1901. 初めてロードバイクを買う人のために(1) 平成28年6月13日(月)

初めてロードバイクを買う人のために(1) 平成28年6月13日(月)


要するに、お節介ですね。
自転車を買った人が、楽しく続けられるように。
私自身、「自転車を始めよう!」と思い込んだのが、今回で3回目です。これまでの2回は途中で放り投げ。3回目にして、どっぷりとつかった。
その失敗をふまえて。


【1】何を買うか、よりは、どこで買うか
【2】じゃぁ、何を買うか?(メーカー)
【3】で、何を買うか?(金額)


………


【1】何を買うか、よりは、どこで買うか

10万以上の自転車にするか、5万円の量産型にするか、
そんなことを悩むくらいなら、、、、
1円でも安い店にするのか、親切丁寧な店にするのか、で悩みなさい。

≪答≫ 相談にのってくれる自転車専門店以外はダメ


どんなレベルのロードバイクであろうと、購入後に必ず、困りごと、悩みごとが発生します。そんなとき、相談できるのは自転車を買ったお店だけでしょう。(よほど、お節介好きな友人でもいれば別ですが。)
自転車は、買う前よりも、買った後にこそ、お店へ通うことが多くなります。

サドルの高さ、ハンドルの位置など、、、、、基本設定や、
パンクの修理、ブレーキの調節、ギアチェンジの調節、バーテープが切れた、転んで曲がった、、、などの修理や、
タイヤ交換、ホイール交換、靴とペダルの購入、ドリンクボトル・サイコン・ライトなどの相談、コンポのバージョンアップ、、、などのスペックアップ。

そういう相談に気軽にのってくれて、なおかつすぐに実行してくれるお店が理想です。相談に乗ってくれさえすれば、お店の規模は関係ありません。全国チェーンの有名ショップでもかまいません。しかし、あまり人気店だと忙しすぎたり、あるいは、「プロ専用」すぎて、かえって相談に乗ってくれない店もあります(前橋の超有名店Tのように)。
少なくとも、「自転車店」でないとダメで、「自転車も売っている」店や「販売アルバイトだけ」の店は遠慮するべきです。
(私の1台めは東急ハンズ。。。。自転車そのものは「三連勝」という、とてもツウ好みなものだったのですが。)


nknkさん(あえて伏字)のように、
『 お金を用意して買うつもりで行ったのに、「あなたにはまだ売れない」と断られた。 』
こんな店、クロウトっぽくていいですね。よけいなお節介だけど。


そういったお店では、たいてい「チーム」を作って、週末ごとに練習会を開いている場合が多い。しかし、そのようなイベントに参加するかどうかは関係ない。


僕自身は、前橋の「シゲタサイクル」さんというお店。
地域密着型の小さなお店(ごめんなさい)で、近所の中高生がママチャリを買いに来るようなところ。僕自身も、自宅用のママチャリを買ったのが縁で、以来、お世話になっている。
シゲタサイクルさんにも「チーム」があって、「走行会」をときどき開催していらっしゃるようですが、、、、、一度も参加したことがありません。ごめんなさい。



【2】じゃぁ、何を買うか?(メーカー)


≪答≫ お店に勧められたもの


お店が決まれば、あとは簡単。
そのお店に勧められたもの、あるいは、お店で取り扱っているものを買えばいい。

だって、どんなメーカーでも同じだよ。
(初心者ですから、私)
ベンツもBMも同じでしょ、たぶん。

初心者に「柔らかい」も「固い」もない。むしろ、外見で選べばいい。
そういう意味では、トンプソンのように「カラーオーダー」ができるというのは重要かもしれない。
問題は、お店によって取り扱っているメーカーが違う。全てのお店で全てのメーカーを買えるわけではないんですね。てことで、お店を決めたら、そのお店が扱っているものの中から、そのお店が勧めるものを買えばいい。

要するに、選ぶのは、自転車よりもお店だよ。

僕の2台目の「戦闘機」は、シゲタさんに勧められるがままに買ったトンプソン。おかげでカラーオーダーができて、シャア専用に改造。ちなみに、細かな部品も全てオマカセ。シゲタさんが、僕の赤城のタイムを参考にして、「これくらいは必要で、これくらいで十分でしょう」と。



【3】何を買うか?(金額)


≪答≫ 2通り。
1台目は安いもの、という人は、  完成車で10万円
1台目だけど本気、という人は、  フレームだけで30万円


のめりこむか、こまないかを見極めるなら安くて十分だけど、5万円前後のロードでは楽しいわけがない。「10万円の予算です」と言って、お店から勧められたものを買う。
となると、必然的にジャイアントになるが、それで十分。
ある程度、続けられると思ったら、本気の2台目を購入する。
(これが私のパターン)


あるいは、金額をかけることによって「後戻りできないプレッシャー」をかけたいなら、フレームだけで30万前後で思い切る。コンポ(ギア、ブレーキ類)やホイールは最初は安いもので構わない。続けられていくうちに、グレードの高いものへ換えていけばいい。いつのまにか、フレーム以上の金額を上乗せしているだろう。
(はる○○さんのパターン)




(その2へつづく)

[PR]

by akogarehotel | 2016-06-13 18:21 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 1902. 初めてロードバイク... 1900. WCCF15-16... >>