ピストで「楽しい練習」 平成28年4月24日(日)

ピストで「楽しい練習」 平成28年4月24日(日)



今日は、こんな練習↓
f0131183_12423447.jpg

f0131183_12425251.jpg


伊勢崎地区の選手の方々が行う練習のひとつで、「島村もがき」。
1300mの直線道路。
 「あの先に見える信号の手前までもがいてください。」
f0131183_12431192.jpg

 え?信号なんて見えませんけど。。。。
 
途中まではバイク誘導。
バイクの番手マークで時速40kmから50kmまで上げてもらう。(本日は向かい風のため時速40km。シロウトにはこれで限界。)
中間地点でバイクが減速。そこを外から捲って、ゴールまで全力疾走。

って、ゴールが見えないくらい先にあるんですけど。

これは、やってみないとわからない。
単なる1000mダッシュではない。
1本やると、2本目が恐くなる。


1本目:人生初、ラインの3番手で追走。
やばい、チギレそう。。。
時速50kmの誘導は取手ケイリンで経験済みのはずなのに。少しでも車間があくと、風の抵抗が突然強くなる。追走一杯。

2本目:ラインの順番変えて、バイクじか付け。
先ほどの教訓から、超ピッタリマーク。
お、今度はスンナリ追走できるじゃん、余裕じゃん、となめながら、
捲りに出た瞬間に、ドカーーーー!とまさに「空気の壁」。そこからは100mももたない。。。

3本目:単走。
バイクマークから捲りにでて、今度は「壁」上等。
2本目よりは多少長くもがけたと思ったら、バイクの捲り返し。
そこに飛びついて、なんとか追走して、、、一杯いっぱい。

4本目:捲り返して差しかえし
バイク誘導を捲って、もがいて、壁にぶつかって、
バイクの捲り返しに飛びついて、追走して、さらに差しかえす。
文章だけ見ればかっこいいけど、内容はそれなりのシロウト。


所詮、30秒か40秒の「もがき」なんだけど、こんな密度の濃い練習は初めてです。
4本で終了。4本で十分。


ちなみに、今日の練習は「新ヘルメット」のデビュー。
f0131183_12433312.jpg



………


練習後にBBQ。
(写真は自粛)
元競輪選手の斎藤薫さんも一緒に。
群馬の69期で、イシケンさんの同期生です。
で、イシケンさんとは対称的に、こんなに静かで選手をやれたのだろうかと心配してしまうくらいに落ち着いて物静かな方です。ただし、その静かな口調で、非常に興味深い話をたくさんしていただけましたが。



ご参加の皆様、お疲れ様でした。
イシケンさん、いつもありがとうございます。


………


でもって、翌日(月曜日)。
足全体が重くて痛くてつらい、、、、いわゆる「CPKが高そう」な感覚。
今日はもう何もしたくない…

通常の長距離練習だと疲れなんて全然残らないのに。
昨日は「たった4本」のもがきなのに、草津に行ったときのように疲れが残ってる。

それなりの指導者のもとにそれなりの練習をすれば、たったの4本でも、しっかりと「パワー練習」ができるってことですね。
競輪選手になろうと思ったら、この練習を毎日繰り返さないといけないのだから、あの人たちは本当にすごいです。


………


一応、練習日記。
17日(日) 八ヶ岳まったり温泉
18日(月) ローラー 30km
19日(火) ママチャリサイクリング 40km(通勤)
20日(水) ローラー6%負荷 15km
21日(木) ローラー6%負荷、10km
22日(金) 水泳1700
23日(土) ローラー6%負荷、7km
24日(日) ピスト島村もがき

1週間に1日は「オフ」を取ると決めている。結果的に17日がオフ。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-25 12:43 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 正しいWCCFの楽しみ方 平成... 赤城山ヒルクライムについて 平... >>