1949. WCCF15-16 U1200アルゼンチン 平成28年11月7日(月)

WCCF15-16 U1200アルゼンチン 平成2811月7日(月)



第一次U1200アルゼンチンが終了。

もともと50試合くらい消化したチームに、メンバーを総入れ替えで動かし始めた。

なので育成期間が100試合くらいしかない。

さらに、なぜか、3択の正答率が低く、育成がかなり不十分。

個人は全員覚醒したものの、特殊は3人。黄金ゼロ。


こんな悲しい状況でも、任期最後にチャントロ優勝。

まぁ、なんとかいけるのか?というチームでした。


リーグ戦:

戦力比4060くらい。基本は全勝。戦力比が低くても問題ない仕様。


カップ戦:

A級は、5545くらいで、こちらが優勢。

S級は、一転して、3565。これだと五分五分。戦力比が正しい仕様。



………



各選手を簡単に。


FW

ビアトリ(ボカ) 完璧

ノイル(ボカ) 完璧

ダトロ(ボカ) 交代


OMF

ブオナノッテ(リーベル) 完璧

DMF

フェラーリ(リーベルDF) 完璧

アウマダ(リーベル) 完璧


DF左から

トゥッシオ(リーベル) 完璧

キローガ(リーベル) 許容

インサウラルデ(ボカ) 許容

ナスティ(リーベル) 完璧


GK

カランタ(ボカ) 許容


GKは誰を使っても同じという印象。チームパラ次第なのでは?


DMFの二人がよく動く。というか、DMFこそ、どんなカードでも動くのかな?

スーパーサブは必須。低パラだからだろうか、SS発動した選手がものすごく活躍する。ただし、SS選手は「パラが高い」。FWマリオーニ75DFセジャイ76FWスケロットは79!いわゆるひとつの「ぜいたく品」です。


ということで、問題はウイング。



………



急募 ウイング選手


条件:

右ウイングができて、突破力と連携を兼ね備えている方。パラ応相談。

ゴールラインまで上がって、もどってから逆足でクロスをあげるような方はお断りいたします。


★ウイングに連携は必須です。ボールが渡らなければ、攻撃が始まらない。


ここまで使ってみたのが、

スケロット(79):連携超良好だが、サイド突破が苦手。

ダトロ(74):突破力良好。ただし、連携チョワル。

ロサレス(79):突破良好。連携普通だが、パラが贅沢。

マキシロドリゲス(85):突破連携ともに最高の超贅沢品。

リカルドアルバレス(85):突破とクロス精度最高も、連携やや悪。



………



ということで、マキシロドリゲスを使いたい!


そのためには、他の選手の能力を極限まで下げる。

まさに島左近状態。(正確には嶋左近だそうです。)


でも、

前回のブログのとおり、「補正」があるとすれば、、、。


★能力の高すぎる選手を入れると、他の動きが悪くなる


で、選んだのが、↓

マウロ・ディアス(73)

f0131183_19014442.jpg

たった73のパラ。スタミナ14は全く問題なし。

ここまで、いい感じです。

しかし、マキシロドリゲスを雇用するために、より低パラに組んだので、なんと、、

f0131183_19020115.jpg

合計パラ 1190 !

あと10も余裕があるよ。





[PR]

by akogarehotel | 2016-11-07 19:02 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 1950. 日韓戦・高校新人戦... 1948. 15-16WCCF... >>