妄想トライアスロン 平成27年7月31日(金)

妄想トライアスロン 平成27年7月31日(金)


ま、このブログそのものが妄想みたいなものですが、
今回は、特に妄想中の妄想。
机上の理論、獲らぬ狸の皮算用。



群馬のどこかの山奥でトライアスロン大会が開催されたらしい。ふーん。

そのリザルトがネットに掲載されていたのを見た。



年代別(40代)で、
★優勝タイム 2時間24分
★スイム最速者(1500m) 24分
★バイク最速者(40km) 1時間10分
★ラン最速者(10km) 46分


★スイム(1500m) 24分
僕がプールで泳ぐなら、23分を切らないと恥ずかしい。
しかし、トライアスロンとなると、湖(または海)で大勢だからコースロスも多いし、確かにマイナス要素が大きい。だけど、大勢で泳ぐなら自転車と同じで抵抗が小さくなる。「ラインを主張」するとラクに泳げるのは、水泳部の練習で経験済み。
また、ウェットスーツは浮力があるので、一概に「遅くなる」ものではないらしい。

じゃぁ、24分で泳げるかと言われると…
もしかしたら泳げるんじゃないかな。


★バイク(40km) 1時間10分
僕の当初の目標タイムは1時間。つまり、時速40kmで走り続ける。しかし、これはかなり難しいことが先日の「仕事が終わったあとのトライアスロン」で判明した。一般道を先行逃げ切りで時速40kmを続けるのは、本当に困難。(番手なら全然問題なし。)
とすると、現実的には、平均時速35kmかな。
利根川沿い(サイクリングロードの対岸)の国体通りを2往復したときに、渋川行き(のぼり)が時速35km、前橋行き(くだり)が時速40kmだった。
もしも平均時速35kmで、距離40kmを走ると、1時間9分!
日頃、ローラーで時速45kmで走り続けているのだから、不可能ではないんじゃない?

ただし、このタイムには「着替えの時間」も入れないといけない。
ウェットスーツを脱いで、ヘルメットをかぶって、靴をはいて、自転車をスタートラインまで押して歩いて、という時間も含まれている。

とすると、平均時速37kmで走って1時間5分。
着替えに5分。
これで、OK?



★ラン(10km) 46分
大学時代なら、普通に走って、10kmを40分。
神宮外苑(1周1300m)を5分インターバルで走り続けてた。8周すれば、10km、40分になる。
みねさんにはかなわないけど、水泳部やスキーサークルのマラソン練習では無敵でした。
でも、それは遠い昔。。。。

今は、、、
足が痛くなくて、
スイムなし、バイクなしで、ランだけだとして、
着替えのタイムも含まなければ、、
10kmを46分は不可能じゃないけど。

スイムとバイクで、思いっきり省エネ走行して、
着替えは靴を履き替えるだけで、
足(筋肉)の痛みは試合までにどうにかして、、
それでも、現実的なタイムは50分くらいでしょうか。。。
時速12kmということになるけど、これは先日の群馬アリーナのランニングマシーンで経験済み。所詮マシーンですが、一応、時速12kmで(足が痛いながらも)30分間を走り続けられたので、不可能なタイムではないはず。


★合計して、、、
24分 + 1時間10分 + 50分 = 2時間24分

優勝しちゃうじゃん!


はい、妄想はここまで。



………



夢から醒めよう。
f0131183_1354294.jpg

金曜日。
仕事が終わった夜7時。
ローラーで時速47㎞の巡航練習。
エアコン最強、扇風機最強、それでも室温は25℃とか。
たったの30分で汗ビッショリ。ペットボトル3本を飲み干した。

暑すぎて練習できるような状況ではない。

この時期に高校野球とか、おかしいでしょ?
[PR]

by akogarehotel | 2015-08-01 13:06 | トライアスロン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< WCCFと競輪の接点 平成27... 八ヶ岳「小旅行」 平成27年7... >>