13-14WCCF日記 総括 平成26年12月26日(金)

13-14WCCF日記 総括 平成26年12月26日(金)



総括?もう?


シュートの成功率で勝敗が決定するゲームか…



こっちのシュート3本が、バー、バー、GK直撃。
敵のシュートが1本だけで、メッシのヘディング。

結果は、0-1の敗戦。


そうなることを十分に想定して、お金を入れていますが、、、

「お金を入れた時点で、結果が見えている感」が、前バージョンからだんだんとあからさまになった気がしますね。

試合中に何をどうやろうが、滅多なことでは勝敗は変わんないよ。
だって、フラグゲームだから。

という作った人の声が聞こえそうです。



「メンバー選択が最も大事です。」


という声も聞こえるが、それは裏をかえせば、

クリメシなんちゃらのような「強いカード」を使いなさい。持ってないなら買いなさい。
ビアトリ?何、ねぼけたことを言ってんの?


という行間ですね。


………


全白ボカが終了。

結果は、「弱い全白」。
CPU相手に、100勝10敗くらい。
人間相手に、1勝3敗10分くらい。


ビアトリが思いっきり下方修正されたので、
僕のやる気も、思いっきり下方修正だったけど、、

いつかは、いつの日かは、

とバカみたいに任期を消化してしまった。

オフェンス震撼
KP「フィニッシュワーク」
ビアトリ個人覚醒、特殊覚醒
さらに、

ARSメッシ様にご指導いただいて、「テクニック++」

となったのに、、、

シュートが入らない。。。。
フラグが固い。
おかしいだろ、これ。




ま、そんな13-14バージョンなんだよ、と納得するしかないね。



………



一方、一応、現バージョンの優良白を2枚。
f0131183_1422810.jpg

1314パラシオ(アルゼンチン代表)
 前バージョンまでは、ビアトリとは正反対にシュートをはずしまくっていた。しかし、今バージョンのアルゼンチンユニはまるで別人。特殊モーションのドリブルを何度も披露し、シュートも良好。
 「得点フラグを立てやすい選手」

0607クルポビエサ(ボカ)
 古くから有名な優良白。本職は左SBだけど、今回は人材難のためボランチで起用。基本的に、どこに置いても、どこまでも、誰からでも、ボールを奪ってくれる。KPハードプレス。
 バージョン変更でも下方修正を感じない。


………


そんなところで、ちょっとオカルト。


『私の監督ICでは、右寄りに置いたFWは大活躍するが、左寄りに置いたものは活躍しない』


例えば、上記のパラシオ。
本来は左ウイングから成長した選手。裏面の文章でも、「本職は左ウイング」と書かれている。
ところが、「左寄り」では全く活躍しない。
f0131183_14274458.jpg

ウイングでなく、中央付近でも、「左」ならダメ。

しかし、右寄りにすると化けた。
f0131183_14273190.jpg

↑この位置にした途端に、動きが別人になった。


私の全白経験では、同じような選手が非常に多い。
アドリアーノ、エルシャラウィー、カイト、ビアトリ、スケロット、シセ、…

左側で活躍した記憶があるのは、、、
マルコルベンとレコバだけ。



ま、ただのオカルトだろうけど、、
ついでに言うと、同じような感覚は、MFとDFにもあって、
f0131183_14283684.jpg

 右寄りに置いたFW
 中央に置いたMF
 左寄りに置いたCB
 右のSB
は、非常に活躍してくれる。



信じる者は救われる。




………


次のチーム?

やっぱり、ダイレクトプレイがないと話にならない雰囲気なので、、

月野さんと同じく、アルバレス(インテル、アルゼンチン)を引くまでは楽しくない。

でも、ゲームをしないとカードは引けないのだから、、、、



妖怪ウォッチでもやっとくか。

ということで、総括なわけ。
[PR]

by akogarehotel | 2014-12-26 14:30 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 前橋競輪、今年の最終日  平成... ”本物の”妖怪ウォッチ 平成2... >>