2029. 前橋渋川シティマラソン 平成29年4月23日(日)

前橋渋川シティマラソン 平成29年4月23日(日)



子供2人がインフルエンザで、仕事どころではないのですが。。。



………



マラソン大会に行ってきました。

f0131183_19204286.jpg

といっても、走るのではなく、医務係として。

AEDを背負って自転車に乗り、緊急時にかけつける救急係として。

f0131183_19212465.jpg

f0131183_19215498.jpg


医者一人と補助員2人の、3人一組で活動。

医者が3人いるので、3チームで出動する。

僕のチームの補助員は、前橋市役所自転車部(なんだ、それ?)のお2人。

 一人はセコ君。高校水球部の後輩。赤城1時間11分。

 もうひとりも「自転車部」。ハルヒル48分。なんだよ、この2人は?!

f0131183_19213781.jpg

AEDは重たいので若い彼らに持ってもらう。

医者はラクをさせてもらいます。



前橋渋川マラソンは募集定員の2000人が参加。

後方集団で、ランナーに邪魔にならないように併走する。

一所懸命走っているランナーの横を、自転車でスイスイ走らせてもらいます、ごめん。


この日の前橋は、「いつもどおりの」やや強い北風。川沿いのコースは風をもろに受けるし、橋を渡るときは自転車がふらふらする。アップダウンも多い。よくもこんな道を、みなさん走り抜けられますね。

4時間ペースの人たちは、さすがに後半になると速度は落ちますが、フォームはほとんど変わらない。さすがです。

僕は、自転車でなら日本縦断でもしますが、歩くのなんて隣町までだってイヤです。マラソンなんて、絶対無理。



ランナーと一緒に、約4時間でゴールして任務終了。

あとは、緊急時のために本部待機。

結果的には外傷による救急車が2度出動したくらい。これらは本部「固定」医務室が担当。幸いにもAEDの出番はなく、われわれ「移動」医務室の仕事はありませんでした。



………



こんな大きなイベントは、ボランティアを含めた運営側の大きな努力で開催されるわけで、本当にご苦労様だと思います。運営トップのシミズさんや、元選手のマツシマさん、本当にお疲れ様です。今日(月曜日)も片付けだそうです。

僕の任務は「42kmサイクリングして、心臓が止まった人を助ける」というとても簡単なもので、彼らの気配りに比べたら、お話にもならないです。

そんな意味で、この日、その仕事ぶりから評判をさげてしまったのは市長さんだけかもしれませんね。(現地にいた人にしかわからない話。)






[PR]

by akogarehotel | 2017-04-24 19:20 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2030. 真夜中のオシゴト ... 2028. 箕郷ベストタイム更... >>