連休前半は「大会」の連続 平成28年4月29日、30日、5月1日

連休前半は「大会」の連続 平成28年4月29日、30日、5月1日


「大会ネタ」だけど、自転車関係は一切なし。100%親バカな連休日記。



4月29日(金)
長男の卓球大会。
f0131183_1813470.jpg

f0131183_1811962.jpg

新装開店の「ヤマト」市民体育館。
『 卓球のために、山本市長から予算を出していただいた。 』
と、競技委員長さんの挨拶。
言い換えれば、俺の税金。

「中学2年生以下」のトーナメント。
中2以下なら何歳でも可。小学生から中2までがごちゃまぜで試合。

長男(小5)の1回戦の相手は中学2年生。
あっさり負けて早く帰れるよ、と思ったら、
 14-12  (11点の5セットマッチ)
 3-11
 11-7
 4-11
 12-10 : 3-2 で勝ち
盛り上がりすぎ。心臓に悪い。


2回戦目ももちろん中2と対戦。
 7-11
 10-12
 9-11 : 0-3 で負け
意外といい試合。内容的には1回戦よりもよかった。


家族じゅうで盛り上がった一日。
練習は申し訳程度の、ラン5km。


………


4月30日(土)
「太鼓の達人」小学生大会、群馬県予選。
f0131183_1815743.jpg

参加枠は12人。希望者多数の場合は抽選とのこと。かなりの数が集まると思ったので、おそらく参加できないと考えていたが、、、

集まったのは、たったの、、9人。
しかし、その9人が(うちの子も含めて)、まさに達人!

課題曲は2曲(妖怪ウォッチとポケモン)は、全員がフルコンボ。
「良」の数で勝敗が決まる。
長男は「可」が4回と5回。これで9人中7位。

上位2人での決勝戦は、ワンピースの「鬼」レベル。
そして、これも当然のフルコンボ。
お前ら、その才能、どうにかしろ。
観戦している親も含めて、なかなかコアな世界でした。


………


夜。
子供とお友達もつれてカラオケ。

歌うのは、
Happy Go Lucky!」(ドキドキプリキュア)
イェイ、イェイ、イェイ」(スマイルプリキュア)

プリキュアの歌を2バージョンぶんくらいは歌えないと「父親失格」です。
妖怪ウォッチを歌える程度じゃ、子供は喜びません。


余裕の練習なし。


………


5月1日(日)
大バディ祭。(有明ビックサイト)
1年間で最大のイベント。全国大会やステージショーなど盛りだくさん。
f0131183_1822149.jpg

ものすごい来場者数。DAIGOのステージもあるから、それも当然でしょうか。私がご指導を受けたいたいくらいのレーヤーさんも大勢。
しかし、この着ぐるみは業務の人です。
f0131183_1823987.jpg


大人も子供も集まるイベントですが、私は基本的に保護者。
長男は、バディファイト小学生大会(全国)に参加。
しかし、ただぼーっと待ってるのもつまらないので、「仕方ないから」私も参加してみた。


最強プレイヤー決定戦(大人用)
f0131183_18354.jpg

昨日、長男が「お父さん用に」と作ってくれたデッキ。1枚1000円のカードが8枚入っている。
しかし、余裕の1回戦敗退。
そりゃ、そうだ。私が勝っちゃったら、相手に失礼。


一方、長男は、、、
なんと5回勝ち抜いて、ベスト6!
6回目の対戦で負けてしまい、180人中の5位。
(参加人数が半端なので、ベスト8ではなくベスト6。5位が二人。)

 『 アジダハーカにあたっちゃったよ。ミセリアじゃ無理。 』
(意味が分からない人は父親失格。)

それでも、
 『 日本の小学生で6位だよね。 』
と満足げ。ただし、
 『 4位ならネットで掲載されていたのに。来年の目標は4位。 』
と。
f0131183_1832756.jpg


………


最強決定戦が終わったあとも、イベントはつづく。

「8人トーナメント」
8人参加でトーナメント。3回勝てば優勝。ちょっとした賞品あり。
負けたら何度でも再挑戦できる。
(ワールドトロフィー、というか昔のネーションオーシャンと同じ。)
長男は、サクサクっと連勝。あっという間に優勝賞品が3つ。すげぇな。


ということで、ただ待っているのもつまらないので「仕方なく」僕も参加。
自分が昔から使っている「ヒーローデッキ」。
ディジエム+デッカードラムのカルテットファイブ。
(上記用語は全て基本中の基本。)

8人トーナメントは大人も子供もごちゃまぜ。
小学生2人と大人1人をなんとか撃破。
 『 このおじさん、神だよ。めちゃくちゃうまい「ヒーロー使い」だ。 』
見ず知らずの小学生にほめられました。
優勝賞品はその小学生にプレゼントしてきたから許してください。


こういう会話が生まれるのがカードゲームの素晴らしいところ。DSでは無理。囲碁将棋と基本的には同じ分類のカードゲームが、どんどん発展すればいいと思う。だから「仕方なく」僕もプレイしています。


という視線で見ると、

付き添いで会場に来ている親が、とてもたくさんいる。
しかし、そのほぼ全員が、何もしないで、ただぼーーーーっと待っている。
時間の無駄というよりは、
せっかくなら、「子供が何をやっているのだろう?」
と、見たくはないのだろうか。
せっかく、子供と一緒に1日を過ごすのだから。
もしも自分の人生が明日で終わるとしても、ただぼーっと待つことを選ぶだろうか。


一方、
「最強決定戦で4回勝ち進んだ」というお父さんもいらっしゃいました。
すごっ!



イベントは朝8時半から夕方5時まで。
長男は、10時間近く、食事もしないで遊んだ。それだけ魅力があるってこと。
帰り道、「マクドナルドが食べたい。」と長男が言うので、わざわざ銀座のマックで食事して帰宅。銀座まで行って、マックだけかよ。


自宅に着いたのは夜の8時。
練習できるわけなし。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-02 18:03 | 子育てられ | Comments(4)  

Commented by みね at 2016-05-04 13:32 x
同じ日に家族で東京、昼までは新橋に、夕方からは丸の内に、いましたよん。同じようなところから同じようなところを回り同じようなところへ帰りましたね〜。ただしこちらは経費節約のため車。。往復が疲れました。。読んで思いましたが、息子を待つだけの時間は、持ったことがあまりないですね〜。その日も息子の買い物につきあいましたが、同じ物を熱中して見てました。子どもの趣味って、多かれ少なかれ、親の趣味や憧れを反映して生まれてるから、一緒にやると、けっこう楽しいよねん☆
Commented by マサノリ「キングス敗者」ツキノ at 2016-05-04 18:12 x
子供が何か(何でもいい)競って、それで上位に入ると
やっぱ気持ちがいいですよね。
ウチノ娘は万無能なんで、人より優れたものはありませんが。

小学生で全国6位!!
それ充分凄いじゃないですか!!
で、次はベスト4を目指す。素晴らしい。
向上心がありながら、優勝と言わない所がね。
きっとこつこつ、ベスト4の次は準優勝で、その次の目標が
優勝なんだ。
地に足がついてるなぁ。

ちなみにプリキュアは初代なら歌えます(笑)
その他、バディファイトの用語は全く分かりません(笑)
Commented by akogarehotel at 2016-05-05 18:20
みねさん

なんと、同一行程でしたか。
しかし、車で丸の内、新橋なんて、お疲れ様です。往復も疲れるだろうけど、都内なんて運転したくないです。

「親子で丸の内で買い物」って、おしゃれな響きです。想像できない。



Commented by akogarehotel at 2016-05-05 18:22
ツキノさん

全国6位ですよ、すごいでしょ?
ワールドトロフィーポイントで6位どころか、100位にも入ったことないですから、僕は。

バディファイト用語は、「クリメシの敵陣制圧」とだいたい似たようなもんだ。

じゃぁ、次のツキノ杯打ち上げはプリキュア歌合戦で。
名前
URL
削除用パスワード

<< 連休唯一の練習日記 平成28年... 正しいWCCFの楽しみ方 平成... >>