ケニーズ・ファミリー・ビレッジ キャンプ場 平成27年3月28日(土)

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ キャンプ場 平成27年3月28日(土)


今年1回目のキャンプ。
f0131183_6483711.jpg

軽井沢方面がまだ雪のため、埼玉へ。初の試み。
飯能(埼玉県の田舎町)から名栗湖方面へ、車で20分の距離にある。
f0131183_6481898.jpg

周辺を見渡せば山の中。
子供の遊び場のほかに、マス釣り、川遊びもできるので、家族連れの満足度は高い。
ネットでの人気ランキングは常に上位だそうだ。
f0131183_6482732.jpg


ただ、、、

県道沿いにあり、地面は小さな石。
生垣の向う側には民家が集結している。
まるで道路わきの駐車場でキャンプをしている感覚。

群馬県民的には、ちょうど赤城県道沿いでテントを張っているのと同じ。


ま、群馬県民が恵まれすぎているんでしょうね。キャンプに関しては。

都心から来る人にとっては、これで十分なんだと思います。


いずれにしろ、子供たちが楽しんでいたので、まぁいいか。


………


土曜日。
仕事が終わってから、2時半に前橋を出発。
午後4時にキャンプ場に到着。

テントを設営して、ご飯作って、、、あっという間に夜。


日曜日。
ご飯作って、テントを片づけて、、、あっという間に昼。

(キャンプが好きな人の気持ちが、いまいち理解できない。。。。)


で、
軽井沢が寒いだろうから、ということで飯能にしたのだが、


ここも寒い!


当たり前だけどね。
電源付サイトで、ちいさなヒーターをフル稼働させて、やっと眠ることができた。



………


帰り道。
「ムーミン谷」で有名な「あけぼのこども森公園」へ。

谷の中に、ムーミン谷の建物が造られている公認公園。
あちこち走り回って楽しいのだけれど、、、
小学校低学年までが適齢らしい。うちの子供には幼稚すぎた。


………


それにしても、ストレスがたまった一日。なぜなら、、、

名栗湖を抜けると、有名な正丸峠などを通り、その先は先日行ったばかりの「ときがわ」エリアへと続く。
なので、ローディ、しかもそこそこ本気の人たちとたくさんすれ違った。

うらやましい。。。。

練習したい。。。


そんな午前中。
ほとんどの自転車が山へ向かうのに、帰る方向へ走る自転車を1台だけ発見。

もしかして?と思ったら、やはり競輪選手。
彼らは、朝が早いですからね。

ヘルメットとユニフォームで「選手」ということは分かりましたが、顔と名前が一致する選手ではありませんでした。
ま、私の知識では一致する人のほうが圧倒的に少ないし。

ちなみに、ピストではなく、ロードでしたね。


いずれにしろ、うらやましい。。。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-30 06:59 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< こどもの国(群馬県太田市) 平... ホイール入手(競輪用) 平成2... >>