1934. 水球ブログ 平成28年9月14日(水)

水球ブログ 平成28年9月14日(水)



一日早い「お月見」。

f0131183_18533639.jpg

真っ暗になるまで練習してます、偉いね。

↓念のため、明るいうちの写真。

f0131183_18534785.jpg


………



前日、某県立有名進学高校水球部顧問のアダチ先生から電話が来た。


『 たまには練習に来てくださいよぉ 』


東大出身のアダチ先生とは、高校時代の同級生。頼まれたら断れない。

彼は、「スワベ先生と知り合い」という理由だけで、水球部の顧問を任されている。水泳も水球も全く知らない。



ということで、1年ぶりの母校水球部。


そして、感動した!

何に?

感動の対象は、キャプテンのY君。2年生。

彼は「群馬ジュニアあがり」。



………



「群馬ジュニア」は、群馬県の小中学生の水球チーム。


小学生、中学生ともに、常に全国優勝を狙っている。

そのコーチは、「鬼のようなオバサン」。

(私の記憶が正しければ、お子様が今年のオリンピック代表メンバー。)

群馬ジュニアの練習中は、そのお嬢様コーチの怒声が消えることはないし、

練習時刻に1秒でも遅刻したら、小学生だろうがプールサイドで立たされたまま練習に参加させてもらえない。

全国レベルなんだからと納得はするが、自分の子供を加入させるかというと考えてしまう。だからこそ、そんな環境をクリアした子供は「強い」。


単に、水球が「強い」だけでなく、すべてにおいて「強い」。


Y君は、そんな「群馬ジュニア」経験者。

通常、群馬ジュニア卒業生は、全国的に有名な前橋商業高校に進学する。

進学高校の水球部に進学するなんて、異例中の異例。


でも、Y君のおかげで、ヘナチョコ水球部が盛り上がっているのは事実。

ありがとう!



★★★



ただし、感動したのは、Y君の水球の実力にではない。


感動したのは…


練習が始まる前に、僕の前に部員が全員整列した。

そして、Y君が、


「 挨拶をお願いします! 」


僕が適当な言葉でしめると、


『 よろしくお願いします! 』


と部員全員。



練習が終わると、再び整列して、


『 ありがとうございました! 』


と。

さすがだよ。偉いよ。感動するよ。「強い」よ。

イシケンさんの言うとおりだよ。

挨拶されてオロオロしている自分を恥ずかしく思った。


群馬ジュニアは強い、そして、群馬ジュニア経験者も強い。

そして、あのオバサンは偉い!



★★★



それだけでは、終わらない。

練習が終わって、真っ暗になったプールサイド。

部員全員が着替えて、帰ろうとしているのに、、、、


月明かりの下、一人ぼっちで筋トレをしている奴。


たかが17歳の少年に、絶対に勝てないと痛感させられた。

そもそも、比べるだけ失礼か。



(そんな彼のために、少しでも協力したいので、来週も練習に顔を出しに行きます。)




[PR]

by akogarehotel | 2016-09-15 18:55 | ただの日常日記 | Comments(4)  

Commented by みね at 2016-09-19 20:23 x
たまたま見つけた某校水球部ブログに、あこがれさんへの感謝が書いてあるよ〜!

教えに行くあこがれさんも偉いけど、後輩君、いい子たちだね〜☆
Commented by akogarehotel at 2016-09-19 21:08
みねさん

厳しいところを経験してきた子供たちは、やっぱりできあがってるね、ちゃんと。
感心しました。

で、みねさんの言うブログを探したけど見当たらない。南高校でなくて?
Commented at 2016-09-19 21:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akogarehotel at 2016-09-20 08:29
みねさん

ありがとう。
名前
URL
削除用パスワード

<< ちょっと書き 1933. 真岡マロニエトライ... >>