「ケイリン」のお勉強 平成27年5月28日(木)

「ケイリン」のお勉強 平成27年5月28日(木)


競輪じゃなくて、ケイリン。

特に「4km速度競走」について。



6月21日まではひたすらピスト。
ピストって、無意識に踏んでいるから、翌日に疲れが残りますね。。。
f0131183_1748522.jpg



………


昼休み。
ひさーーーーしぶりにWCCF目的でゲーセンに行ったら、
ICカードを忘れてるし。。。。

仕方ないので、ゲーセンの隣のネットカフェで、「ケイリン」動画のお勉強。


★★★


4km速度競走:

エリミネイションと並ぶ『頭脳レース』。おもしろい。
10人前後で一斉スタート。
ホームとバックを「決められた回数」だけ先頭で通過しないといけない。
これを先頭責任という。
先頭責任を果たした選手のなかで、最初にゴールした人の勝ち。

4kmは10周。
ホームとバックのチェック回数は合計19回。
7人から9人くらいのレースだと先頭責任は(2,1)。
これはホームかバックで2回、その反対側で1回、合計3回で先頭通過しないといけないということ。

もちろん、さっさと義務を果たして、後半は脚をためてゴール勝負、というのが理想だが、当然、選手全員がそう思っている。
だから、頭を使う。
また、他人に先頭責任をクリアさせないために、4回以上先頭で通過する価値もある。
だから、頭を使う。
脚力に自信がないなら「実力のある選手と利害が一致するとオコボレ」
だから、頭を使う。


脚力に自信があれば、スタート直後にアタックをかけて、最初のバックを狙う。しかし、一般人には無理。ただ、これを黙って見ているのではなく、追いかけて2番手、あるいは3番手で通過できればそれで十分。
先頭選手がいつかは疲れるので、次に先頭通過をもらうことができる。

まずはスタートで離されないこと、これが肝心ですね。


目標 「1回でいいから先頭で通過したい」


リンク集↓
高校総体4km速度競走
北九州総体4km速度競走
豊橋市民2km速度競走(一般人、ロード)


★★★


ケイリン:

競輪じゃなく、ケイリンですから、しっかりとルールを確認しました。


・先頭誘導員がラスト1周半で離脱するときの速度は時速50km。
 これ、千切れるだろ、普通。。。

・先頭誘導員の後輪のわずかな部分でも追い越してはいけない。
 「競輪」なら先頭誘導員に並びかけていいけど、ケイリンはダメ。知らなかった。

・横の動きは「内帯線と外帯線の幅の2倍」まで。競輪は「4倍」まで。
 2倍までOKってことだから、本気モードの選手は横へ来るってことか。もちろん、私は「本気で避ける」モード。


目標、というか予定:
他人の後を走るのは恐いから、前を取って「ツッパリ先行」。
でも、多分、前を取れないから、、「最後尾追走一杯流込」

大差負けしないこと、が目標。


★★★


最大の収穫。
ネットをあれこれ調べていたら、なんと、こんなものを見つけた。
「フェニックスサイクルフェスタ」(リンク

名前の通り(フェニックスとは福井市のこと)福井競輪場で開催された一般市民の自転車競技会(ピスト)。
2011、2012、2013年に開催されたらしい。

そして、なんと、12kmスクラッチ(単純に30周の競走)には、一般市民に混じって、脇本雄太が出場している。

いわゆる、中田英寿と一緒にサッカー状態。

うらやましい!
しかし、2014年以降は情報がない。中止になってしまったらしい。
もしも今年開催されるなら新幹線で駆けつけるのに。。。
[PR]

by akogarehotel | 2015-05-29 17:48 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

Commented by rosuket at 2015-05-30 21:48 x
ケイリンの場合、今回のようなアマチュアの大会だと、誰もS取りに来ません。みんな後ろから前の動向を見たいからです。なのでS取りからの全突っ張り作戦は決まりますよ!まぁそれがしが捨て身の先行するのでバックから二段駆けしてください!勝ってください!
Commented by akogarehotel at 2015-06-01 05:58
rosuket師匠

運よく同じレースになれば、しっかりと相談しましょう。

では、単騎ならS取りに行きます。
昨日の練習で、やっと追走ができるようになりましたが、
バックで前が緩むと、追突しそうになっちゃいますね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 韓国でMERS患者12人確認。... 誰がなんと言おうと、サイクリン... >>