福井へ日帰りサイクリング(そのゼロ) 平成27年5月7日(木)

福井へ日帰りサイクリング(そのゼロ) 平成27年5月7日(木)


『北陸新幹線への想い』

5月4日に仕事をしたので、今日はその代休。
子供たちは学校へ行ってしまうので、完璧に休日。
ということで、北陸新幹線万歳的な福井まで日帰りサイクリング。
f0131183_1946582.jpg


しかし、往復のJR代金が(グランクラスでなくても)3万円。
そんなお金を費やして、それで日帰りって、もったいなくないかい?

そんな「もったいない」という次元じゃないんだよね。


開通してから、もう1ヶ月もたっているのに、富山や高岡駅には見物のおじいちゃん、おばあちゃんがたむろしている。
そういう次元なんですよね。


………


僕が東京から福井へ転勤したのが、約20年前。
当時から、「北陸新幹線」の計画があったけど、路線や停車駅すら決定していなくて、
…こんなのができあがるのか?
…その前に日本経済が破綻するとか、
…そんなころまで生きていられるのか?

と、完全に夢の世界でした。
「あわよくば開通したら便利だよな」と本気で思っていた。

という状況は、沿線の高齢者にはもっともっと実感として感じているはず。
「まさか生きているうちに、新幹線を拝めるとわねぇ」と。


『北陸新幹線が開通したら、群馬-福井を日帰りする。』
これは、私にとっても、20年前から抱いていた「小さな夢」なんですね。

だから、3万円(あるいはそれ以上)であっても、全然かまわない。
そんな福井で、自転車に乗って、競輪まで観られるなんて、本当に夢のようです。



………


20年前のこと。
僕は、都内の大学病院の激務から、福井の国家公務員へ転職。
大学病院では、1年365日のうち休日は一桁。しかも勤務日だって、基本的に24時間勤務みたいな体系なので、まさに「修行」とか「ぼろ雑巾」という形容がピッタリ。
よく、みんな続けてるよね。
と思い、さっさと転職したわけですが、

転職した先は、国立大学の助手。
ちょうど「公務員は土曜日が休日」という制度が導入されたばかり。
今まで1週間に7日間働いていたのが、急に、週休2日になった!
それでも、新天地の教授の視線があるので、土曜日くらいは仕事をしているフリをして、でも日曜日は完全休養日となった。

天国だね。

でも、北陸の田舎町で、独身。
暇だ。
中央競馬は放送もされず、もちろん馬券も買えない。
競輪は、競輪場へ行けば購入できるが、電話投票(ネット投票はまだない時代。。)は「審査」と「抽選」があるので、1年待ちとか。スカパーが始まったのは転勤してから1年以上たってのこと。

お金の使い道がない…
仕方ないから、フリー雀荘へ行くくらいだった。


とすると、水泳でもするか、となる。


………


まずは、名前でプールを選択。
「福井スイミング」というありがちな名前のプールで会員になった。
そこで、コーチから、
『泳ぐ前には準備運動をしましょう』的な講義を、申し訳ない気持ちで聴き、

ま、そんなプールなので、とりたてて「一緒に泳げるような人」はいない。
でも、想定内。


その夏。勝山という田舎町で開催された「マスターズ大会」に福井スイミングから参加。
もちろん、出た種目は全部優勝なわけだけど、、、
大会に参加した目的は泳ぐことではなく、「速い人」を見つけること。

ひたすら他人のレースに注目し、
50Fr、31秒、、、ふーーん、とかいう気持ちで眺めていた。


で、目に付いたのが、「タカギ」という人。
「タカギ」さんは、僕よりも4歳上だが、バタフライで、もしかしたら僕より速いタイムだったか。
プログラムによると、この人が所属しているスイミングスクールは「ピア」というらしい。


ということで、翌日、早速「ピア」に入会届けを提出した。
もちろん、立場上、失礼だから「福井スイミング」の会員も継続している。


ピアでは、「速く泳げるようになりたいならタカギさんと泳げばいい。」
と、向こうから紹介してくれた。

タカギさんは、『そうかぁ、随分速そうだなぁ、一緒に楽しく泳ぎましょう』
とまさに包容力のある言葉と握手。
それが、タカギさんと僕との初会話でしたね。



以後は、基本的に週末は水泳。そして、ほぼ必ずタカギさんと一緒。
男同士の濃い付き合いになりましたね。

タカギさんの周りには、常にたくさんの水泳人が集まってくるので、知り合いの知り合いは皆知り合い、とどんどんと社会が広がっていった。

その後、僕のわがままで「水球をやろう」となったら、福井県で唯一水球部のあった科学技術高校(あの脇本雄太の母校)と協力し、あっという間に、福井県社会人水球チームが誕生。
濃密に科学技術高校と合同練習を行い、当時のキャプテンだったミズモトくんには、かなりいじめられた記憶。



………


僕が福井から前橋へ転勤したのは1999年。
転勤した直後に一度、福井へ行ったことがあるが、それからあっという間に15年がたってしまった。

タカギさんに15年ぶりに会いに行く。
そりゃ、楽しみで仕方ないよ、当然。


だから、料金の3万円なんて安いもんだし、新幹線さまさまなんです。

だから、グランクラス!
f0131183_19463825.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2015-05-08 19:47 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

Commented at 2015-05-08 23:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akogarehotel at 2015-05-09 13:54
はるかなさん

気に入っていただいてうれしいです。
次は、是非、自分で買いに行ってください。
名前
URL
削除用パスワード

<< 福井へ日帰りサイクリング(その... 北軽井沢スウィートグラス 平成... >>