メーヤウ(カレー、東京都新宿区信濃町) 平成27年4月22日(水)

メーヤウ(カレー、東京都新宿区信濃町) 平成27年4月22日(水)


f0131183_18485899.jpg

当ブログに何度か登場しました、銀河系で一番おいしい食べ物を提供してくれるお店です。
日本語的には「カレー屋」に分類されるようです。これは、二郎を「ラーメン屋」と呼ぶようなもんですね、納得いきません。


JR信濃町駅(中央線、総武線)から徒歩3分。
駅前の大通り(外苑東)を北へ(四谷方面)、二つめの信号を右に曲がった地下一階。


そのメーヤウの店長さんが先月、お亡くなりになりました。
享年62歳。

30年前に信濃町駅の目の前に、木造、四畳半ほどという状態でオープンさせた店長さんです。開店直後より行列のできる名店となり、その後の駅前開発に伴い、現在の場所へ移転しました。
私自身はすぐ近くの大学に通っていたこともあり、1週間で3,4回は当たり前。一日のうちに2回なんてのも当然。1日に3杯(昼2杯、夜1杯)なんて食べたり、1週間に8杯(日曜日は休業)ということも記録しました。


さすがに、そこまで通うと、店長さんやその奥様とも顔見知りになりますが、同じような「廃人」が大学には何人も存在しましたね。


その店長さんのすごいところは、お客の注文を全て覚えて、会計になるまで正確に記憶しているということ。行列で並んでいる人に対しても、声が届く範囲なら注文を聞いてしまい、会計を正確にこなしてしまう。
記憶力に自信のある我々が、(食べながら)チャレンジしてみたけれど、3,4人のメニューを記憶するので限界でした。とてもじゃないが、会計の時間まで覚えておくなんて到底不可能。


ところが、店長さんは、それだけでは飽き足らず、
お客同士の会話を「盗み聞き」して、お客の名前を覚えてしまったりする。
名前を名乗ってもいないのに、ある日突然、
『○○さんの会計は、700円です』
なんて言われてビックリした記憶がある。


それらに比べれば、
「私がいつも卵抜きを注文する」
なんてことを記憶するのは店長さんにとっては初級レベル。
通い始めた当初は、毎回「卵抜きをお願いします」と断っていたけれど、
いつの頃からか、何も言わなくとも私のカレーには卵が入ってこなくなった。


そんな店長さんですから、私たちのようなプライドの高い大学生からも尊敬のまなざしを浴びていた。
信濃町の学生から「最も敬愛されていた信濃町の住人」の一人であったことは間違いないと思います。
(わかりやすく例えるなら、三田の学生にとっては、二郎のおっちゃんということ。)



当然、こういう人を「プロ」と呼ぶのでしょうね。



その店長さんが亡くなったと聞いて、なんとか納骨前にと思い、今日、日帰りで東京旅行を決行してきました。
f0131183_18493019.jpg

私が群馬に引っ越してからは、年に数回しか通えなくなった。
また、おそらく病気療養中だったこともあり、店長さんが店にいないことが多くなった。
2年前の11月、「自転車で行った」時(リンクへ)にお会いしたのが最後になってしまった。そのとき、やつれた感じがあったのだが、年をとってふけたのかな、と思っていました。

目をつぶれば、今でも『○○さん、今日は早いですねぇ』なんていう店長さんの「だみ声」が聞こえてきそうです。

ご冥福をお祈りいたします。




………


つづきがもうひとつ。


カレーの後は、落ち着いてコーヒーブレイクでもしよう。
f0131183_18495197.jpg

信濃町駅から徒歩2分の「紺碧」。
駅前右側(書店手前)の路地を東(JR四ッ谷駅方向)へずーっと歩いて、下り坂になる手前の左側、地下一階。

私が大学生だったころに開店したが、
植栽の多い、静かで居心地のよい店だ。
集中して英語の文献を読むには最適な店だが、あまりにも静かなので、ついつい居眠りしてしまうのが困りものだった。


そして今日、約10年ぶりに訪ねてみた。

店に入った瞬間に、店員さんが驚いた顔をして、こう言った。
『大変お久しぶりですね』
まるで幽霊でも見たかのように、目を丸くしてこちらを見ている。

驚きましたね、私も。
名前を名乗ったこともない、学生風情の私のことを覚えていたの?


あちこちに「プロ」がいるんですね。


ごく普通のコーヒーと、ごく普通のトーストだけど、
じんわりとうまかった。
f0131183_1850108.jpg



………


ということで、
午後1時半に新前橋駅を出発して、
午後6時に新前橋駅に帰った。
東京の地面を踏んでたのは、わずかに1時間?
そんな水曜日の午後でした。



ちなみに、ひりゅ君は、メーヤウからも紺碧からも、徒歩5分圏内に住んでいる。うらめしい。
夜ならばアポなしで突撃したのだが。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-23 18:50 | あちこち旅行記 | Comments(9)  

Commented by コシュ at 2015-04-23 19:06 x
メーヤウ食べてみたい。
というよりタイ料理が食べたい。
Commented by akogarehotel at 2015-04-24 07:24
コシュ

メーヤウへ行け。ひりゅ君に案内してもらえばいい。
四谷三丁目には、メーヤウ系列のタイ料理店があるらしいです。
Commented by コシュ at 2015-04-24 10:45 x
了解っす。
ひりゅ君にお願いします。

ミノ食べたい。ミノ。
あとフジマル。
Commented by Kyoko007 at 2016-02-27 15:27 x
初めまして

akogarehotelさん同様
30年程前に、メーヤウ→紺碧 コースを堪能していたものです
メーヤウは今も通っていますが、昨日訪問の際
紺碧がまだ営業しているかネットで調べてみたところ、
akogarehotelさんのこちらの記事にたどり着きました

メーヤウの店主さまが亡くなったことは、衝撃でした
私も思い出がたくさんあります

残念で残念で、仕方ありません
昨日は、悲しみの「大辛両方大盛り」になりました

心からのありがとうとご冥福をお祈りしながら
いただきました。

akogarehotelさん情報ありがとうございます
一生メーヤウに通います
Commented by akogarehotel at 2016-02-28 10:06
Kyoko007さん

はじめまして。
でも、実は僕のことをよく知っている人なのかもしれないと思うと怖いです。僕の知っている信濃町関係の「kyokoさん」は一人しかいませんが。でも「両方大盛」を食べられるか??

紺碧がまだ営業中であることは驚きました。この景気状況ではいつ閉店してもおかしくないですからね。それが営業中でスタッフも全く同じお二人のまま。近くに住んでいれば毎日でも通いたいです。

つい先日、大学の後輩大勢とメーヤウに行きましたが、彼らはみな「バジルライスと麺のセット」を注文していました。
カレーを食べないの??
と驚きましたが、「部の先輩から「まずはバジルライス」と教えられた」とのこと。
時代が違いますね。もちろん、おいしければ、何でもいいですけどね。

Commented by Kyoko007 at 2016-02-29 02:27 x
お返事ありがとうございます

大辛両方大盛り一筋30年
たぶんお知り合いの方とは別人です...(笑)

あの頃、あの雑巾みたいなのれんがかかった
ナンプラーの香りに満ちた「小屋」で
K大学医学部の学生さんが、口頭試問の練習をしていて
シュールな光景だなーって思っていたので
もしかしたら、その中にAkogarehotelを見かけていた
のかもしれません

正直、店主のK地さんが亡くなったのはショックだったのですが
k地さんが亡くなっても、同じカレー(のようなもの)をいただける
ことは凄い!と思うにいたりました

そう、今、メーヤウに行くと
注文はバラエティに富んでいますよね
私のころはカレー3種とココナッツミルクゼリーしか
なかったのに....
いつの頃から、モジリアニの肖像画のような奥様に良く
似たお嬢さんがお店に立つようになり
「この方は娘さんかなーー?」と思っているのですが
(もう一人、同じような男性も見かけます)
もしも、そうだったら、二世の方が時代に合うよう
メニューを増やしているのだろうなーーーって
思っていました。ちょっと寂しくはありますが、
バジルライスがそんな存在なら、大成功ですし、天国のご主人も
安心していますよねーー

なつかしくて、色々書いてしまいます
お許しください

今は前橋にお住まいとか...
高崎の「からゐ屋」さんというカレー屋さんが、
とっても素敵だったんですが、ご存知ですか?
Commented by akogarehotel at 2016-03-01 18:49
Kyoko007さん

人違いを失礼しました。

からゐ屋の位置を確認しました。どちらかというと近所です。
写真の様子はインド風メーヤウのようですね。近いうちに訪問してみます。
問題は、まだ営業中かどうかでしょうか。

たくさんのブログを書いていますね。そして、かなり食べ歩いていますね。そちらも少しずつ拝見させていただきます。
Commented by Kyoko007 at 2016-03-01 23:56 x
Akogarehotelさん
ブログを観ていただきありがとうございました
ちょっとお休みしていたのですが
今日、メーヤウの記事から再開しました
リンクをはらせていただいてよいですか

からゐ屋さんはメーヤウとは関係はありませんが
高崎周辺の方が、学生時代から通い詰め
今は親子三大で訪問するような良いお店です
ご主人ご夫妻がお年なので、長く続けてくださると
良いですね
また、それゆえに臨時休業もあるそうなので
訪問も電話確認してから行った方が良いようです
Commented by akogarehotel at 2016-03-03 19:10
Kyoko007さん

ブログのほうへお返事いたしました。
こちらからもリンクをつけさせていただきます。よろしくお願いいたします。(すいません、お返事を待たずに。)

ちなみに、高校生のころ、駿台大宮校に通っていました。

ラーメンも行けるのですね。「ふじまる」や「二郎系」も期待しています。
名前
URL
削除用パスワード

<< 「大バディ祭」 平成27年4月... 29回 ツールド八ヶ岳 平成2... >>