1909. ワタシモエツキマシタワ 平成28年6月30日(水)

ワタシモエツキマシタワ 平成28年6月30日(水)


ワタシマケマシタワ が原題です。


………


取手はヘトヘトでした。
翌日になっても疲れが取れない。ものすごくダルい。まさか風邪ではない。
そして、お風呂に入ってビックリ!
真っ赤っかに日焼けしている!

半ズボンのサイクルジャージだったので、太ももにまっすぐ線が入っている。
芝生って意外と焼けるんだね。

こんなに焼けたら、CPKが高そう。筋肉が壊れてそう。
そりゃ、だるさが残るよ。
燃え尽きたよ。


ということで、「イベント後は1日オフ」のルールを延長して、
「ケイリン後は2日オフ」にしました。火曜日まで練習なし。


………


世の中の全スポーツのなかで、もっとも魅力的な競技はピストのポイントレースでしょう。間違いない。

ケイリンも楽しいし、水球も楽しいけど、ポイントレースにはかなわない。
(マラソンは楽しくない。競泳はまぁまぁ。競技スキーの経験はない。)


時速40km以上で永遠に走り続ける自転車のF1レース。あれほどの爽快感はなかなかない。
しかし、参加者のレベルが違うと、、
F1レースに初心者が混ざっていたら、、迷惑以外の何者でもない。


今回の取手は、当初、初心者の部と上級者の部の二部構成のはずだった。それが参加者が少ないので同一になってしまった。
こんな面白い競技は、来年もぜひ参加したいが、さすがに現役大学生や実業団選手と一緒にレースをするわけにはいかない。迷惑かけすぎる。もしも二部構成なら参加しよう。(一部なら遠慮しろ、と神の声が聞こえる。)


………


毎年恒例の夏休みロングライド。
去年が、前橋-志賀高原渋峠。
おととしが、前橋-八ヶ岳。
今年は、「海までサイクリング」。
日程とコースの問い合わせがあったので、一応upします。


7月11日(月)
新前橋 AM2時
 ↓(18号バイパス)
軽井沢
 ↓(県道80、79号)
東部湯の丸IC
 ↓(県道4号、国道144)
菅平
 ↓
須坂
 ↓
飯山
 ↓(国道292)
直江津


距離概算200km
標高差不明
休憩含めて平均時速20㎞
全行程10時間の予定

雨天または真夏日の場合、中止あるいは目的地変更短縮あり
寝坊した場合、スタート時刻の変更あり
家庭の事情で中止の場合あり



あくまでも「個人的な勝手なサイクリング」。
天候(雨または晴れすぎ)により、中止の可能性あり、または目的地が変わる可能性あり。
距離200km、(休憩を含めて)平均時速20km。10時間で走破予定。そうしないと日帰りできない。信号待ちと休憩時間を考えると、巡航速度は時速40km弱。


目的地は直江津水族館。日本海の目の前にあり、2mもある巨大ウツボが泳いでいる。ウツボって、泳げるの??
近くの春日山城にも、当然、寄り道しよう。

前橋の標高は100m、直江津水族館は海抜ゼロ。位置エネルギー的には標高差がたったの100mってことか。おそらく、パンクとトンネルと暑さとの戦いになる。
帰りは、北陸新幹線で酔っ払う予定。
[PR]

by akogarehotel | 2016-07-01 18:08 | 本気のサイクリング | Comments(5)  

Commented by はるかな at 2016-07-04 23:19 x
軽井沢へ行くバイパスで平均時速40キロ‼凄いです。戻り走行確か下っていたかと、、。
平地では、車の番手ということですね。
もしかして、シャア?
Commented by akogarehotel at 2016-07-05 08:46
はるかなさん

ロングライドは中止濃厚です。最速出発が朝8時なので、その時刻スタートでは熱中症になっちゃいます。そもそも「夏」のロングライドという設定が間違ってますね。

軽井沢までは60㎞。
前橋‐安中を1時間
安中‐横川を1時間
横川‐軽井沢を1時間

峠は峠なりの速度で。でも平地区間(前橋安中)は時速40km弱で走らないと、上記時間内に着けないですね。
菅平から向う側は下りが多くなるはずなので、その速度も考慮しての「平均巡航速度」です。
Commented by はるかな at 2016-07-05 12:48 x
朝8時出発ですか?‼水族館は、閉園ですかね。い往路も一部輪行か、、、。
Commented by akogarehotel at 2016-07-05 20:15
往路を輪行では意味がないのと、昼間に新潟県内を走らないといけないので暑さに勝てません。日付をあらためます。
Commented by はるかな at 2016-07-05 20:38 x
あこがれさん、
ロングライドが快適な時期に、また連休があるといいですね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 1910. 思い通りに行かない... 1908. 茨城県民総合体育大... >>