1906. 最大のほめ言葉 平成28年6月22日(水)

最大のほめ言葉 平成28年6月22日(水)


(小ネタが続きます。)


 『 お父さん、筋肉ムキムキだね。 』

と、小学生の娘に言われた。こんなうれしいことはない。涙が出た。

 『 足がすごい。 』

太腿の裏側(ハムストリング)に筋肉が浮き上がっているという。
だからこそ、脇本にも千切れない!(妄想)

 『 でも、イケメンじゃないから、ダメ。 』


………


ぬくぬくさんに勧めた手前、僕も新品を補充した。
そして、早速、パンクした。

瞬間パンク修理キット(マルニ)
アマゾンへリンク
f0131183_1637597.jpg

一般的なママチャリはイギリス式(英式)。
一般的なロードはフランス式(仏式)。
これは、英式。ママチャリ用。

ママチャリのサドルバックに入れて、常に持ち歩いていたが、先日、通りすがりの高校生(残念ながら男子。前橋工業!)がパンクしていたので、使ってしまった。
あらためてアマゾンで注文して、品物が届いたのが一昨日。
そして、今日、パンク。
(たぶん、運がいいというべき。)


仏式はアダプターを装着しないといけないが、英式はそのまま空気入れに差し込むだけ。1分もしないで、パンクが直った。
すげぇな。

もちろん、「応急処置」だとは思う。
パンク前と同じくらいまでタイヤ圧を上げるのは不安。
結局、自転車屋さんに持っていって、チューブを交換しないといけないのだろうが、1分で修復できるのは非常に魅力的。

この日は、例の”警察のお仕事”。
修理キットのおかげで遅刻しないですんだ。
あと2つ、追加注文しておいた。
(100円ショップでも売っているが、中身が不安。)


………


1000mトライアルのつづき。

1分1秒って、すごくね?と天狗状態。
ギアチェンジを考えると、下ハン持ったままのほうが走りやすい。DHバーなんて、邪魔だからはずしてしまおう。
下ハンを持つ姿勢になると、サドルを低く感じる。
もともと高いサドル位置だけど、さらに1mmほど高くしてみた。

ん、いいねぇ。

なんと、、時速74kmで走り続けられる!

しかし、これ、さすがに恐い。
ローラー台そのものがグラグラ揺れて、移動し始めた。。。
でもって、当然、、、落ちた。
ローラーの後方へ落ちたので、幸いにも人間は無事だったが、

なんだか、焦げ臭い(^^;
ローラー台のゴムが焼けたみたい。



完璧に、大ギアの威力だ。
ロード(最大ギア4.54)→ 最高時速 74km
ピスト(練習ギア3.12)→ 最高時速 60km

規制しないと危ないんだろうね、素人でもわかる。
[PR]

by akogarehotel | 2016-06-23 16:37 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 1907. WCCF15-16... 1905. 1000mタイムト... >>