1957. 「競輪ブログ」頭があがらないお方 平成28年11月19日(土)

「競輪ブログ」頭があがらないお方 平成281119日(土)



僕は、あなたに、間違いなく、

『 タヒね、バカ! 』

と熱い声援を送ってました。金網越しに。



………



先日、ハトポでサンドイッチを買ったら、オマケが付いてきました↓

f0131183_18164364.jpg

僕が、サイズの合わないピストに乗っているのを見かねて、店主さん(ハトポさん)が「永遠に」貸してくれました。

ご自身が前職時代に使用していたものです。


『 いつもお世話になっているから、 』 とハトポさん。


確かに、いつもとてもお世話をしていますが、、、

さすがに申し訳ないので、相談してこんなお店へ。

f0131183_18160772.jpg

↑この人の名前を知らない人は(さすがにそんな群馬県民はいないと思いますが)この先を読んでもおもしろくないかも。



清水敏一(群馬67期)元S


いつの間にか名前を聞かなくなったな、と思ったら、引退して、1年前にこのお店を開いていたそうです。

優しい後輩のハトポさんが、先輩のお店のために、元同級生のフジサワさんと、rosuket師匠と僕を案内してくれました。

清水さんと言えば、「雲の上」に近いレベルの人なので、ハトポさんと一緒でなければ、会話をするのもはばかれたかと思います。


でも本当は、ハトポさんだって、イシケンさんだって、気軽に話しかけちゃいけない人なんですけどね。本当は。




………



f0131183_18155126.jpg

↓本日貸切です!

f0131183_18162482.jpg


清水さんといえば、


ビバと行った富山競輪で、単騎のくせに初日特選か決勝で1着に突っ込んできたり(そんな車券を買えるわけない)、

寛仁で車券を買えば、消えていなくなるし、


どう考えても、悪い思い出しかないという100%わがまま競輪ファン目線。

間違いなく不当に怒鳴っているはずです。


本人に会う前から、すでに頭があがらないのですが、、


清水さんは、S級に長く在籍し、トップレベルの人ともラインを組んでいるので、かなりとがった気迫の人を想像していたのですが、当然でしょうが、

今の清水さんは、腰が低くて、丸くて、やさしくて、


(石渡治風に言うと)「鞘におさまってました」


料理をしながら、ご自身もビールを飲み始めて(だからこそ貸切なわけで)、いろいろと話してくれました。


僕らが大好きなあの支部長は、意外と友達が少ない、とか(信じられない!?)

強い追込選手は縦足を持っている、とか

ヤマコウはいいやつだけど、明らかに「口がうまいだけ」、とか

オオダマセマシさんは、実は競輪面では非常に熱心ないい奴だったのに、とか、

五漢さんの移籍話は、報道内容が割りと正しい、とか。



ただし、「なんでも聞いていいよ」と言われたけど、さすがに携帯電話事件のことは遠慮しておきました。

その酒話の中で、元選手以上に競輪に詳しいのがrosuket師匠で、「誰々選手の家は、どこどこでお店をやっている」など、まわりをうならせる競輪知識を披露してました。



………



料理のこと。

f0131183_18170024.jpg

もちろん、おいしいんですけど、

酔ってしまい、正しい判断ではないかも。

というのも、

f0131183_18152791.jpg

清水さんのおごりのスパークリング日本酒。

僕の味覚にピッタリ。

(ハトポさんは、「これ、サンドイッチにはさんじゃいましょう。」と、アホなこと言ってますが。)

いつの間にか、死ぬほど飲んで、死んでました。



ちょっと意識が飛んだかなと思って、気がついたら、

2350

シンデレラは、吐きそうになりながら、急いで帰宅しました。



お店の応援に行ったつもりが、逆にたくさんおごってもらってしまった。

そのぶん、車券を買えということですね。

はい、わかりました。もうすぐ「お祭り」ですし。




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-21 18:17 | 競輪ブログ | Comments(2)  

Commented by rosuket at 2016-11-22 20:49 x
青いフレームはサイズが合ってないのではなく、高過ぎるサドル高に対してハンドル周りのセッティングが出せていないだけだと思います。ハンドルとステムの見直しをすれば大丈夫だと思います。いつでもお声かけください。
いよいよ2台持ち…これでバンク用と街道用に使い分けができますね。
Commented by akogarehotel at 2016-11-22 21:24
rosuket師匠

1000TTではなくポイントレース(長距離)を考えると、サドルの高さは譲れないんです。とすると、ハンドルが遠く感じるので、小さめのフレームを試そうか、とハトポさんのご意見です。
1000TTではサドルを下げてもいいので、今のフレームのほうがいいかもしれませんね。

となると、試合に2台持ち?なんていう生意気なシロウトになっちゃいますね。(気持ち的にはポイントレース本線です。)
名前
URL
削除用パスワード

<< 1958. U1200アルゼン... 1956. 小学生の持久走練習... >>