赤城山ヒルクライム(第4回)と群馬県選手権 (その2) 平成26年9月28日(日)

赤城山ヒルクライム(第4回)と群馬県選手権 (その2) 平成26年9月28日(日)


前半部分がヒルクライム。後半が水球。


★★★


(その2)は写真集中心。

f0131183_18111685.jpg

下山して一息。
やっぱ、アーセナルだと気合が入ります。
そんな意味で、箕嶺休憩所で『アーセナル!』と応援していただいた人には感謝。


f0131183_18105536.jpg

ゴール直後の大沼。荷物受取所。
まだ閑散としている。
支給された下山荷物袋をそのまま背負ったら紐穴が破れてしまった。。
仕方ないから、片手で持ちながらヒヤヒヤ下山。
リュックを持ってくるもんなんだね。


f0131183_20241960.jpg

下山待機所。
第一陣が出発した8時45分の時点で、そこそこの順番待ち。
みんな、渋滞するのを知っているから並びが早い。

で、下山途中に救急車。やはり、無事故では降りきれないよね。

のぼりとくだりが同じ時間、というのが原則のようです。
1時間で登れる人なら、まだすいているから1時間で降りられる。
のぼりに2時間かかる人が降りる頃には、もう渋滞なので2時間かかる。

「下りが時間がかかりすぎる!」と怒っている人は、あなたが登るのが遅いからです。



f0131183_18113557.jpg

僕のシートポスト背面に、目立つように貼られたシール。
僕なぞに抜かれた人は、もれなく拝みなさい。「自縛霊」だから。


………


今日(月曜日)、早くもリザルトが出ています。→HPへ
私のタイム:1時間12分47秒。
40代順位:43位(1000人中)

リザルトには各選手の出身地が掲載されています。
で、「40代の前橋市民」と限定すると、なんと、、2位!
惜しい!
前橋市民40代1位まで、あと2分くらい。でもその人は有名な「パナマ」所属ですので、、、


ちなみに、競輪支部会からは3名の方が出場。
そのうちの2人、手島さんと木暮さんには勝てました(^^)

なので、家族から「どうだったの?」と聞かれて、タイムと順位を言っても、イマイチ理解できてないようなので、、、

『競輪選手3人のうち、2人に勝った』

と説明しています。すげぇ、わかりやすいみたい。


ちなみに、僕の前で先行してくれたチャンピオンのTさんは、1時間5分。
さすがです。
しかし、去年の優勝時のタイムは1時間1分。オレのせい?


………


これで来年の目標ができました。
タイム1時間5分。
Tさんの前傾姿勢の秘密を解明して、料金所から先で離されないように。


え?引退?
するわけないじゃん、こんな楽しいのに。



★★★


さて、ここからは水球の話。

下山してイベント会場は、「疲れた、終わった」感が満載。
でも、僕には次の予定が待っている。
カレー、焼肉、ジュースなどを急いで食べて、敷島へ。

f0131183_18115766.jpg

  「群馬県選手権(水球)」

午前10時半。敷島プールに到着。
第二試合に間に合った。

………


群馬県の水球事情。
群馬県は、少なくとも30年以上前から、全国レベルの水球王国。
前橋商業高校を中心として、小学生チームから国体チームまで、常に全国優勝を争うレベル。

とはいえ、所詮はマイナーなスポーツ。
県内で水球部の存在する高校は、強い順に、
 前橋商業商業高校
 前橋南高校
 前橋高校
の3つしかない。
(ちなみに、赤城山ヒルクライム脳の人にとっては、「前橋高校」というと市立前橋高校でしょうが、正しい群馬県民にとっては「県立前橋高校」のことになります。市立前橋高校の一般的呼称は「昔の市立女子高」かと。)


そんな状況での「群馬県選手権」とは、
現役高校生チームやら、各高校の卒業生チームやら、小学生チームやらが対戦する「お祭り」大会。
卒業生にとっては、年に1回の貴重な試合です。
『生涯スポーツとして水球を続けていただきたい』
とは、ユーシ君の挨拶。全く同感。

そのためにも、水球がドラマになって、アジア大会でも好調なので、もう少しメジャーになって欲しいところです。
f0131183_18121954.jpg



ということで、私は前橋高校卒業生チーム。

前日情報では、僕を含めてメンバーが7人ちょうどしか集まらないとのこと。
フル出場ですか?と覚悟していたら、
当日、城北高校出身の群馬大学医学部生というスーパー助っ人が加入。
これでメンバーは8人に。

え?城北高校なんてずるい?
それを言うなら、ユーシ君が「前橋商業OBチーム」ってのも大問題。


といっても、水球は7人だけでは試合にならない。
途中でのメンバー交代が大前提。だから交代数に制限はない。
なので、各ハーフ(5分)で2分くらい試合に出されましたが、、、、


「ハーフ5分」というのは、水球ではファウルのたびに時計が止まるので、試合時間としては倍の10分くらいになります。バスケットボールと同じです。


いや、もう無理だってば、さ、、。
30mダッシュ一本で死ねます。。。


ちなみに、うちのメンバー内には、東京大学水球部主将(前橋高校卒業)なんて奴がいます。もてまくりだろうね。
f0131183_18125384.jpg


恥ずかしい試合結果は、、
 対 小学生:引き分け
 対 前橋商業OB:負け
 対 前橋南OB:負け


………

本日最後の一枚。
f0131183_1814437.jpg

こんだけ運動すれば、ビールがうまいということは、小学生でもわかる。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-29 18:12 | 本気のサイクリング | Comments(3)  

Commented by あこがれ at 2014-09-29 20:45 x
追記。
私の調べた情報では、

休憩所で「アーセナル!」と応援してくれた若い人は、どうやらアンカンミンカンの富所さんという方らしい。レースに出ていないほうの人。
ちょっと不確実な情報です。
Commented by マサノリ・ツキノ at 2014-10-01 07:53 x
あこがれさん、まぁ、とにかく、なにはともあれ、おつかれさんでした。
しかし・・・自転車レースした後で、水球って・・・自殺行為ですかっ!!
身体、労わって上げてくださいね。
しかし・・・1000人中43位って。
あなた、これからどこを目指していくつもりですか!?(^^;
ツール・ド・フランスにでも出そうな勢いですな。
Commented by akogarehotel at 2014-10-02 13:03
ツキノさん

いつもコメントありがとう。

水球のときのために、おなかを引っ込ませようと思って始めた自転車に、むしろ夢中になってしまいました。
好き嫌いなんだろうけど、楽しすぎますね。
WCCFをしている暇がない。

でもデッキケースのひとつくらいは獲得しますよ、ちゃんと。
名前
URL
削除用パスワード

<< そうだ みかぼ 行こう 平成2... 赤城山ヒルクライム(第4回)と... >>