いつの間にかにキャンプ日記:キャンピカ、ぐりんぱ 平成26年9月13、14、15日(土日月)

いつの間にかにキャンプ日記:キャンピカ、ぐりんぱ 平成26年9月13、14、15日(土日月)


はい、今年7回目のキャンプ。

去年までなら、7回行けば、7回ともスウィートグラスだったけど、
今年は、あちこち行ってみよう、的な発想。

今回は、念願の「富士山が見たい」だそうです。


、だそうです、ってのは、僕以外の家族の意見ってことで。


………


キャンピカ
f0131183_2033482.jpg

(↑雲がなければ富士山が見えるはず。ただし天気上は「晴れ」。)
富士山のふもと。5合目の直前。標高1300くらい?
ひとことで、「寒い」

標高のせい、および富士山が近いせい?
そのために、天気が非常に不安定。
一日のうちで、一度は必ず雨が降る?というくらい。

だから、昼間の気温が上がらないのだろう。そのぶん、夜から朝にかけてググッと冷える。
同じ標高の軽井沢と比べて、さらに一段以上に寒い。

昼間はTシャツ1枚でもよかったが、夜から激寒。

寝るときは、Tシャツ、ヒートテック、パーカー、ウインドブレーカー、靴下、そして寝袋。

ちなみに、我が家のテントは「寒くても大丈夫」という超高級品らしいです。

その寒さは、誰もが想定内のため、炊事場が室内にあり、お湯が常に出る。お風呂もきれいなものが用意されている。
清潔な室内トイレには、当然、暖房がガンガンに利いている。
ともに、キャンプではあまり見かけない規模です。




ぐりんぱ
f0131183_2033399.jpg

(↑雲がなければ富士山が見えるはず。ただし天気上は「晴れ」。)
遊園地、というかアスレチック。
以前は「日本ランド」という名前だったらしい。

迷路のようなアスレチックが多数ある。
子供たちは、どれで遊ぶか迷うくらい。
こんな山奥にあるのになんでこんなにお客が来るの?各アトラクションが30分待ちくらい。


ただし、キャンプ場と同じく、天気が不安定。
富士山が見えることのほうがラッキー。小雨が降らない日はないと思った方がいい。
ウインドブレーカー必須。


………


土曜日。
仕事が終わって、2時に駅へ。
新幹線など乗り継いで、5時半に到着。
家族が先に着いているので、ゆっくりとテントの仕上げ。

と思ったら、、

近くのサイトの女の子が火傷。
痛くって泣いている。かわいそうに。

素通りしてもよかったけど、、、

火傷を見せてもらったら、、、、なんと、水泡ができている。
2度(正確にはは専門外)。
いずれにしろ、そこそこの治療が必要。

ステロイドを塗って、NSAIDsを飲んでもらって、
でも、基本は流水で冷やす、ということを思い出して、、

なんだよ、仕事しちまったよ。



最近、子供にはやさしい俺です。
その理由はコシュが知っている。

と、宣伝。


………


日曜日。
一日中、ぐりんぱ。
しかし、超混雑。
「年に3回あるかないかの大混雑」だったらしいが、、

まぁ、想定内。連休だから仕方ない。

ワイヤーアスレチックという木の上を渡るアスレチックが、一番の混雑。
2時間待ちのふれこみを、1時間半並んだ。

すると、そのとき、急に子供が腹痛。

テントに帰って休憩した。
待ち時間がぁぁぁぁ

しかし、その後に大雨。
早めに帰って来れて「運がよかった」と長男。
プラス思考万歳。


………


月曜日。
帰り道。
噂の圏央道の威力はすごかった!

八王子ー海老名間が開通したため、関越道から東名までスイスイ行ける。行きも帰りもほとんど渋滞していない。

キャンピカ(富士山)を正午に出て、御殿場インターを12時半。
連休の渋滞が始まる前に、海老名JCTを通過。

午後3時。なんと2時間半で前橋に到着。
近いな。近すぎる。

おかげで、競輪のオールスターに間に合ってしまった。
車券を買いに行ってしまった。


楽しい、清潔、でも寒い!
でもそれ以上に近い!

また行きたいキャンプ場だね。


………


ということで、天気が「晴れ」であるにもかかわらず富士山は見えませんでした。
そういうもんだよ、富士山って。

富士山が見たいなら、こちらへリンク


子供たちは、遊園地が楽しかったので、富士山なんてどうでもよかったみたい。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-15 20:43 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< オールスター競輪 決勝 平成2... オールスター風オールスター競輪... >>