渋峠 のち 仙台?! 平成27年8月11日(火)

渋峠 のち 仙台?! 平成27年8月11日(火)


f0131183_19131361.jpg

念願の渋峠自走。
自宅から志賀高原の渋峠まで自転車で行った。
f0131183_19133311.jpg

しかし、その夜、なぜか、、、仙台?
f0131183_19135153.jpg


………


f0131183_1912538.jpg

2年前にロードバイクを買ったときにたてた目標のひとつが『自走渋峠』。
去年、チャレンジしようと思ったが、火山警告で中止。かわりに自走八ヶ岳で我慢した。
今年こそ!
(去年の自走八ヶ岳へリンク


AM03:30 自宅(前橋) 【標高100m】
AM05:30 横川「釜飯 おぎのや」
AM06:30 軽井沢
AM07:30 北軽井沢 【標高1500m】
AM08:30 長野原 【標高700m】
AM09:30 草津温泉
AM12:30 渋峠! 【標高2170m】

走行距離 120km(片道)
単純標高差(上記の引き算) 2870m


………

前日の仕事が押したため、夜10時に就寝。
早起きにも限界あり、3時に起きて、3時半に出発。
もちろん、月夜。
f0131183_1919781.jpg

真っ暗な一般道を安中、松井田方面へ。
国道18号は、トラックが多くて、全然楽しくない。
f0131183_19192443.jpg

妙義山が見える頃、夜が明け始めた。
f0131183_19194248.jpg

5時半。横川の「チェックポイント」で休憩。
f0131183_192014.jpg

横川といえば鉄道ぶんか村。子供が幼稚園のころは数え切れないほど遊びに来た。


横川からは碓氷峠旧道へ。
本当は、諸事情により碓氷バイパスを通りたかったが、あれほどのトラックを見てしまっては、それは無理。
f0131183_19202543.jpg

旧道は舗装が完璧に修復。とても走りやすい。勾配も緩やかなので、まずは軽い準備運動がわり。

6時過ぎ、まだ静かな軽井沢を通過。
目の前に見えるのは浅間山。あの山の向こうが、次の目的地の北軽井沢。
f0131183_19204227.jpg


↓いまや軽井沢といえば、旧軽でもアウトレットでもなく、星のやのハルニレテラス。
f0131183_19205829.jpg

まだ開店前。数時間後には新宿駅みたいな人口密度になる。


中軽井沢から北軽井沢への峠道。名前はない。
常に浅間山を正面に見ながら走る。
f0131183_19213775.jpg

そんな峠道の勾配は、、、
f0131183_1930866.jpg

目をつぶれ!



7時30分。
北軽井沢に到着。
f0131183_19302718.jpg

ランドマークがコンビニってところが、北軽井沢の悲しいところ。
周辺にはおもちゃ王国とか、鬼押し出し園というのもありますが、、そこへ行く道が自転車では通行禁止。。。


ここからは下り坂。
交通量も軽井沢とは別次元の少なさ。快適に滑り降りる。
f0131183_19294960.jpg

北軽井沢からはついに白根山が見える。
f0131183_19215934.jpg

あのてっぺんがゴール。
その前に、眼下の盆地へ降りなければいけない。。。。。


………


8時半。
草津温泉の玄関口、長野原に到着。北軽井沢からは下りきり。
ここからは白根山(渋峠)まで上り坂オンリー。

長野原から草津温泉までは約10km。
序盤は5%前後の、まぁまぁ許せる坂道。
後半に10%が2kmつづく。

そして、そろそろ、暑い。。。。

背中のリュックが重たい。
汗で重たくなってる!
リュックの中まで汗がしみこみ、中のタオルが完全にぬれている。もちろん重たい。リュックそのものも汗を吸い込んで重たい。


ここまでの走行距離と、暑さと、リュックの重さと、お尻の痛さで、
もしかして限界?
時速10km前後で、やっとのこと10%区間をクリア。やっと、やっと草津温泉に到着。
f0131183_19222090.jpg

9時半、草津に到着。


………


これ以上、この重たいリュックを背負って走るわけにはいかない。
ウインドブレーカーとパンク修理セットをコロトンジャージの背中ポケットに押し込む。
それ以外は、持って行かない。
リュックと一緒に、草津温泉バスターミナルのロッカーへ。


背中が軽くなったら、気分も軽い。
お盆で混雑する自動車連中を横目に、渋峠へ向かってスタート。ここからは「ツールド草津」と同じコース。
f0131183_19304950.jpg

「殺生」(ロープウェイ乗り場周辺の地名、正確には殺生が原)を越えると、あちこちに絶景が広がる。
f0131183_19311625.jpg

↑ファイナルファンタジーに似たような景色が出てきた。
f0131183_1934543.jpg

「ガス」が出てきやすいのも、この地域の特徴。むしろ晴れ渡ることのほうが珍しい。
f0131183_19341920.jpg


草津温泉から、途中2ヶ所で休憩しながら、やっとやっと、ついについに、ゴール。
渋峠(志賀高原スキー場)
f0131183_19313317.jpg

国道最高標高地点、という標識よりも、この景色(スキー場)のほうが好きですね。だって、志賀高原(横手山)にしろ、草津万座にしろ、何十回とスキーに来た場所ですから。
初めてリフトに乗ったのも草津スキー場。懐かしい。


………


適度に休憩して下山。
先週よりも交通量が多いので、ちょっと苦労した。

草津温泉まで降りてきて、昼食。
その後、電車まで時間の余裕があったので、せっかくなので温泉に。
f0131183_19315456.jpg

バスターミナルから徒歩5分の入浴施設。タオルつきで900円。

温泉で一息ついたら、もう走りたくなくなった…
もう今日はがんばりすぎた。

という気持ちを奮い立たせて、最後の走り。
草津温泉から長野原まで、1kmののぼりと、9kmの下り。
せっかくお風呂に入ったのに、また汗をかいちゃったよ。
f0131183_19321326.jpg

長野原駅で自転車を収納したら、宴会スタート。

本日の走行距離 150km
ほめてください。。。。


★★★


15時42分 長野原発 特急「くさつ」

  ビールも飲んで、ゆったりと満足感に浸っていたら、、、電話だ。
  携帯電話が鳴った。シバタくん(本名)からだ。


 『大事件です。すぐに仙台に来てください。お金をたくさん持って!』

サトウくん(本名)とシバタくんが口を揃えて言う。
これは大事件だ。

16時40分 特急「くさつ」が新前橋駅に到着。
 すぐに仙台往復の切符を手配し、
 自転車を駅近くの職場に保管し、お金を(たくさん)調達し、
 予備の練習着に着替えて、、
てことで、自宅には帰らずに、

17時30分 新前橋駅から再び電車に。
 新幹線を乗りついで、仙台へ向かう。

午後7時50分 杜の都 仙台へ
f0131183_19135153.jpg

 大都会だな、仙台って。


………


大事件というのは、
大学の水泳部が、

東日本医科学生総合体育大会(水泳部門)で男女とも総合優勝


歴史上、男女そろって総合優勝した大学はひとつもない、僕たちの大学をのぞいては。これは大事件だ。
ついでに前述のサトウくんは、この日のために、わざわざ大阪から来た。
おまけに水泳部顧問のワダ先生(本名)は僕の大学時代の同期だ。
さらに、水泳部は、毎年、わざわざ前橋まで来て合宿をしている。


これは仙台まで行かなきゃいけないだろ、ふつう。
しかも、

朝2時まで宴会だろ、ふつう。
f0131183_1914119.jpg



………


翌朝、というか宴会終了の4時間後。
朝6時、始発の新幹線で前橋へ帰宅。水曜日は仕事だろ、ふつう。


え、俺の仕事が心配?

いやいやいや、前述同期のワダ大先生も、2時まで飲んで6時の始発で一緒に帰って、都内某所で、

『 今日の仕事は胃カメラなんだよね。10件くらいかな。 』
[PR]

by akogarehotel | 2015-08-13 19:22 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

Commented by ジョンケン at 2015-08-13 20:44 x
先生こんばんは。
やっぱりサッポロクラシック飲んでる!!

先生、行動範囲広すぎです。無理すると体に悪いです。
しかもちょっと前にトライアスロン中に亡くなった医師がいましたよね。無理せずに頑張ってくださいね。
Commented by akogarehotel at 2015-08-14 05:46
ジョンケンさん

気が付きました。単に、長野原駅のキヨスクではサッポロしか売っていんです。しかもこの日は、500ml缶だけ。
選べるなら、プレミアモルツの一点です。
でも自転車のあとなら、なんでもうまいんですけどね。

先日のトライアスロン中の死亡事故は、一日に2件あって、2件ともが医者だそうです。一応、考えています。その同じレースで、「団長さん」が顔に大ケガしたそうですね。
名前
URL
削除用パスワード

<< グリーンドームふわふわイベント... WCCF 第二回ツキノ杯 平成... >>