やはり子供にとっては楽しい場所なんだろうね。

しかし、レンタル自転車だけには苦言。
僕が自転車にうるさいとかいう次元ではなく、、、
トレックのMTBなどが、1時間500円で貸し出しされているが、、、
せめてブレーキくらい利かせて欲しい。。。
ワイヤーがさびついて、ブレーキ、ギアがほとんど機能しない。10年以上も雨ざらしで置いてあるから仕方ない?そこそこ儲かっているんだろうから、お願いします。


………

ところで、

この日は、スウィートグラスで結婚式が開かれていた。
それはそれで、いいことだろうが、、なんと、、

新郎新婦もお客さんもキャンプ場に宿泊するらしいのだが、
男性はスーツに革靴。女性はドレスにハイヒール。
こんな格好で、キャンプの準備をしている。。。

小雨の中で、その衣装が回復不可能になるのではないかと心配です。
せめて「カジュアルな服装でお越しください」と主催者が言ってあげればよかったのに。

そんなだから、受付で、
「シーツありますか?枕ありますか?」
と尋ねている超露出ドレスの女性がいても当然で、キャンプスタッフが、
「寝袋なので、シーツなどありません」
と応えているのも正しい流れ。

ただ、夜中にあれだけ冷えたのが大丈夫だったろうか、
おかげでキャンプが嫌いになったりしないか、とどうでもいい妄想。


………


ということで、この日も雨。
前回の軽井沢キャンプも雨。
今年の春から順番でまとめると、

晴 軽井沢スウィートグラス
雨 鹿沼
雨 三条スノーピーク
晴 八ヶ岳ウッドペッカー
雨 軽井沢クレスト
雨 軽井沢スウィートグラス

降水率66%は、今年の雨量から考えれば、期待値どおり。
むしろ「雨なのにキャンプするのか?」という疑問難問。

いや、それよりも、来週末もキャンプが予定されているという事実。
本当に日記の題名が代わっちゃうよ。

もちろん、日曜日には自転車の練習ができなかったので、ストレス警報発令中。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-08 12:45 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 赤城ヒルクライムの予習 平成2... シマムラのサイクルジャージ 平... >>