1993. 試合日記、誰の? 平成29年1月29日(日)

試合日記、誰の? 平成29年1月29日(日)



練習したければすればいい、

したくなければしなくていい


そんな風に育てられ、そんな風に後輩を育ててきた。



さすがに大学水泳部には、練習したくない奴ってのは、あまりいなくて、

むしろ、練習が大好きな連中の集まりで、とすると上限者を想定して練習を組むから、どんどんドンドンと厳しい練習になっていって、、、そんな記憶。



ということで、子供のこと。

どうやら卓球をやっているようだけど、と部外者目線で眺めていたら、

結構、練習が好きなようだ。

週6で練習している。唯一、ドラムの練習がある火曜日だけお休み。



………



試合に対しては、


練習してない奴の試合なんて、見なくていい。勝ち負けに興味ない。

仮に勝ったとしても偉くない。運がいいだけ。

練習した奴が、いい結果を出しそうなら、これは見ていてあげないといけない。



今年は、こんなに練習しているんだから、見ていてあげよう。

 …ちょっとだけ。



………



日曜日。

卓球の群馬県大会。

勝つと全国大会へ行けるので、本気の皆様が集まる。


午前中は予選。

グループリーグ。4人のうち2人が決勝トーナメントへ。どこぞのゲームみたいだ。



こんな本気の人たちの集まりで勝てるわけないよ。

、、、、、、、、(^^)


「 お父さんは、ちょっと自転車に乗ってくるね。 」


試合会場は宮城体育館(前橋市)。

赤城神社(三夜沢)のすぐ近く。こんな聖地へ来て、自転車に乗らないで帰るわけにはいかない。

わざわざ、車に自転車を搭載してきた。

f0131183_00090413.jpg

予選が行われている頃、僕だけ坂路アタック!

前日、rosuket師匠に組み立ててもらったばかりのピストでもがきもがき。

赤城山には雪雲がかかっている。

f0131183_00085310.jpg

1時間ほど気持ちよく汗を流して、白星競輪ジャージのまま卓球会場へ。


すると、

 『 予選通過するかもよ 』


なんと、1勝1敗。

ありゃ、ごめん。ということで、次の試合はじっくりと観戦。

(卓球は「うるさい応援」は遠慮される傾向にあります。)


そして、3戦目を 3-1で勝利。グループリーグ2位で予選通過。

想定外の快挙!



決勝トーナメントは別グループの1位と対戦して初戦敗退。

それでもベスト16。


ご存知のとおり、「親バカではない」私ですが、この卓球のことだけは褒めたいですね。

練習して、それなりの結果を出したから。

しかし、本人の目標は3位とのこと。

さすがに、生半可な練習じゃそのレベルには届きませんが、親としては見ているだけで楽しいですね。



もちろん、本日(月曜日)も絶賛練習中。





[PR]

by akogarehotel | 2017-01-31 00:08 | 子育てられ | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2017-02-01 20:47 x
いいなー。いやまじで。

親バカじゃないって言ってるけど、立派な「親バカ」です。
でも、親バカって親冥利に尽きるじゃないですか。

うちの娘は何にもやってないからなー。
長女はスイミングやってたけどやめちゃったし。
裏山。
Commented by akogarehotel at 2017-02-02 18:22
ツキノさん

ありがとう。親子ともをほめてくれて(^^)

練習して強くなり始めているから、今が一番楽しい時期なんでしょうね。ゲームでもあったよね、そういう時が。
そのうち壁にあたったときにどうなるかな?というところです。

何かに専念すると、そのぶん友達と遊ぶ時間が減るので、一長一短です。何がいい、ということはないと思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード

<< 1994. 身辺整理 その1、... 1992. WCCF16-17... >>