2011. 大阪旅行記 その1 平成29年3月4日(土)

大阪旅行記 その1 平成29年3月4日(土)



f0131183_00171382.jpg

「自分と非常に多くの共通点と価値観を持っていると思われる後輩」

と会ってきた。

これも、ツキノ杯のおかげ。



………



そいつは、7歳年下の後輩。

大阪の京橋駅前で、父親と叔父の後を引き継いで、病院を経営している。しかも、ひとつや2つではない。4つくらい?

肩書きは「理事」。むしろ「病院長」よりも偉いんだって。


もともとの出身は京都だったか。

高校受験で「失敗して」鹿児島へ飛ばされた。

大学は僕と同じ。そして、同じく水泳部。

(7歳差なので同時期に在学はしていない。)


入学当初は短距離フリーを泳いでいた。

が、芽が出ないので、長距離へ転向。そして開花した。

東日本医科学生大会というそこそこの試合で、2位3位の常連。1位はなかった。


ここまでは、かなり僕と似ている文武両道。だけど、ここからが違う。


そいつは、大学時代に3回留年した。

卒業に9年かかっている。

親としては、一日でも早く跡をついで欲しいのだから、おそらく何度も「水泳をやめろ」「遊んでばかりいるな」と言われていたはず。

そいつの偉いことは、そんな雰囲気を全く周辺に感じさせないこと。


水泳部を9年間続けた。偉いよ。



大学卒業後は、尼崎という「独特な町」に勤務し、その後、京都大阪周辺を転勤して、現在は京橋勤務。

昨今、中規模病院の経営は非常に難しくなっているので、おそらく大変だろうなぁ、と思うのだが、


そいつの偉いところは、そんな雰囲気を全く周辺に感じさせないこと



………



さらにそいつの偉いところは、毎年必ず、大学水泳部の試合にやって来る。

寄付を持って、わざわざ大阪からやってくる。


一年間のメインの大会は東日本医科学生大会。その会場が、千葉だろうが、長野だろうが、仙台だろうが、毎年必ず来る。

仙台編へリンク

年間寄付金額の2位が俺で、そいつが1位。残念だけど敵わない。


そんな素晴らしい後輩のために、慰労の意を込めて、何かごちそうして差し上げようと思い、土曜日の夜、待ち合わせをしたのだが。



★★★



午後8時、京橋イオンのゲーセンで三国志をしていると、メール。


「仕事が終わりました。病院へ来てください。」

約一年ぶりの再会。

京橋から天保山へ移動して、予約してあるというステーキ屋へ。



GLION

(グリオンではなくて、ジーライオン)

港町のレンガ倉庫にクラシックカーが、ずらーっと並んでいる。すべて販売用。

その一角にステーキ屋さん。

↓ジオラマじゃないよ、本物だよ。ルパン三世が出てきそうだ。

f0131183_00172575.jpg

↓とりあえずフェラーリディノ!サーキットの狼だ!

f0131183_00164743.jpg

外車を販売するステーキ屋と聞いただけで、たぶん、皆様の想像で間違いない。

バブリーの一言。

f0131183_00165752.jpg

レストラン内を写真に撮るのは恥ずかしい。

一応、最後のデザートパフォーマンスだけ撮影。

カニとかチーズトーストとかグラタンスープとか食べた挙句に、


ステーキ 1.6kg


いくら、体育会系2人だからって。。。。


『アメリカンなステーキ屋で健康なんて単語は不要』、と後輩。

俺とそいつの、最大の違いは、現在の練習量と体重。

水泳なんてやっている暇がないという後輩のウエストは、間違いなく俺の2倍はある。



次に会うのは、8月の長野の水泳大会。

ステーキの支払いが、実は、

『大阪に来てまで、先輩にお金を払わせるわけにはいかない。』

と押し切られてしまったので、

そのお礼として、高崎で無理矢理にも途中下車させる、先輩として。






[PR]

by akogarehotel | 2017-03-07 00:17 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2012. 大阪旅行記 その2... 2010. 三国志大戦4 ケニ... >>