2010. 三国志大戦4 ケニアが大変なことになってます 平成29年3月2日(木)

三国志大戦4 ケニアが大変なことになってます 平成29年3月2日(木)



ケニアデッキ:

広義)高コスト3枚デッキ

狭義)群雄の高コスト3枚デッキ



イシケンさんにも勧められたし、

音三郎さんのコメントもあり、

ケニア作成のために、R関羽を「なけなしの120縁」で買いました。

f0131183_18274586.jpg

これで「蜀ケニア」の出来上がり。

SR馬超 9-5 馬 コスト2.5 超絶 速度

R関羽 9-8 槍 コスト3 号令 速度

UC陳到 8-8 馬 コスト2.5 超絶 攻城

f0131183_18275726.png

そして、いきなりの4連勝。まだ1回も負けてません!

(すぐ次に負けちゃうんでしょうけどね)



好調の理由は、

・把握しやすい。たった3枚なので、誰がどこで何をしているかが分かる。4枚を超えると、頭がいっぱいいっぱいになるから。

・乱戦に強い。そのへんに置いとくだけでも敵を倒してくれる。基本的に馬だけ操作して、関羽は放置。それでも放置された関羽が大活躍。

・敵を見る余裕が出てくる。自分が3枚しかいないんだから、当たり前。



特筆すべきは新装備された「将器」。

陳到の将器は「攻城術」。乱戦中でも攻城ゲージが増える。撤退させない限り、攻城できちゃうのだから、敵にとってはたまったもんじゃない。

しかも副効果で攻城強化。

さらに計略は単体強化で兵力回復。

たった1枚で城を削れる、初心者には最適のカードです。


呂布ワラと対戦したときに、城門に置いておいたら、敵がワラワラとやってきたけど、いつのまにか城門を叩いて落城させてました。強い。



ちなみに、今回から攻城はコスト依存だそうだ。

馬2.5(馬超、陳到) 城壁で6

槍3.0(関羽) 城壁で13 「なんじゃこりゃぁ」



………



☆対呂布ワラ

呂布に二人で対応。残りのワラワラは一人で十分。呂布の兵力を削っちゃえば、相手は無双を発動させずらくなる。楽勝でした。


☆対脳筋

武8知1槍を2枚なデッキ。ダメ計があれば楽勝だったのだろうけど、乱戦で丁寧に扱って解決。


☆対伏兵

関羽(8)か陳到(8)なら、知力6の伏兵を2回踏んでも生き残れる。


☆ダメージ計略

初心者には避けられません。落雷上等。



★今後、もしも変更するなら、

(この3枚で永遠に続けるつもりですが、)

味方にもダメージ計略が欲しい。R徐庶かR夏侯月姫か、雷同か。



………



対人戦に勝利すると、無料でもう1戦できる。

そんなの知らなかったよ、これまでほとんど勝ったことがないから。

疲れるので、1日200円で2戦できれば十分。経済的です。



カード集めは、掲示板の白黒トレードのみ。

ほぼ必ず成立するので、だんだんと蜀がコンプされつつある。

そのぶん、RSRは全く増えません。






[PR]

by akogarehotel | 2017-03-03 18:28 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(5)  

Commented by 幸福 at 2017-03-11 22:49 x
コスト依存?
武力依存ではなかったでしたっけ?
んで、余りに武力依存度が高すぎて、補正で兵科依存率を上げたと記憶していたのですがσ(^_^;
Commented by akogarehotel at 2017-03-12 07:13
幸福さん

WIKIのコメント欄だったかに、コスト依存と書いてあったけど、そういえば武力依存とも書いてあるね。
じゃぁ、なおさらケニア推奨?
Commented by akogarehotel at 2017-03-12 21:17
幸福さん

追加。
WIKIで確認しました。
武力、コストともに依存のようです。
武力×0.5とか、それぞれの状況で係数が決まっているようですね。
コストも各0.5ずつに決まっていて、

関羽はコスト3の槍ですが、それだけで約10。
さらに武力×0.6とかが追加されて、城門だとさらに1.5倍だそうです。前作では、コスト1武力1でいいから叩いとけ、って感じだったのにね。今回はゴミにしかならない。高コスト馬が意外と役に立つってことでしょうか。
Commented by 幸福 at 2017-03-12 22:06 x
いや、馬はやはり馬ですよ。
攻城力は弱いです。
ただ、今回の塗り絵システムにより、制圧力のある馬は強いですね。
Commented by akogarehotel at 2017-03-13 08:33
幸福さん

俺くらいになると、

槍で攻城なんて無理。たどり着けずに撤退。
せめて弓のサマカ。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2011. 大阪旅行記 その1... 2009. インフルエンザ感染... >>