2020. 赤城山オートキャンプ場 平成29年3月19日(日)

赤城山オートキャンプ場 平成29年3月19日(日)



アウトドアなんだから、アウトドアに徹していれば問題ないのに。



………



連休はキャンプへ。

走行会とか、大学の同窓会とかをお断りしつつ、いつもの赤城山キャンプ場へ。

f0131183_18240214.jpg

自転車を持っていこうかと思ったら、赤城旧道がまだ凍結通行止めとのこと。

同じ前橋なのに、当たり前だけど、市街地よりまだ寒いらしい。もう3月なのに、深夜12時を過ぎると、氷点下になる予想。


そんなときには「電源付サイト」。

キャンプなのに電気を使うのかよ、と思って当然だけど、お客を集めるためには必要なサービスです。最近は、ほとんどのキャンプ場に電源付スペースがあります。

成田にも軽井沢SGにも、もちろんあります。


が、キャンプ施設としては、開設時に電気の使用を想定していない。

そのため、契約電気量が非常に少ない。

しかし、キャンプのお客はそんなこと関係なく、電気に頼る。

その結果、ブレーカーが落ちて停電する。



………



春分の日とは思えない、肌冷えの連休。

うちも含めて、あちこちで電気暖房具がフル稼働。

f0131183_18233405.jpg

そして、当然の停電。

夜には小雪が舞ってきた。これが本来のアウトドアなのに、ちょっとだけサバイバル気分。

バーベキューの熱で暖をとる。



我が家では(妻の趣味で)、寝袋もシートマットもテントも、雪山OKの装備。

だから、あまり困りはしなかったけど、施設側は全テントに、毛布や薪を無料で配ったりして、まさに平身低頭。丁寧な対応です。

参加料500円のビンゴ大会の賞品が、売店で300円で販売している品物だったりして、実は、あまり褒められないキャンプ場だけど、ちょっとだけ見直した。



………



翌日は、恒例となったルアーフィッシング。

赤城山のふもとの落合釣堀。

f0131183_18234778.jpg

じっと待つなんてことが、性分には絶対に似合わない僕ですが、子供に付き合って仕方なくやってみた。。。が、

魚に、見事にルアーを食いちぎられた。

2000円もするルアーなのに、と子供に怒られてしまった。


SRの印刷代4枚ぶんか。





[PR]

by akogarehotel | 2017-03-24 18:22 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2021. 三国志大戦4 平成... 2019. お友達ご紹介 平成... >>