1919. ニモとドリーを探してきました 平成28年8月2日(火)

ニモとドリーを探してきました 平成28年8月2日(火)



f0131183_18333162.jpg

「夏休み」。もう二度と行くことはないと思っていた沖縄に行ってきた。
最高の観光資源を保持しながらも、最低レベルのサービス業が横行する「島」。

いとこが沖縄に住んでいたために、これまで4回も訪れているが、そのたびに不満を持って帰ってくる。
沖縄のホテルには、お客が何を困っているか、何を欲しているかを考えて仕事しているスタッフは、ほんの一握りしかいない。
彼らに、一度でいいから、本土の「温泉旅館」の対応を経験させてあげたい。草津や谷川温泉ではよく聞く「こんなところまで、ようこそいらっしゃいました」なんて言葉を沖縄では聞いたことがない。


しかも、年々、インターナショナル化が進行している。
観光地のアジア人率(日本人以外)が半端ない。今回、ナントカ岬という有名観光地を訪ねたが、そこにいた30人前後の観光客のうち、日本人は我々だけだった(たぶん)。
外国人がいることに文句はないが、マナーの悪い人間がいることに文句がある。
奴らは、順番を守らないし、どこでも自どりするし、撮影アングル内を歩いている人間に文句を言うし、ゴミはそのへんにおいていくし、、


そういう意味では、まだ日本人のマナーって素晴らしい。


………


でも、子供たちに、
「魚の泳いでいる海に行きたい」
と言われれば仕方ない。


ということで、3年ぶりくらいの沖縄。
(ちなみに、前述の沖縄に住んでいた従兄弟は現在は北海道に転居。)


本島の西岸(恩納村)にあるホテル。
f0131183_18333162.jpg

(同じ写真)これはホテルの遊泳エリア内での写真。
長男が水深3mくらいまで潜って撮影。もちろん、素潜り。
写真には写っていないけど、「ドリー」(青い魚)もいます。
f0131183_18562988.jpg



↓これは海底散歩というイベント。
f0131183_18551628.jpg

宇宙人のような装備をして、海底を歩くことができる。数えきれないくらいの魚を目の前で見ることができます、ちょっと息苦しいけど。



そんなわけで、
自転車の練習はできないけど、ひたすら巻き足だけやって真っ黒に日焼けして帰ってきました。

来年?
子供が行きたいというなら考えるけど、
温暖化の影響で、サンゴとニモが残っているかどうか。
[PR]

by akogarehotel | 2016-08-04 18:58 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 1920. 夜11時に歌舞伎町... 1918. WCCF15-16... >>